« 豪雨のち晴れ | トップページ | 初ツイ生はつかいち »

2010年8月30日 (月)

有田芳生さんのこと

今夏の参院選比例区で、有田芳生さんは民主党トップ当選を果たした。事前報道で「著名人候補たち」の特集があっても有田さんは含まれないことが多く、ひょっとしたらかなり苦戦しているのかと思っていたので、トップ当選は驚き。3年前の参院選は新党日本で比例から、昨年の衆院選でも野党統一候補として小選挙区から、それぞれ立候補し落選。地道に支持者を増やす活動をしていたようなので、著名人候補ではなく、文化人のフツーの候補、ということで特集には含まれなかったのかもしれない。

有田芳生の「酔醒漫録」は定期的に読んでいた。私も活字を飯の種とする末席の者として、色んなジャーナリスト、作家の書き物を読む。憧れの対象となる人もいるし、あまり感心しない人もいる。有田さんは取材対象にかなり近い立ち位置で、私たちのような堅物系メディアからすると、危ういぐらいに感情移入をする。そこが有田さんの魅力で、私の目指す方向ではないけれど、好感を持って読んでいた。

ちょうどオウム真理教が世間を騒がせていたころ、朝刊紙面の担当の日は「ザ・ワイド」を冒頭からざっと見て、新しいことが起きていないかチェックをした後、出社していた。有田さんはその後コメンテーターとしての地歩を固め、宗教関係以外のテーマ、場合によったらジャリタレ系の話題にも、そつなくコメントしていた。このままずっと、テレビコメントの仕事をするつもりなのかと心配した。ワイドショーのレギュラー陣のギャラはかなり高額らしいし(当時)。けど「酔醒漫録」を読むと、テレビ仕事の合間を縫って取材活動を続けていることが書いてあり、ジャーナリストとしての魂は失っていなかったらしい。ほっとした。…って、どんだけ上から目線で見てるのかと(苦笑)

政治家としては、まだスタートしたばかり。民主党代表選に向けての記事を読むと、これまで通り、人の温もりを大切にしながら、自分の主張をしっかりと言ってくれそうだ。昨年の衆院選も、もし民主党公認候補だったら比例復活の目はあったけれど、有田さんは参院でじっくり6年間やる方が合っているかもしれない。参院が「良識の府」たりうるには、こういう経歴の議員が増えるべきだと思う。父が衆院議員で地盤を継がせてくれないからボクは参議院、なんて人や、政治家は本業の片手間に、みたいな人ばかりじゃねえ。

陰ながら(かげさんだけに)応援してますよ。

政治評論家の岩見隆夫さんが「民主トップ当選 有田芳生に期待する民意」というテーマで話していたのでリンク。岩見さんのコラム「有田芳生『37万票』の意味」はこちら

|

« 豪雨のち晴れ | トップページ | 初ツイ生はつかいち »

独り言至極」カテゴリの記事

コメント

ありがとうございます。広島は選挙前に宿泊のためだけに立ち寄りました。密かに拉致問題解決のために動いております。

投稿: 有田芳生 | 2010年8月31日 (火) 07時57分

>有田芳生さん
奇しくも、このエントリのちょうど1年前が、政権交代となった衆院選の投票日でした。3年前の参院選後の寄稿記事は、中国新聞にも掲載されましたよ。
ジャーナリズムと政治では、手法に違いがあると思いますが、参院が真の「良識の府」となるよう、有田さんに期待しています。

まさかのご本人コメントにびっくり。ものまね番組で、後ろから本人が出て来て二度見する場面を思い出しました。

投稿: かげさん | 2010年8月31日 (火) 10時46分

スゴイ!
ご本人のコメにびっくりcoldsweats02

やはりジャーナリストはアンテナ張りめぐらせておられるんですね~thunder

投稿: じゃこ | 2010年9月 1日 (水) 08時37分

>じゃこさん
自分のことがネット上に書いてあるかどうか、検索する政治家(のスタッフ)はたくさんいらっしゃるでしょう。
けど、わざわざコメントを残していくところが、旧来の政治家っぽくない有田さんらしいなあと。

で。

「本人コメが入るかげさんスゴい」ではなく「コメントをする有田さんスゴい」と言われるところが、これまた私のブログらしいなあと。

投稿: かげさん | 2010年9月 1日 (水) 10時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 豪雨のち晴れ | トップページ | 初ツイ生はつかいち »