« 定期な大会 | トップページ | 味のマルタイの女 »

2010年8月28日 (土)

iPhone4イヂる

8月24日に予約申し込みをしたiPhone4(32GB、ブラック)。わずか3日後の27日昼、「入荷しました」メールが届いた。ネットでは「在庫アリ」で即日受け取ったとか、1週間程度で届いたとかの情報が流れていたので、予約した時に言われた「2週間〜3週間」まで掛かることはないとは思っていたけど、まさか3日とは。

予約した品が早く届くのはありがたいことだが、悩ましいこともある。私が今使っている3Gは2年前の7月に購入した。9月1日を過ぎて機種変更すれば、晴れて24回払いの月月割が完了する。ところが、8月中に機種変更をすると、最終回分の割引がなくなる。負担の増額は1830円。

取り置きは10日間できるそうなので、あと5日間9月1日まで待つか、それとも即日受け取るか。ざっくり計算をすると、5日間の使用料が1830円で一日当たり366円。その価値があるのか、ないのか

…な〜んてことは、あれこれ悩まなかった。だって、今すぐ欲しいんだもん。3Gが重くて嫌なんだもん。金曜日に受け取れば、週末にちくちく遊べるんだもん。

0827iphone4

iPhone3GでiPhone4を撮影。当たり前なんだけど、3Gの方は通話とSMSメールが使えなくなったものの、Wi-Fi環境下ではネットも見られるし、メールもできる。iPod機能もそのまま使える。すっごいじゃんiPhone。だったら、最初から通話機能をやめて、もっと薄型にしたiPhoneを発売したら売れると思うよ…って、それはiPod Touchだっつーの。

iPhone4を使って思ったこと。サクサク動くことに軽い感動を覚える。3Gだと「メモ」のアプリを立ち上げるまでにも時間が掛かったが、ストレスなく開く。カメラのシャッターが早いのに驚き、オートフォーカス機能に喜び…。初めて、iPhoneを触った人みたい。

帰宅後、設定。iTunesにバックアップしておいた3Gのデータをそのまま同期する。音楽データが同期されず不思議に思っていたが、データの保存先に指定している外付HDDを、Mac miniが認識していないだけだった。HDDの電源を入れ直し、つるっと、まるっと、するっと、データ移動。

メールもアドレス帳も、アプリもすべてがそのまま移動している。「乗換案内」は3Gで調べる途中の時刻表を表示しているし、「計算機」も打ちかけの数字をそのまま表示。メモ帳の中身も、その他もろもろ私が見た限り、すべてがそのまま移っていった。こりゃええわ。

iPhone4になったら、まずやってみたかったのがポメラとの融合。ポメラで書いた文章をQRコードにしてブログを更新したり、twitterでつぶやいたり。どれぐらい楽チンなのか試してみた。

まずはココログの(つまりココ)ブログ更新テスト。私の日記は比較的文章が長いので、QRコードが複数に分割される。そのQRコードを順に読み込み、文章全体をコピー。「ココログ」という専用アプリを開き、文章をペーストし、撮影した写真を挿入する。うむ。意外と手間ではないねえ。

ただ、私は記事公開の日時を「日々の日記」なら「23:59」に(一日の締めくくり、という意味を込め)、その他の記事は「12:00」や「18:00」など、キリのいい時間に変更している。iPhoneアプリでは公開日時を設定する項目がないみたい。ま、ケータイでブログ更新する人って、即座に反映する人がほとんどだろうから、ない方がいいのかも。

次に、twitterでのつぶやき。iPhoneの「ポメラQRコードリーダー」を立ち上げ「連続twitter投稿」機能を選んでおく。ポメラを開き、文章を書く。QRコードを表示し、iPhoneをかざす。そのまま自動的に投稿してくれる(アカウント設定はもちろん事前に)。これを繰り返すと、連続投稿が可能。この機能も使えそう。

3Gではできなかったいくつかのことが、ストレスなくできることが分かった。今はこんなにありがたがっているのに、1年もしないうちにiPhone5が発売され、また「いつ買い替えようかなあ」「ホワイトはまだかなあ」なんて、言っているのかもしれない。昔、車雑誌で「マツダ地獄」なる言葉を聞いたことがある。マツダ車は他メーカーのディーラーでは下取り価格が安く、一度マツダ車を選ぶと他メーカーに乗り換えできなくなるという意味だそうだ。これになぞらえると、まさに私は「iPhone地獄」。もう、世の中に数多あるフツーのケータイには戻れない。ま、かなり居心地のよい地獄ですがね。

|

« 定期な大会 | トップページ | 味のマルタイの女 »

iPhone」カテゴリの記事

pomera」カテゴリの記事