« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010年3月31日 (水)

変わる流れ

映画のタダ券をいただいたので、仕事後、映画館109シネマズへ。タダ券がなくたって、観たい映画は観に行くのだけど、期限がちょうど今日まで。もったいないから使っちゃいましょう。

選んだ映画は伊坂幸太郎原作「ゴールデンスランバー」。公開前から観たいなあと思っていたものの、骨折したり、入院したり、春闘が忙しかったり、あれやこれやしているうちに3月(1月公開)。あきらめかけていたところ、なぜか、つい先日から109シネマズにやってきた。この映画館、公開日から1~2カ月遅れ、新作を公開することがよくある。昨年ゴールデンウイークの名探偵コナンがそうだった。公開日に名前がなく(広島以外の109は公開していた)、なぜやらないんだろうと思っていたら、暑くなった時期にひょっこり公開。ひょっとして、グループ全体でフィルムの数をケチっていて、使い回しをしていたりして。

映画の感想は、また別のとこで書くとして。今日はマツダスタジアム(通称ズムスタ)で、カープ対タイガースの試合が行われていた。映画を観終え、JR新井口駅に向かっていたら、ぞろぞろと降りてくるカープのユニホームを着た集団。そして、少数のタテジマ党の人。2年前、旧市民球場のころは、野球観戦を終えた人がJR新井口駅から出てくるのは皆無で、ほとんどが広電からだったはず。球場の場所が変わると、人の流れがガラリと変わるということをあらためて思った。

そういえば、福岡ドームの計画が持ち上がった時、長浜のラーメン店の人はあまり賛成してなかったっけ。その理由は、平和台球場からは、試合後もそのまま長浜に人が流れていくけど、福岡ドームになると、唐人町から地下鉄に乗った人は長浜を素通りしてしまうとの懸念だった。今はどうなってるのかな? 私みたいに、年に数回しか博多に行かない者は、遠回りになろうとも、野球もラーメン店もどっちも寄りますけどね。

0331pasta

昼食は、今月最後のパスタ。明日はエイプリルフール。年に1度ぐらい、嘘をつかずに正直に生きてみようと思う。

|

2010年3月30日 (火)

一進一歩

1週間ぶりの通院日。患部の痛みはほとんどないし、快方に向かっている感じがする。久しぶりにCTスキャンを撮った。ベッドの上で、腕だけがウインウインと前後するのは、腰が痛くなる。

今日の診察では「仕事や自宅内など、危険の少ないところでは装具を外してもオーケー」の言葉が出た。装具を着けておくのは、公共交通機関での移動中や就寝時。「車の運転は?」と尋ねたら「積極的には勧めないが、消極的には許せる」とのこと。2カ月半ぶりにビート号の運転でもしてみようかな。

病院が終わったら、すっかり昼を過ぎていた。お腹が空いたので、何か食べようと歩いていたら「盛岡冷麺」の幟を発見。おぉ、麺物に目がない私、こりゃ食べてみるしかないっしょ。

冷麺もいいけど、メニューには「盛岡じゃじゃ麺」というのもある。盛岡に行ったらジャージャー麺を必ず食べるというのを、誰だったか、作家さんか誰かが書いていたような気がする。ここは一発、「盛岡じゃじゃ麺」を注文。

0330jaja

見た目は「カニミソを乗っけたうどん」。肉味噌が黒く、色合いは…。けど、味はきっとうまいはず。軽く混ぜ混ぜし、ずぞぞっ!

…あ、そうなん…そういう味なんですか……。思ってたのと違うというか、私のストライクゾーンではないみたい。

仕事後、久々の中華。以前よりメニューが減っていたのが残念。肉団子食べたかったのにぃ。

深夜、帰宅。

|

2010年3月29日 (月)

東京の府中じゃないけえ

広島には「お好み焼き」がある。街の至る所におばちゃんがやっている店があり、「お好み焼きを食べたい」と思ったら、歩いて行ける。ただ、関西のお好み焼きとは全く作りが違い、名は同じでも中身は別物。そんな理由からか、関西や東京には「広島焼き」と呼ぶ人がいる。あろうことか、がばいばあちゃんの島田洋七氏でさえ、テレビで「広島焼きはうまいんで~」と言うていた。

残念ながら、広島に広島焼きは存在しない。街の中心部には「広島焼き」という看板を掲げている店もあるけど、ほぼ間違いなく観光客向けの商売と思っていい。広島のお好み焼きが広島焼きなら、関西のお好み焼きも「関西焼き」と命名したらええんちゃう?

と。ひとしきり語ったところで。広島県は府中市発のお好み焼きは「府中焼き」の名で、定着を図っているのだそうだ。プライドよりも分かりやすさ。潔い気もするけれど、地元の人はそれで納得しているのかなあ。

0329hucchu

そんなことを思いながら、昼食は府中焼き。見た目は、広島のお好み焼きと似ている。明らかに違うのは、ミンチ肉を使うこと。それと、この店のオリジナルなのか、府中焼きの特徴なのか分からないけど、中に卵が入っていること。ミンチ肉からしみ出た脂が、全体をカリカリに焼き上げ、サクサクとした食感が心地よい。

これ、ビールと合いそうだよねえ。昼からビールを飲む習慣と、度胸がないのが残念。けど、飲みながら食べるんだったら、1個丸ごとだと多いかな。

仕事後、会社の近くで軽く語り合い。軽くのはずが、気がつけば日付変更線超え。うほほっ、まだまだ若いですな、私。。。あ、逆に歳取って、同じことを繰り返しじゃべってるだけだったりして。

|

2010年3月28日 (日)

オフ

外出の予定のない日曜日は、昼にラーメンを作り、ノンアルコールビールを飲む。んで、その後は野球のデーゲーム、そして競馬中継を観る。ぐ~たらだけど、これが週明けへ向けて活力源。…って、ホントか? ビールではなくノンアルコールにするのは、やはり昼間に自宅でビールを飲むと、罪悪感があるから。外出する時とか、球場で野球観戦している時は、この例にあらず。こうやって、自分で何かの線を引いておかないと、暇な時にはいつでもビールを飲みそうになるし。

0328chan

昼に食べたイトメンの海鮮ちゃんぽんめん。「ちゃんぽん」と名が付いているけど、あまりチャンポンぽくない。ただ、何というか、スープの味がごてごてしていなくて、優しい感じがするところかイトメンの魅力。

本当ならカマボコとキャベツ、モヤシなどを炒めたいところなんだけど、あいにく冷蔵庫にない。あまり物の魚肉ソーセージとキャベツで代用。こんな適当な具でも、野菜が少しでも入るとインスタント麺のおいしさは一気に上がる。

夜もダラダラモード全開で、「SASUKE」をテレビ「観戦」。私にとって、SASUKEはスポーツの一種なのだ。今回は各都道府県から1人以上が必ず参加する、初の全国大会。敬愛する山田勝己さんは出演してないものの、この番組は季節ごとの恒例だからね。いつもは録画で観ることが多いけど、今回は放送時間で。下の娘が興味を持ったらしく、テレビに向かって応援しながら「この人は上手な人?」と私に聞いてくる。SASUKEのように、体を使った競技(ゲーム)はごまかしができないだけに、観る者を楽しませ、わくわくさせてくれるんだろうなあ。

|

2010年3月27日 (土)

送別会

春は別れの季節。夕方から、定年退職者の送別会。普段はあまり話すことのない会社の大先輩の体験談を聞くのは楽しい。

0327soubetsu

〆に食べた出雲そば。氷に乗せたそばは出雲で食べたことはないけど、ちょっと高級っぽく見えますな。

帰宅後、録画しといた亀田興-ポンサクレックのプロボクシングWBC世界フライ級王座統一戦をテレビ観戦。判定は0-2(2人がポンサクレック、1人は同ポイント)で亀田は王座陥落。ポンサクレックのうまさが光り、亀田は最後までペースをつかめなかった感じ。ポイント以上に、差があったように感じたのは私だけではないだろうなあ。

こうやって、録画したものを深夜に観る場合、結果が目に入らないようにするために、色んな努力を必要とする。ケータイを開けばスポーツニュース、パソコンからもウェブニュース、ポータルサイトを避け、自分のブログを更新しようと思っただけでも、勝手にニュースが目に入る。ありがたいけど、ありがたくない。現代社会を生き抜くのは難しい。

|

2010年3月26日 (金)

劇的

今朝、劇的に寝坊した。ここ数日、あれやこれや3~4時間ぐらいの睡眠時間が続き、ちょっと気を抜いてしまったのか。枕元のiPhoneの時間表示を見た時、「あれ? これ何?」と思ったもん(笑)←いやいや、笑っている場合ではないですよ。社会人なんだから。

0326viking

昼は食堂でバイキング。バイキングは月に2回ぐらい、金曜日にある。これ、意外と楽しい。

仕事後、懇親。社会人だから。

|

2010年3月25日 (木)

当たり癖

骨折以降、何だか上昇気流のギャンブル運。普段は手を出さないものにも挑戦しようと思い、グリーンジャンボ宝くじを買っていたのを思い出した。

バラ10枚3000円。当たり番号をチェックするのは面倒なので、そのまま売り場へ持って行く。カチャカチャと読み取り機の音がした後、画面に表示された結果は…

…3300円。末等300円1本、一つ上の3000円1本。合計3300円也。回収率は110%。浮いたのはたった300円だけど、宝くじで元が取れるケースって、意外と少ないんだよね。これって1億円買ったら1億1000万円当たる計算だし(寝言は寝て言おう)。ま、食堂の定食代ぐらいは出たということで。

0325pasta

そんな、食堂のパスタ定食。420円だったので、当せん金では足りず(笑)。真面目に働きましょーよね、マジメに。

仕事後、直帰。

|

2010年3月24日 (水)

九州ん

「きゅうしゅん」と打って「球春」と出したかったのに、タイトルのように変換されてしまった。これはこれで、悪くないけれど。

プロ野球(パ限定)が開幕し、センバツ高校野球もスタート。大相撲もあって、スポーツ好きにはたまらない季節。スポーツ面担当者は忙しい季節。高校野球では残念な出来事があり、私は個人的に思い入れを存分に語りたいのだけど、ここではやめておく。ただ、批判の声ばかりではないことは知ってもらいたいなあと。

Kage

先週届いたマイナンバーのユニホーム。ホークスさんが私に「4434」という背番号を授けてくださった。私の生年月日が「昭和44年3月4日」であることにちなむ。これは「公式」な番号ってのがいいよねえ。私だけの番号。選手になったような気持ちになれる。他のチームも、同じようなサービスを始めたらいいのに。

ユニホームは現行のソフトバンクバージョン、ダイエーバージョン、そして南海バージョンから選択できる。私はダイエーを選択。九州のホークスといえば、まずはダイエーでしょう。本当はガッチャマンヘルメット時代がいいんだけど、そこまでの選択肢はなし。観戦に行くのが楽しみだなあ。

あ、そうだ。この番号をいつも背中に背負って歩くんだから、暗証番号を変更しとかなきゃ(笑) ユニホームに付ける場合も付けない場合も、暗証番号は生年月日や電話番号にしてはいけません。

この春から、上の娘が電車通学を始める。卒業式も終わったので、今日は生まれて初めて一人電車。通学の練習だそうだ。私も高校時代、国鉄通学(JRじゃないぞ)だったことを懐かしく思い出した。電化されてなかったから、「電車」でもない。友人としゃべったり、一人で帰宅する時は単語帳を開いて勉強したり。ケータイなんてなかったけど、時間を潰す方法はいくらでもあった。青春時代。

0324bento

春闘は2次回答。回答日は弁当を食べるのが定番。今日は「ひろしま駅弁」。煮物、魚、おにぎりがあると、何だか幸せな気持ちになるね。歳を取ったからなのか、日本人だからなのか。

受諾団交。未明に仕事終了。軽く反省会に行って帰宅。

|

2010年3月23日 (火)

右手箸解禁

先週末からの日記は、後ほど追い付くことにして。

本日、通院日。ついに、右手の装具を外して、箸を持ったり、字を書いたりすることが解禁になった。いえ~い。親指と手首の関節が固くなり、ちゃんと右手で箸が持てるだろうかと心配していたが、やってみたら意外とうまくできた。体は覚えてるんですな。

手術したとこの痛みはほとんどない。レントゲン写真を見る限り、ボルトを入れてる部分がズレている風もない。ここで変に安心したり、無茶をしたりせず、リハビリに励もうじゃあ~りませんか。

0323pasta

久々の右手箸で食べたメニューはこちら↑。パスタなのに、うれげに箸。うふふっ。

|

2010年3月22日 (月)

イトコ一家来る・最終日

連休最後は錦帯橋へ。この3日間、広島観光の王道じゃね。

0322kintai

川辺で遊び、

0322white

国の天然記念物・白蛇を見て(実は初めて)、

0322shiro

岩国城に上がった(実は初めて)。

夕方から定年退職される先輩の送別会があったので、見送りもせぬままJRで広島へ。ごめんよ、イトコ一家の皆さん。

何を隠そう、魅惑の里でケビンに泊ったのは初めてだし、宮島で鳥居まで歩いたのも初めてで、今日の岩国も初めての場所だらけ。ちょいと近くまではよく行くんだけど、それ以上にはならなかったんだよね。今回、遊びに来てくれてありがと。私も我が町近辺を堪能しちゃいました。

おまけ。

0322sato

送別会で見た焼酎「佐藤」。甘くないけどサトウ。これの何が珍しいのじゃ? と思う人もいらっしゃるだろうけど。これ、佐藤の麦焼酎。白佐藤と黒佐藤の芋はよく知ってるけど、麦もあったんですなあ。飲みやすくて、すーっと入ってくるけど、麦だと芋ほどのパンチがないので何か薄い感じ。

|

2010年3月21日 (日)

イトコ一家来る・第2日

市町村合併で、今では我が市内となった安芸の宮島。2日目はイトコ一家(3人)+私と下の娘で宮島へ。上の娘がイベントで一日店長をやる予定が以前からあったので、妻と息子はそっちの方へ。

0321miyajimaguchi

宮島口の車の量。笑うぐらいの混雑で二重、三重になって動かず。すごいねえ、ここってやっぱり観光地なんだと再認識。

0321anago1

宮島といえばアナゴ。焼いてるところを見て、

0321anago2

ピクニック気分でアナゴ弁当を広げる(ピースの指は下の娘)。

0321kaki

宮島といえば焼きガキ。うまうま(ここでもビール)。

0321cherry

散策しながら桜を楽しみ、

0321torii

潮が引いたところで、鳥居の前へ。

0321shika

うちの娘(手前)とイトコの愛娘(奥)は、シカに大喜び。

0321momiji1

宮島といえばもみじ饅頭。

0321momiji2

もみじ饅頭作りを体験。通りを歩いていると、機械が自動で作ってるけど、昔は手作業でやってたのだろう。焼きたてのもみじ饅頭、めちゃうま。あんこなしの「プレーン」がおいしいのは新発見。

おまけ。

0321kamen

ロープウェイ乗り場で子どもたちが飲んだ「仮面サイダー」。パッケージが何種類かあるらしい。出てきたのは「X」と「ショッカー」。うちの娘は、息子の影響で仮面ライダーを一緒に観ているけど、イトコの愛娘ちゃんは、缶の絵柄がよく分からなかったみたい。

|

2010年3月20日 (土)

イトコ一家来る・第1日

小倉のイトコ一家が遊びにやって来た。私が骨折した日、その直前に飲みながら「広島で遊ぼうぜ」と約束。楽しみにしてたんだよね。

0320_1

吉和魅惑の里に行き、

0320_2

ケビンに泊まって、

0320_3

バーベキュ~。

0320_4_2

炭火で焼いたアジはサイコー。

20日の夜はあいにくの雨。ケビンの玄関口にバーベキューセットを置き、焼いた物から部屋の中へ持って行く。翌朝は何事もなかったように晴れ。悔しいので、晴れた日の写真を載せておいた。

魅惑の里は、夏は川で泳ぐことができ(めちゃ冷たくて気持ちいい)、夜空の星も落ちてきそうなほど美しい。リベンジしなくちゃだわ。

|

2010年3月19日 (金)

LiveLink3G

iPhoneの新たなアプリLiveLink3G。お互いに動画を映しながら会話ができる、お手軽なテレビ電話。通常価格1000円のところ、スタート記念で無料セール。このエントリを見て「あ、欲しいっ!」と思った人、残念。既に有料に移行しておりまする。

初めて使ったLiveLink。これはなかなか面白い。iPhoneはカメラ部分が背についているので、自画撮りしながら画面を見るのは難しいけど、周囲の風景を映しながらしゃべれば、どこで何をしているのかよく分かる。どうしても顔を映したければ、手鏡を持って通話すればいいそうな。何か変。

きのぴーとテレビ電話遊びしているうち「ちょっと飲みに行こうぜ」という話になった。仕事後、ガンダムの店で落ち合う約束をし、きのぴーがtwitterで他の参加者を募ったら、なん吉さんが参加表明。iPhoneがあれば、いつ何時、誰の挑戦でも受けられるぞ。飲み会の挑戦だけど。

ガンダムの店には、

0319gundam_2

こんな被り物があったり(↑シラフなのにノリノリなん吉さん)、

0319red

店の入り口には、こんな看板があったり。知らない人が見たら、怪しい店かも。ホントはガンダムの店というわけではなく、普通の居酒屋。店主のばつぐんさんがガンダム好きで、仮装用に段ボールを使って作った物があちこちに置いてあるだけ。

そういえば、あれこれ作り過ぎて邪魔になったので、欲しい人は持って帰って~って言ってたっけ。ガンダムファンの方、どうぞ。子沢山の方は、子どもの人数分ジムを作ってもらえばいいかもよ。

勢いがついたので、軽く食べて帰るつもりを変更し、きのぴーの店へ。「きのぴーの店」といっても、経営者ではありませぬ、念のため。

0319kinop

↑歌って踊れるきのぴー。彼の替え歌シリーズは何度聴いてもオモロイわ。

そうこうするうち、夜は更けていく。

0319shinkyo

小腹が空いたので、新京で夜食。魚の子、白飯、カレー汁のゴールデントリオ。うまうま。

そんなこんなで未明に帰宅。翌日の昼、「何でこんな時間になってもお酒臭いの」と小言を言われたのは、また別のお話。

|

2010年3月18日 (木)

ニュースを読む

最近のニュースについて、少しばかり感想などを。

「ハト弟離党・新党構想」
先日、外国人参政権のことを大学時代のゼミで発表したことがあったと書いたけど、このほかにも選挙制度改革についても勉強したこともある。当時の衆院選は中選挙区制。「制」という文字が付いているが、政治学的にいうと中選挙区制という制度は存在しない。選挙制度は大まかに分けて3種類。全部の定数を一度に選ぶ大選挙区制(地方の市議選など)、定数1の選挙区に分ける小選挙区制、そして比例代表制。中選挙区制とは、「大」と「小」の間ということで便宜上付けられた呼び名と考えていい。
なぜ、かつてあった中選挙区制が制度として存在しないかというと、選挙エリアも定数もどちらも自由に変更が可能であるから。大選挙区制の場合は選挙エリアが確定しており(エリアは全域だから)、小選挙区制の場合は定数1が確定している。参院選の選挙区選挙は中選挙区に似ているけど、選挙エリアが都道府県別と決まりがある。つまり、大選挙区制の枠組みの中の制度であると考えられる。
…話がとっ散らかった。んで、ハト弟の新党妄想…じゃなくて新党構想。こういう話を聞くたび、日本の政治ってまだまだ未熟なんだなあと思う。そもそも政党というのは政策実現のための集団で、そのために当選を目指すはずなのに、議席を得ることが目的化しているような気がする。「新党の方が当選しやすそう」という考えが少しでも見えると、白けてしまうんですな。

「オリックス球団が愛称募集へ」
現在の名称はオリックス・バファローズ。近鉄が経営から完全に手を引いた今、バファローズの愛称は不要だと判断したみたい。オリックス球団の経営者は、ファンにとってチームの歴史などは関係がないと思ってらっしゃる。分かってないねえ、ホント。
これまで、身売り(球団譲渡)後も愛称をそのまま使っている球団は多く、最近ではライオンズと、我らがホークスは過去の歴史を上手にファン獲得に利用している。ホークスは、応援グッズとして南海バージョン、ダイエーバージョン、ソフトバンクバージョンを用意。九州のファンだけでなく、南海以来の大阪のファンからも金を巻き上…じゃなくて、大阪のファンも球団への愛着を高めるように考えている。ライオンズも、所沢に行った当初は九州色を一掃したがっていたけれど、今では「西鉄」の名が商売になると気付いたよう。
それに比べて…。せっかく歴史あるバファローズを捨ててしまおうとするなんて、もったいないにも程がある。先見の明がある私が今後を予想すると、愛称を募集した挙げ句、最終的には「大阪オリックス」なんて名前で落ち着くんじゃないの? ここに都知事が絡んできたら「首都球団大阪」とか提案するかも。
ともかく。バファローズを消さない方が、後のことを考えたら賢明だと思う。

「ホークス斉藤投手&スザンヌ熱愛」
何やってんの? というのがホークスファンの心境なのでは。斉藤投手はガラスの肩と、ヤリで突いても大丈夫な強心臓をお持ちでらっしゃる。マウンド度胸はもちろんだけど、女性関係についても度胸満点。世の中、色恋沙汰ってのはあれこれ悩むものなのに、斉藤投手は「好きになったから付き合う。だから前の人と別れる」という単純明快な思考なのではなかろうか。彼の辞書に「腐れ縁」という言葉は、ない。
ま、誰と付き合ってもキスしてもいいんで、マウンドに帰って来てくださいな。

……

今日はダラダラと書いたなあ。

本日、春闘回答日。深夜、帰宅。ガンバロー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

参政権と賛成意見

今、話題になっている外国人参政権。古いようで新しい、新しいようで古いこのテーマ。何を隠そう、何も隠さないけど今から20年前、私は大学のゼミの発表テーマに選んでいたのである。先見の明があるねえ。ただ、発表の仕方がまずかったというか、勉強が足りなかったもので、教授からは「国家転覆を企てるような人に参政権を与えちゃいかんよ」と一刀両断。…国家転覆という表現が時代がかってますなあ。
今でもこの話題を出すと、すぐに賛否の意見を言う人が多いのだけれど、まあ待たれい。暇な人は私の話を読んでくだされ。ざっくりした話なので、例外規定などは省いて、と。

以下、長文。

続きを読む "参政権と賛成意見"

| | コメント (2)

2010年3月17日 (水)

続・ギプスよ、さらば…

朝から通院。今日こそはギプスが取れる日。

0317a

まず、ギプスを外す。数日ぶりに会ったわが右手。処置室で記念撮影、っと。

ギプスは取れたが骨が付いたわけではないので、日常生活では医療装具(サポーター)を装着する。通院している病院には週1回、水曜日に装具メーカーの人が来るらしい。医療装具も健康保険の対象なのだが、当座は全額を本人が負担することになっている。担当者曰く「2万円ちょっとになりますが、よろしいですか?」。うわ~ぉ、ちょっとびっくりした。けど「よろしいですか」と尋ねられても、私には「よろしい」という選択肢しか用意されていないのである。

0317b

あれやこれや、熱で軟らかくなって冷やすと固まる不思議なプラスチックで型を取り、ちまちまと私の手の形に合わせてもらった。ハンドメイドなので、装着感はピッタリ。も少し小さくなるかと思ってたけど、それはそれ。脱着式なので、今日から右手と一緒に入浴OK。

やや参ったのは、かなり待たされたこと。「午前10時に医療装具メーカーの人が来られるので、その時間に来てください」と言われ、その通りに行った。メーカーさんがすぐ来なかったのか、1時間、座って待つ。ここで午前11時。メーカーさんからようやく掛けられた言葉は「ほかの患者さんがおられるので、今から1時間後にお呼びします」。おりょりょ、それなら1時間外に出ても大丈夫かと尋ねると「12時前には戻ってきてほしい」。う~む、会社に戻るほどでもなし、かといって小一時間は長い。

そうこうするうち正午前。呼ばれる雰囲気なし。12時10分過ぎ、ようやく呼ばれた。待合室から数メートルだけ離れた処置室前の椅子を差し「お呼びするまで、椅子に座ってお待ちください」。う~む、お呼ばれするまで、これまでもずっと椅子に座って待ってたんですけど。

それから10分、いや15分ほど経ち、処置室へ。ギプスを外した後、今度はリハビリ室で装具製作。作っている様子を見ているのは面白い。プラスチックを手の形に変形させ、ハサミを入れて少しずつ形を整えていく。こういうプロの方って、子どものころからプラモ作りが得意だったりしたのかなあ。島根の支局時代、医療装具メーカー中村ブレイスにしばしば出入りしていて、製作過程を見ながら、完全な手作業で装具を作り上げていく様子を見て感心していたことを思い出した。この病院の担当は、別のメーカーの人。

そんなこんなで、装具が完成し、外科部長に診てもらったら午後2時過ぎ。うっほほーい、半日どころか、ほぼ一日に近いぐらい潰れてしまいましたがな。

0317c

ギプスが外れたついで、右手のレントゲン写真(12日撮影)を撮らせてもらった。ボルトがくっきり写っているのが分かるかな。折れた舟状骨(シュウジョウコツ)が2.5センチぐらい、ボルトの長さが1.5センチぐらい。私の体に中に、このボルトは生涯埋められ続けるのであった。

帰宅後。装具を外し、2カ月ぶりに右手と一緒に湯船に浸かった。ふわぁ~、気持ちいいねえ。注意されているのは、風呂でも右手は洗うだけで、決して激しく動かしたりしないこと。湯の中で動かしてリハビってもいいのかと思ったら、それはまだ先のことだそうな。まだまだ、私の通院生活は続く。

|

2010年3月16日 (火)

グルメ日記かと

0316pasta

いきなり昼食の話で恐縮ですが。予告通りに食べたパスタランチ(420円)。サラダ、みそ汁、小鉢(豆腐)、デザート(ケーキ&柑橘)。和洋折衷もここまでくると見事。ただ私、食後すぐに甘い物を食べる習慣がないもんで、これはちょっと…。ま、全般には悪くない。

今日は支社局からの仲間集合。

0316basashi

夜は行ける人だけで軽く食事をしながら語らい。

写真は馬刺し。これウマいよ、馬だけに。。。おほほっ。

|

2010年3月15日 (月)

大櫓む

JRのダイヤ改正後、初の出社。改正といっても、いつものようなガラガラポンではなく、微修正。高校時代に国鉄通学だった私(何度も言うが「JR」はなかった)、ダイヤ改正で1分とか2分とか、朝の登校に間に合う便が早くなるのは死活問題だった。人生、常にホームでのクロスプレー。乗り遅れると、次の列車は1時間後。

今回はその1分、2分の変更もない。ただ、ホームに入って来た電車を見ると、乗客が少ない。立っている人がほとんどいなくて、楽々座れた。どうしたんだろ、不思議な感じ。何だか違和感。

西広島で降りた後、気付いた。なんか、いつもより列車が長い。私の勝手な想像によると、これまで4両編成だったのが8両に変更されたのではなかろうか。こいつはありがたい。昨今、公共交通機関でも、その他の何かでも、告知があると大概の場合「昨今の経済情勢に鑑み」という一言の後、利用者が不便になることがほとんど。JRしかない地域ってありますから、よろしく。

0315hiru

昼は食堂で幕の内弁当(450円)。今日からパスタランチがスタートした。気にはなるけど、あまり、ほら、なんというか食指が動かないメニューもあるんで…。明日はパスタにします(誰に宣言してるんだか)。

夜、会社近くで軽く一杯。

|

2010年3月14日 (日)

最後の舞

上の娘のバレエの発表会。幼稚園のころから始め、小学校を卒業する今回、バレエも卒業となる。今後、本人の意思で再開することがあるかもしれないけれど、最後の舞。

上の娘は感情表現が苦手というか、黙々と物事を進めるところがあり、ひょっとしたらバレエも嫌々ながらやっているのかと思ったこともある。けれど、当人としては極めて真面目で、踊ることに熱意を持っていたようだ。7年間、お疲れ様。パパはあなたのパパであることを誇りに思いますよ。

朝からリハーサル、午後に本番、その後も知り合いの出番などを観ていた娘。夜にはかなり疲れていたようだ。「ちょいと軽く回転寿司でも行くか」と、家族で向かった。ところがどっこい。駐車場は満杯、外まで待つ人の列、列…。妻が店の人に尋ねると「1時間待ち」だそうな。

自分のことを棚に上げて「日曜日の晩ご飯ぐらい、もっとほかに行くとこはないのですか、皆さん」と言いたい気分。いやホント、自分のことをすっかり棚に上げてしまったよ。たまに「回転寿司でも」と思うといつもこんな感じで、いつ以来行っていないだろうかと思う。1時間並んで待つほどまでの熱意はないんだよなあ。

ということで。スーパーの寿司。以前はこの回転寿司店の隣りに、小僧寿しがあったのだけど(今考えると、それでよく成り立っていたものだ)、今は小僧の店なし。広島ではほとんど見掛けない。調べてみたら、廿日市には1店もなし。小僧寿しがすかいらーくグループだということも、今回知った。しかもよく調べてみると、この回転寿司店は小僧寿し本部のチェーン店。以前は岡山に本社のある会社のチェーン店で、店の名前が変わったなあと思っていたのだけど、営業主体も変わっていたわけね。勉強になりました。

0314sushi_2

ということで、スーパー寿司。「すっごい寿司」という意味ではなく、スーパーマーケットで買った寿司。スーパーの寿司も、テナントに入っている店が出す寿司と、スーパーが直接出している寿司とでラインナップも値段も違う。ま、結果的に自宅でゆっくりできたので良かったかも。

|

メッセ黒田の焼きそば

ガールズバーなるものは見たことないけど、メッセンジャー黒田は時々、テレビで見ていた。その中の一つがABC(朝日放送、大阪)の「ごきげん!ブランニュ」。昨秋、広島での放送はなくなってしまったが、いかにも関西ローカルっぽい雰囲気が面白かった。

番組の中でメッセ黒田が紹介していたのが、日清焼そばのおいしい作り方。日清じゃなくても明星でもいいんだろうけど、袋麺タイプの焼きそばをどう作るかを語る、語る。

フライパンにたっぷりの湯を沸かす。麺を2分ほどゆでる。麺がほぐれてきたところで、フライパンの端を菜箸などで押さえながら、湯を捨てる。ここで粉末ソースを投入。残った水分が飛んでチリチリと音がしたら、出来上がり。

カップ麺の「日清焼そばUFO」は湯切りをするのだから、袋麺もたっぷりの湯で戻せばいいじゃないか。そんな感じで考えたのかな。この放送を見てから、しばしば日清焼そばを黒田流で作って食べていた。

0314yakisoba

買い置きしていた焼きそばが1袋だけ残っていたので、思い出して作ってみた。麺を入れる前に、キャベツを茹でて。色が薄く、あまりおいしそうじゃないけど、ちょっとだけコショウを振れば大丈夫。

料理がうまい黒田。貧乏自慢の黒田。彼らしい、袋麺の作り方のこだわり。謹慎期間はどれぐらいになるのかなあ。また見たい。

|

2010年3月13日 (土)

時間の忘れもの

アフリカを探検した人の話。案内役には、現地の人を採用する。事前に日程などは教えておく。たまたま順調に探検が進むと、予定よりも早く中継地点に着く。「よし、今日は予定より進んで、貯金をつくるか」と思って指示をしても、現地の人は止まったまま動かない。何をしているのだと尋ねると、こういう答えが返ってくる。

「時間を追い越してしまったので、時間が追い付いてくるのを待っている」

時間の中にギュウギュウに詰め込んでいくのが当たり前と思っている現代ニッポン。それとは違う時間間隔の人も、この地球上には確実にいる。どこの国のエピソードだったか、忘れてしまったけど。えへへ。

閑話休題。

ウェブ日記を長年書いているけど、確実に毎日更新しているわけではない。数日後にまとめて書くこともあるし、日が経ってネタが古くなった時はそのまま流す。こういう習慣の中で「日記を書いたら、その日がきちんと終わる」という感覚ができ、数日間書かずにたまっていると、自分の人生を数日間、置き忘れているような気がしてくる。「ブログを毎日更新しなきゃ」という強迫観念とは違うんだな。遅れてもいいから、日記を書くことでその日が仕舞いに、まさに終いになる感覚。

「ダジャる言ワジャる聞カジャる」というブログは、好きな時だけの更新なので、書いてなくても心は安泰。Twitter感覚。この「ぐ~たら日記」と「映画でも観とくか」は、訪問者がいるかいないかにかかわらず、書かずにいると自分の心の収まりが悪い。

そんな「映画でも観とくか」。ほったらかしで2カ月を過ごしてしまった。気がかりではあるけれど、更新することが人生の優先事項でもないというのが難しいところ。とはいえ、このままにしておくわけにもいかないので、10エントリほどまとめて更新した。写真と1行紹介だけだったり、完全な手抜きなんですが、まあ、ないよりマシってことで。

こんなことをしたり、録りためたビデオを見ていたら一日が終わったとさ。

0313g

今日のブランチは、グラタン。昨日、私のために用意したまま焼かずに置いてあった。熱々カリカリのグラタン。うまうま。

|

2010年3月12日 (金)

ギプスよ、さらば…

朝から病院へ。午前8時半までに来るように言われていたので、8時8分に最寄りのバス停に着く直通バスに乗った。例によって例のごとく、バスの到着は20分ほど遅れ、バスを降りたのは8時29分。走って1分で病院に行けるわけもなく、数分遅れを覚悟で徒歩。

よく、海外旅行から帰って来た人が「日本ほど交通機関が時間通りに来る国はない」と言ってるけど、日本だってすべての交通機関が正確なわけではない。軌道系は割と正確だが、ダイヤ改正の直後などはかなり混乱するものだ。ましてや、道路を走るバスに至っては…。

東京の人と比べ、地方の人が時間にルーズだといわれるのは、こういう交通事情もあるのだと思う。バスが遅れても、乗客のほとんどが焦ったり、イライラしたりしないのは、周囲もそれを許す空気があるのではないかと思う。こうして、時間に対するルーズさは、増幅されていくのであった。

以上、言い訳。

病院では、回転式カッターでギプスを真っ二つに切ってもらった。レントゲン写真を見ながら、

医師「えーっと。今日、ギプスが取れるかもしれない、って言いましたっけ?」
私「はい」
医「それじゃあねえ…ギプスの代わりになるサポーター持ってる?」
私「持ってません」
医「それじゃ、来週サポーター作りましょう」
私「…え? じゃ、今日は?」
医「サポーターがないんじゃ仕方ない。ギプスのままです」

……あのぉ…。ギプスの代わりになるサポーターを個人で所有してる人って、どんな人なんでしょうか。そんなん持ってるわけないやん。毎回、期待させといて、違う方向に行くんだもん、凹むなあ。ひょっとして、この口八丁も医師としての力量なのかな。新聞記者があれやこれや言いながら、相手から話を引き出すみたいな。

0312hiru

昼食は食堂でバイキング(500円)。「豆腐寿司」なる珍メニューがあったので取ってみた。一口サイズに切られた豆腐の上にタコとか、ウナギとかが寿司のように乗っている。不思議な感じ。まあまあ。

仕事後、近くで軽く食事をした後、バスにて帰宅。道路が空く午後10時台のバスは、時間通りに進んでいく。

|

2010年3月11日 (木)

バス&電車&チンチン

今朝、いつもより20分早く自宅を出た。麓行きのバスはちょうど20分間隔で、1時間に3本。20分早く出れば、会社にも20分早く着く。心にゆとりを持って仕事を始めることができる。

…はずだったが。目の前でバスが行ってしまった。あれ? 何か、最近こういうのばっかり。「自宅―バス停、徒歩1分」と思ってたけど、どうやら1分10秒ぐらい掛かっているらしい。あと1分早く出ればいいのに! と毎回思う。

次のバスが来るまで、あと20分。久しぶりに麓まで歩くことにした。3.5キロぐらいかな。ウオーキングにはちょうどいいぐらいの寒さだし、テクテクと坂を下りる。自分としては、いいペースで歩いているつもりだったが、そうでもなかったのか、途中途中で時計を見ると、思ったより時間が過ぎている。ま、仕事に遅れるようなことはないだろうけどね。

歩いているうち、久しぶりに広電に乗ってみようという気になった。広電は駅まで行けば、後は会社の前まで連れて行ってくれ、乗り換えが不要。そうだ、そうしよう。目的の方向をJR駅から、広電の廿日市市役所前駅に変更した。余談だけど、「廿日市市役所前駅」は、市役所の最寄りの駅ではあるものの、市役所の前ではない。以前、市役所に行く用事があり、「廿日市市役所前」と書いたバスに乗ったが、市役所には行ってくれず、この駅の前で降ろされた。よく見ると「廿日市市役所前駅行き」と書いてあった。残念だ。

そのままテクテク進み、駅の目前。電車が発車する姿が見えた。ありゃりゃ。この時間の広電は8分間隔程度で運行している。次を待つことにしよう。

…と。次の便に乗った時刻を見たら、いつも乗っているJRの時間を10分ほど過ぎている。私のこんぴーたーで計算すると…遅刻ギリギリ? 余裕を持って出たはずなのに、これはどうでしょう。次からは、もっともっと早めに自宅を出ないといけないね。

会社の食堂横に、こんな張り紙を発見。

0311pasta

来週からパスタランチがスタートするらしい。食券は「焼きそば、または焼きうどん」と共通。まさか、麺まで共通だったりして。

私ね、ほら、いつもお堅い文章ばっかり打ってるじゃない? 「ショッケン」と打ったら「職権」、「オショクジケン」だったら「汚職事件」が真っ先に変換候補に出るんだよね。

それはともかく。パスタランチには期待しておこう。何を期待するかというと…温度(笑)。さすがに、パスタを作り置きしないだろうから、温かい物を食べられるんじゃないかと。温かさは、いわば愛情。よろしくお願いします。

仕事後、直帰。このところ愛用している直通バス。便利なのだけど1時間に1本しかない。仕事を終えた時間が中途半端になったので、帰りも広電に乗った。午後9時前の広電は、ほぼ満席。つかまる場所がなく、発進の時によろけてコケそうになった。さらに、暖房の熱と、整髪料のにおいなどで具合が悪くなってきた。廿日市まで直通で帰られる便だけど、我慢ができず西広島で降車。JRに乗り換えた。

なんとまあ、JRも人がいっぱい。つかまる場所がない。寄り掛かる壁のスペースでもと思ったが、それもなし。ま、10分ちょっとの我慢じゃ。

JRの宮内串戸駅から、団地行きのバスへ。これも人がいっぱい。つかまる場所を探すのに苦労する。私、これまで潔癖症の人って気にし過ぎだよ~と思っていたけど、今日はぬるっとするつり革、生温かいつかまり棒を何度も握っているうち、ヤな気分になってきた。つり革を握った手では、髪をかき上げることもしたくない。どうしちゃったんでしょ、今日の私。

明日からは、また直通バスで帰るようにしよ~っと。始発から乗れば座れるし、つかまる場所の心配もいらないからね。

午後10時、遅い夕食。上の娘がこんなのを作っていた。おかずにもいいけど、酒のアテでもうまうま。

|

2010年3月10日 (水)

わざと

「あのころは何してたっけ?」とか思いながら、過去の日記を読むことがある。そんな時、みょ~な誤字とか、あれれ~なスペル間違いとかを発見することもよくある。そのままにすることもあるし、気が向いた時は数年の時空を超え、誤字を直すことも。ただ、「なぜ、ここでこんな字が入ってるのだ?」という不思議な違いを発見することもあるのだ。通常の変換ミスとかでは発生しないようなケース。

あれこれ考えているうち、書いた当時の記憶が段々よみがえってくる。あ、そうだ、これはわざと文字を入れ替えて、ギャグのつもりで書いたんだったっけ。

自分が見ても間違いとしか思えないのに、他人が読んだらなおさらではないか。「かげさん、また間違えてら」と思われたに違いない。あ~、なぜ、あの時はそれが面白いと思っていたのか。反省。

というわけなので。文中に間違えを見つけても、それはたぶんわざとなので、あれこれ詮索なさいませぬように。あ、そうそう。間違いといえば、私はこれまで「mp4=MPEG-4」だと思っていて、両者を混同して書いていた。Wikipediaで恐縮ですが、該当項目にリンクと。

本日、午後から春闘要求の説明団交。

仕事が遅くなったので、会社近くで軽く飲んで帰宅。仕事が遅くない日も寄り道してますが…

|

2010年3月 9日 (火)

スタート

寒い。朝からめっちゃ寒い。冷たい雨が落ちてくる。山手の方を見上げてみると、白くなっている。雪だ。こんな日はバスも遅れるだろうと思い、いつもより1本早い便に乗るよう家を出た。

ら。バス停に誰もいない。あれれぇ? どうしたのかなあと思って時刻表を覗き込むと。ちょうど1分前に行った後。どうやら、自宅の冷蔵庫に貼っている時刻表が古い物だったらしい。う~む。この寒い中、20分も次のバスを待つのは辛い。妻に電話をし、ごろにゃ~んと甘え、駅まで送ってもらうことにした。感謝。

0309

昼はガッツリ炭水化物定食。もとい、麺定食(350円)。

春闘、いよいよ本格化。要求提出。

仕事後、軽く一杯。最終バスで帰宅。最近、帰宅にバスを使うことが多くなった。最大の理由は、座れること。二つめの理由は、乗り換えがないこと。自転車ってのは、本当に機能的な乗り物だなあとあらためて思う。交通手段のことを書いたついで、出勤&帰宅の手段をメモしとこ。運賃はPASPY割引後。

<怪我する以前>
【出勤時】
・自宅~JR廿日市駅(自転車)→~JR西広島駅(190円)→~会社(自転車)
・自宅~会社(全行程自転車)
【帰宅時】
・その逆

<怪我の後>
【出勤時】
・自宅~JR宮内串戸駅(バス170円)→~JR西広島駅(230円)→~会社(徒歩。雨天時バス160円)
【帰宅時】
・会社~西広島(徒歩)→~JR宮内串戸駅(230円)→~自宅(バス170円)
・バスセンターor舟入本町~団地直通(バス550円or540円。最終バスは料金2倍)

-----------------

自転車を使っている時は片道ゼロ~190円。現在は片道400~1100円。以前は、月間22日間通うとすると交通費8360円。現在は、最も多いパターン(帰宅時に直通バス)で計算すると、月間交通費20900円。

|

2010年3月 8日 (月)

オスカー

米アカデミー賞の発表があった。ジェームズ・キャメロン監督の「アバター」と、元妻キャスリン・ビグロー監督の「ハート・ロッカー」の対決は元妻に軍配、とな。

それはさておき。

今回のアカデミー賞で、ネット上でも、各種マスコミでも話題なのが、長編ドキュメンタリー賞を受賞した「ザ・コーヴ」。日本のイルカ漁を批判する視点で、隠しカメラなどを使って撮影されたらしい。私は以前から繰り返し言っているように「頭のいい動物を食べるのは残虐」という主張は「頭の悪い動物はいくら殺してもいい」という考えの裏返しで、つまり、能力の低い者に対しては何をしてもかまわないという差別意識に立っていると思う。

イルカを食べない欧米人だって、牛や豚の肉を食べている。「牛を殺すのは罪ではないか」との問いに対しての反論は「牛は自分たちが牧場で育てている。絶滅の恐れはない」という答えが返ってくるだろう。それでは、韓国などで食べられる犬料理の場合、食用に犬牧場で育てられていて絶滅の恐れはないのに、なぜ批判するのかと問われると「犬は頭がいい。人類の友だ」となる。

「イルカを殺すな」という批判に対し、正面から反論しても、結局は堂々巡りになるのがオチ。ここはひとつ、制作本数がすさまじく多いといわれているインド映画にガンバってもらい、「牛を食べるのは残虐」ってテーマで撮影してもらえないかしら。そうすれば、道徳観の違いとか、食文化の違いなどについて、欧米人も考えをあらためるかもしれないし。…んなことないか。

0308eel

昼食は食堂で「ひつまぶし」。このメニューを見るたび、「これって、うな丼じゃね?」と思うんですけど。どうやってウナギを焼くのか、厨房の中をずっと見ていたら、パックに入ったウナギがお湯の中から出てきた。あはっ、温めるだけなのねん。その方が味にバラつきがなくて良いでしょうけど。

仕事後、直帰。豆腐で軽く一杯。今日は最初のビールをやめ、いきなり焼酎から入ってみた。うむ、これもなかなか悪くないね。

|

2010年3月 7日 (日)

エアロビ

朝から、下の娘のエアロビ発表会へ。我が家では、娘たちを学習塾に通わせない代わり、人生を豊かにしそうな習い事には行かせている。2人共通の習い事はピアノ、水泳。これに加え、上の娘はバレエ、下の娘はエアロビ。私が子どものころの習い事といったら、習字かそろばんが主。実用的な習い事が求められていたこともあろうし、そもそも、私が育った田舎町でバレエをできる人なんていなかったのだろう。

エアロビといえば、オトナが健康維持のためにやるものだと思ってた。娘が行き始めた時には「へ?」と思った。しかも、自分のためだけにやっていると思っていたので、発表会があると聞いてさらにびっくり。おじさんには知らないことだらけじゃ。

娘の出番は一番目。20~30人の子どもたちが元気に腕を延ばし、体育館の中で跳ねている。意外と面白いものですな。

0307ramen

踊り終えたごほうび、娘に「何を食べたい?」と尋ねたら、返ってきた答えは「うどん」。あはは、安上がりな子どもですのお。どこの店に行くか検討した結果、近くの大型スーパーのフードコートに決めた。ここなら、下の娘はうどんを食べて、私たちはほかのメニューも選択できる。私が食べたのは、醤油ラーメン。好んで醤油ラーメンを食べることはないけど、見本品が尾道ラーメンっぽく、おいしそうだったから。味は…まあまあ。

帰宅後、録画していた競馬中継を観戦。予想は悪くなかったんだけど、馬券的には完敗。ま、こんなもんでしょう。

|

2010年3月 6日 (土)

絶っていたもの

土曜日は静か。朝から、日付が先でもいい文書作りなど。

昼、久しぶりの店へ。それは、

Tsuke

冷めん家(写真は本日撮影ではありませぬ)。広島つけ麺は大好物の一つなんだけど、左手箸だと、食べるのが遅くなるし、誤ってボチャンと麺を落として、つけダレが服に飛ぶと大変。混雑する昼に行くと、お店に迷惑になりそうということもあり、骨折以降は自粛していた。

今日は土曜日でさほど人は多くないだろうし(冷めん家は平日昼が混雑する)、しかも午後1時以降であれば、さらに少なかろう。果たして、周囲の人を気にすることなく、ゆっくりと味わうことができた。やっぱ、ここのつけ麺は最高ですわ。シ・ア・ワ・セ。

夕方、バスにて直帰。

|

2010年3月 5日 (金)

日課

【日課】毎日決めてする仕事。毎日割り当ててすること。

右手首がギプスになって以降、出社前の朝の日課の一つが「腰にウエストポーチを巻く」こと。持ち歩く荷物を極力減らし、手をふさがないよう、カギなどをポーチに入れていた。2日にギプスが小さくなったので、ポケットの大きなコートも着ることができるようになった。これまでの末っとスーツにスタジャンという社会人らしくない姿から、カッターシャツに背広、そしてコート。そんなわけで、3日からはポーチなし。

で。ポーチの中に、家のカギを入れっぱなしにしていた。3日、4日は帰宅が早く、カギを使う機会がなかったが、今日(というか既に6日未明)、玄関の前でカギを持っていないことに気づく。呼び鈴を鳴らし、妻に開けてもらった。これからは、朝の日課を見直して、カギをどこに入れるかちゃんと決めなきゃ。

0305hiru

昼に食堂で食べたカルビ丼。

0305huchu1

0305huchu2_2 

夜は会社の近所にできた府中焼きの店へ。「府中焼き」とは、広島県府中市辺りで食べられるお好み焼きの別バージョン。ミンチ肉を使うのが特徴なのだとか。脂がしみ出て、カリカリになっておいしいよ。

|

2010年3月 4日 (木)

歳を重ねる日

朝から雨。ギプスになってから、袖が通らないという理由でスタジャンを着て出社していたけど、今日からは再び、愛用のコートへ。コートはポケットがいくつもあるので、片手が不自由な身にはありがたい。それに、ちょっとだけ冷え込んできたし。

仕事後は、ソッコー帰宅。今日は私にとって特別な日、誕生日なので。プレゼントについてはこちらのエピソードでも読んでもらうとして。

0304a

本日のケーキ。真ん中に立っているのが一の位で「1」。周りに立っている4本が十の位。よって、41歳になったことが分かるわけですな。

ドラマやアニメを見ていると、40歳前後の設定の登場人物は、かなり落ち着いていて、社会的にもある程度の地位があって、めちゃめちゃオトナな人。それに比べて自分はどーよ。ま、不惑を超えたので、これからは再び惑いながら生きていきましょ。

0304b

骨折してからテレビゲームはさっぱりやってなかった。まあ、妻がアレを買ってきたことだし、久しぶりに「Wiiの間」の画面を見てみたら。家族5人がケーキを囲んで座ってるじゃん。左から息子、妻、私、下の娘、そして上の娘。テレビの中でも団らんがあるのって、何だか面白いね。祝ってもらってるみたいで、サプラ~イズなハッピ~。

|

2010年3月 3日 (水)

前夜祭

朝、目が覚めたら右肘に激痛。昨日、肘がギプスから解放されたのをいいことに、腕をぶんぶん振り回したりしてたのがいけなかったのかな?(当たり前だ) ま、リハビる過程には、痛いのはつきもの。ガンガン全開に向けていきまっせ。

0303_1

会社では17年ぶりという全社的な避難訓練。地震が発生し、ビルの中で火事が起き、全員が社外に逃げるという設定。出社時から、玄関前には十数台の赤い車がスタンバっている。消防署側も緊張感たっぷり。

0303_2_2

はしご車ってすごいなあ。生ではしごが伸びるとこを見る機会は、あまりない。このタイプは35メートルの高さまで伸びるらしい。本社ビルの屋上まで楽々届く。ビルの裏手にいたもう1台は、50メートルまで上がる。こちらは、最長の場面を見ることができなかった。残念。

昨夜はいい気になって飲んでしまい、今日は体が重い。そんなわけなので、仕事後は直帰。

0303hina

午後11時前の夕飯には、お寿司が用意してあった。今日は全国的にひな祭り。我が家的には母の誕生日、そして私の誕生日の前夜祭。めでたい、めでたい。

風呂から上がった後、インドメタシン配合の筋肉痛の薬をたっぷり右腕にすり込む。こんだけやっとけば、明朝は痛みも引いてるんじゃないの。

そんなこんな。41歳の誕生日を迎えた後、就寝。お休みなさいZZZzzz

|

2010年3月 2日 (火)

ギプス切る

朝から病院の日。通院指定日がこんなに待ち遠しいことってあるだろうか。手術からちょうど1カ月が経過。この間、肘まですっぽり覆われたギプスの中は、痒くなっても何もできない。今日はとりあえずこのギプスを外し、より小さなギプスへ巻き換えることになっている。ひとときでもいい、痒いとこをかかせてくだせえ。

ぐるぐる巻きになったギプスは、旋盤状のものというか、回転式カッターで切る。初めてこれを見た時(2年前の足の骨折)、皮膚まで切れてしまうんじゃなかろうかと驚いたが、何度もやってもらううちに慣れた。轟音と熱と振動があっても「ふっふ~ん、皮膚までは届かないもんね」と、今では素直に思える。

0302_1_2

1カ月ぶりに見た我が右手。手術で切った跡が残っている。親指の付け根は、皮が固まっている。いうてみれば、垢の親玉。

0302_2

↑綺麗好きの人は、この写真をクリックしないように。

1カ月分の垢を流すため、湯に浸けて皮をふやけさせる。その後、やさしく撫でるように洗い、最後に石鹸洗いで仕上げ。まあなんと、垢が出るわ、出るわ。びっくりしますがな。

0302_4a

20分以上、足湯ならぬ手湯を終えた我が右手。ほんっと、気持ち良かった~。私は長湯が嫌いだけど、今日だけはいっくらでも手湯ができそう。手術跡もすっかり取れた。湯に浸かり過ぎ、しわしわになったけど。

0302_4_3 

んで、新しいギプス。これで肘の曲げ伸ばしもできるようになった。わーい、わーい、両手を使ってパソコンで文字入力できることのありがたさよ。ただ、固定されたままだった肘周辺、二の腕の筋肉痛が激しい。会社の診療所でインドメタシン配合の薬を出してもらった。

次回の通院日は来週の金曜日、12日。主治医によると「うまくいけば、その日にギプスを外しましょう」とのこと。わーい、わーい。ギプスが外れてからのリハビリは大変みたいだけど、一歩ずつ前進していることを実感。月末には車の運転もできるかな。

ギプス縮小記念に、仕事後、寄り道して一杯。かな~り機嫌良く杯を重ねた。…結果。終バスの中で眠りこけてしまい、「お客さん、終点ですよ」の声で起きた。ふっふ~ん、今日は機嫌がいいので、終点から自宅までの散歩も楽しいのさ。

|

興味があるなら買っチャイナ

パソコンを介して使うある品。使い方によっては著作権法に触れるようだが、私が欲しい機能はそれとは関係ない。できることなら、著作権法に触れる可能性のある機能を外し、表街道で堂々と売ってもらいたいのだけど、売る側にも色々と事情があるのだろう。

今も売っている店があるのだろうか。あれこれ調べてみた。値段は高いところで4000円ぐらい。国内ではあまり扱われていないようだ。調べた中で最も安い中国中国本土に拠点があるという某社では1600円ちょっと。しかも送料は無料だという。国際便でそんなことをして、元が取れるのだろうか。

この店の評判をネットで調べた。出るわ出るわの悪評だらけ。ただ、その数と同じぐらいの讃美のコメント。一体、何がどうなっているのだろう。ただ、仮にまがい物をつかまされたとしても、この値段なら笑って済ませられるレベル。不良品が来るこもよくあるとの情報もあるので、2個をネットから注文した。入金はイーバンク銀行。イーバンク同士なので、振り込み手数料も無料。ここはありがたい。ってか、イーバンク使ってる時点で日本の業者っぽいけどなあ…

2月18日。注文即入金。自動返信メールが来た。とりあえず、詐欺っぽくはない。

2月21日までは中国が旧正月で発送がストップしているとのこと。数日待つかね。

2月24日深夜、発送完了のメール。「21日まで発送ストップ」と聞いたら22日に発送すると思うのは日本人だけ?

航空メール便は10~20日で到着するらしい。ただ、航空メール便は荷物の追跡ができない。なくなったら、はいそれまでよ。場合によったら60日ぐらい掛かることもあるという。どんだけ、世界中を旅する気なんよ。2カ月も経って届いたら、何を注文したのか忘れてしまうよ。ひょっとして2カ月後には、世の中から抹殺されてファームウェアとかなくなってたりして。呆れて一言、「マジ、来ん」。

3月1日。そんな心配をよそに無事到着。「最長60日」と思っていたので、「早っ!」と軽く感動。24日から数えてみると…発送から5日目。国内メール便とあまり変わらないじゃん。

仕事から帰宅したのは午後11時前だったけど、ホントに使えるのか、すぐに確かめたい。そして、使えるのなら使いたい。あれこれ設定。2個ともまともに動いた。へぇ~、これだけの機能が1600円で作れるってのは、どういうシステムなんだろう。

そんなこんな。日付をまたぎ、今日の午前2時ごろまでいじってた。おもしろいね、これ。

|

2010年3月 1日 (月)

愛は永久、謎は迷宮…

かれこれ1年ぐらいだろうか、いや半年か、かなりの間、ほったらかしの期間が長かったこと。それは、名探偵コナンを見ること。毛利小五郎が声変わりした回はすぐ見たけど、HDDレコーダーにはかなりたくさんたまっている。自転車通勤のころはできなかったが、骨折した今は通勤の時間に消化できる。たまった分をMPEG4に変換し、iPhoneに入れて持って行こう。そうしよう、そうしよう。

前夜のうちにとりあえず16話分をエンコードした。最近はDN-MRC200で直接MPEG4の動画を作るので、iPhone用にエンコードするのは久しぶりだなあ。HDDレコーダーからDVD-Rに焼き、iMac G5でエンコード(MPEG Streamclip使用=フリーだよん)。圧縮率をあれこれいじり、軽さと画質の両立の追求。同じ30分番組なのに、180MBを超えるものから、70MBのものまで出来上がった。これは実際に見て確認するしかないっしょ。

0301conan

写真はiPhoneのスクリーンショット。画質は意外と悪くないよねえ。これは最重の圧縮率だから。そう思いながら、会社へ向かうバスの中で事件編の1話を見て、乗り換えたJRで解決編を見ようと思ったら。。。録画が1話、飛んでるっ。犯人が分からぬままではないかっ! 仕方がないので、すっ飛ばして次へ。

名探偵コナンでは、物語が数回に渡る場合、「前編」「後編」とか「事件編」「解決編」などがタイトルに入ることが多い。会社に着くまでの時間に見られるのは、1話だろう。タイトルにこれからの文字がなかったので、1話完結だと思って次の回を見始めた…

…ら。犯人が捕まる前にエンディング曲になってしまった。うむぅ、これは気になる、次の話が気になる。なぜだ、次週に続くパタ~ンは。

(昼間は普通に仕事をして、と。)

午後9時すぎ、仕事を終わってバスセンターへ。主題歌とCMとエンディング曲を飛ばせば1話を20分強として、バスの中で2話は見られる。うまくやればバス待ちの時間から3話はいけるぞ。と思った…

…ら。犯人が捕まる前にバスは、自宅前に到着。なんと、4話続きのシリーズだったのだ。気になる、最後が気になる。結局、帰宅して10分ぐらいは着替えもせず、iPhoneでコナンを見ていたとさ。

今日のタイトルは、コナンのオープニングのセリフより。昔のオープニングのセリフに自分の行動をなぞらえると「見た目はオトナ、やることコドモ。その名も…かげさん」ですな。「ケータイでアニメ」って行動は、周りからはバカっぽく見えるだろうなあ。いいんです、いいんです、自宅ではアニメを見る時間を確保できないから、こうやって通勤&帰宅時間を遊びに使ってるんです。

ん? 誰に言い訳してたんだろ。

|

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »