« 縁側 | トップページ | 若いから、翌日に痛い »

2010年5月30日 (日)

運動会

今日は年に一度の地区運動会。これまで、直前になるまで仕事の都合が分からないことが多く、競技へのエントリをしていなかった。今年は、日曜日はほぼ休み。住民としての役目を果たそうと、2種目エントリ申請をしていた。すると「出場者が少ないので、出るんだったら3種目」という要請がやってきた。うむ、受けて立とうではないか。

0530undo

運動会といえば、テント。子どものころ、このテントの中からの視線が怖かった。大人たち全員が自分のことを見ているような気がしていた。大人になって分かった。誰か一人を注目するほど大人は暇ではないし、集中力もない。

張り切ってエントリしただけのことはあった、と報告しておく。「報告」って、自分の日記だけどね。

グラウンドゴルフ…30メートルほどの距離を、専用のクラブで専用のボールを打って入れる。上級者によると、おおむね「パー4」レベルだそうだ。私の結果は、3打。どーだ、参ったか。昨年のリベンジを果たし、チームに大きく貢献した(はず)。

むかで競争リレー…足を通すのゴム輪が5つ付いたホースが2本。これを5人が両足に通し、いかに速く歩くかを競う。こう書くと、チームワークが最重要な競技のように思えるが、実際はそうでもない。いかに速くゴムの輪に足を通し、歩き終わったら、いかに速くゴムを足から抜くか。これがほぼ全て。歩く速さなんて、さほど変わらないものだ。
5人1組で歩くこの競技。練習をしていないと、前から順番に一人ずつ足を入れていきがち。そこで考えた。前から3人目の私、1人目の人がホースを受け取ると同時に、3つ目のゴムに足を入れ始めた。するとどうなるか。2人目と4人目も同時に入れ、最後に5人目が入れたら準備完了。他のチームの6割ほどの時間で済む。
この作戦はピタリと当たり、2位でバトンを受けた後、一気に1位になって後続に差をつけ、バトンを渡した。最終的にはアレな結果だったけど、個人的にはかなり満足。

綱引き…これはね、エントリした段階で結果が決まってるんじゃないの? 体力のある人優先とか、若い人を多めにとか、そんなんじゃない。体重。これに限る。
昨年より、ちょいとお腹周りを積み増した私。まあまあ貢献した(はず)。4チーム中2位は、許容範囲でしょ。

そんなこんな。午前中の3時間程度の競技時間の中、3つに出場したら、あっという間。毎年、出る人と出ない人が固定化しているけど、出てみたらそれなりに面白いんだけどなあ。

0530kenbi

会場となる小学校の校庭には、地域の人も手伝いながら作ったビオトープがある。退屈する人のためにか、ビオトープにちなみ、生物関連の本や顕微鏡などが用意してあった。係の方、ご苦労様であります。

競技出場の合間、「顕微鏡使ってみますか」と声を掛けられたので試してみた。まず最初に「へぇ〜」と思ったのは、顕微鏡に「NIKON」の文字があったこと(そこかいっ!)。私が小学生時代、理科室にあったのはどこのメーカーだったんだろう。妙なことが気になる。

石や葉を置いてみた。ほぉ、なかなか面白い。次に、本を置いてみた。おおぉぉっ、すっげー面白い。20倍程度でも、ドットが見えるぞ、これは。新聞はインクを混ぜるのではなく、CMYK(シアン・マジェンダ・イエロー・ブラック)の4色のドットで全て出来てるってこと、知ってる? 新聞の写真を高倍率の顕微鏡で見たら、もっともっと面白いのになあ…

…あ。今は、運動会の時間だった。

我々は全力を尽くした。最後の男女リレーの前まで、挽回可能っぽい2位。さあ、最後のリレーで逆転……できなかったんですけどね。

帰宅後、すぐにシャワー。テレビはプロ野球中継に合わせ、ビールを飲みながら(たまには昼酒も許して)運動会でもらった弁当を食べる。いつでも、昼寝に入れる体制。H-Dの好カードは、一進一退の攻防。延長に入ったところで昼寝に入った(夕寝ともいう)。結局、夜のニュースで、川崎のサヨナラタイムリーでホークスが勝ったことを知る。

|

« 縁側 | トップページ | 若いから、翌日に痛い »

日々の日記」カテゴリの記事