« IYARASHIぃ話 | トップページ | 有名人ブロガー »

2010年8月 9日 (月)

作家センセイ

私は今、労組の専従をしている。労組の仕事は外から見えにくい面もあるようで「春闘の時期でもないし、夏の一時金も出たし、今は暇なんでしょ?」と言われる。とんでもない、今は年間で最も忙しい時期の一つなのだ。

月末、年に一度の定期大会がある。そこへ向け、議案書作りの追い込み中。この1年間の活動報告、それに付随する国内外情勢、社内情勢、そして今後の運動の目標等々。書いても書いても、なかなか終わらない。明日からは松江出張なので、何とか今日中に書き上げなければならない。本紙で1週間程度連載をした時より、キーボードに向かっている時間は格段に長い。作家センセイは、毎日がこういう生活なのかな。

文章を書くことは嫌いじゃない(ま、生業としているし)けど、文章はうまい方ではないと自覚している。世の中、本当に美文家の方はいらっしゃるもので、そういう人の文章を読んでいると、自分の書いた物を他人に読ませるのが恥ずかしく、顔から火が出そうにな…っていた。年齢を重ねても文章はなかなかうまくならなかったけれど、恥ずかしさを感じない図太さだけは身に付いた。

議案書に掲載する職場報告は、それぞれの担当者に書いてもらう。文意が通じにくい部分があれば、私が加筆したり修正したり。また、箇条書きのメモで出してもらった報告は、それを基に文章にする。

直した報告を担当者に返すと、社交辞令か、お世辞か「さすが、編集の人は文章がうまいですねえ」と言ってくれることがある。いやあ、自分では「うまくない」って自覚してるんだけど、褒められると悪い気はしないもんだねえ。もっと褒めて、もっと尊敬して(笑)

そんなわけで、朝から文書作りをしていて、気がつくと午前11時2分を過ぎてしまった。今日はナガサキの日。5分遅れで西の方角を向き、黙祷。

0809anago

夜、映画館へ寄り道。「踊る大捜査線3」を2度目観賞。自分でも不思議だけど、私は踊るシリーズの大ファンでもなかったし、君塚良一さんの脚本も手放しで面白いと思っているわけでもなかった。けれど、私の心がこの映画を欲する。時間とお金が許すのなら、何度でも観に行っていいぐらい。THE MOVIE1&2&3のブルーレイボックスが発売になったら、買ってしまうかもなあ。ブルーレイを再生できる機器は持ってませんけどね。えへっ♪♪

|

« IYARASHIぃ話 | トップページ | 有名人ブロガー »

日々の日記」カテゴリの記事