« 朝からガッツリ | トップページ | 広島アクティブリング百貨店 »

2010年7月31日 (土)

ポメラのATOK

ここ数日、朝から晩まで文書作成中。複数の資料をあれこれ机の上に広げたまま文章を打つので、パソコンではなく、ポメラを重宝している。コンパクトだから、机を有効活用できるのだ。

一応、ATOKが入っているらしいのだけど、複数の人が指摘している通り、「何じゃこりゃ?」な変換をしてしまう。その「何じゃこりゃ?」な誤変換に傾向があることが分かったので、メモ書き。傾向が分かれば、対策もできるというものだ。

その傾向とは。一つは、文字の頭の方から単語を構成したがること。例えば、

「他産業」は「たさん+ぎょう」⇒「多産・業」
「無計画」は「むけい+かく」⇒「無形・各」
「未組織」は「みそ+しき」⇒「味噌・式」

ポメラ君の辞書には「接頭語(接頭辞)」という概念がないらしい。このことを踏まえて「他」「無」「未」などを単独で変換し、その後に「産業」「計画」「組織」などを打つと、ストレスが少し減る。

もう一つの傾向は「●●化」「●●制」などの「接尾語(接尾辞)」に弱い。

「組織化」は「そしき+か」⇒「組織か」
「結婚退職制」は「けっこんたいしょく+せい」⇒「結婚退職性」

特に「●●化」がほとんどダメで「活性化」など、かなりメジャーな言葉でなければ「か」のまま。「欧米化」を打つ場面がなかったので試してないけど、たぶん「欧米か」にしてしまうんじゃないかな。タカアンドトシかっつーの(しかも、ネタが古いし)。

そんなわけで「●●制」と書きたいときは「●●制度」と打ち、「度」を削除。なぜか「せい」は無理にでも「性」にしたがる。どんだけ性が好きなんやねん(笑)

この傾向と対策を知ると、ストレスが少し減少した。参考になれば。

|

« 朝からガッツリ | トップページ | 広島アクティブリング百貨店 »

pomera」カテゴリの記事