« 入院2日目 | トップページ | 入院4日目 »

2010年2月 1日 (月)

入院3日目&オペ日

午前6時起床、朝食は8時すぎ。この2時間は、貴重な趣味タイム。 今朝はオールド映画、「落語野郎大爆笑」を観賞。ここに来てから観た映像はこのほかだと、ミナミの帝王26、aikoのライブ、東京ダイナマイトのコント、昨朝のビートルズなど。 まとめて感想を書かなくっちゃ。

文字系は、DS文学で菊池寛訳のフランダースの犬を読んだり。アニメで知った気になってるけど、細部は意外と違う話だった。

そんな今日はオペ日。手術室のベッド上からはずっと時計が見えていたので、記憶をたどって時間を追っ手みる。
11:20 病室を出て手術室へ。服は手術服、車いすに乗せられる。
11:30 右手の消毒、麻酔。脇の辺りに注射している。神経に触ると障る。電気が走るみたい。
12:00 手の感覚が薄れる。けど尖った物が触れると痛い。手のひらに麻酔追加。
12:06 メスが入る。「手を動かさないで」と怒られたが、動かしている感覚もない。
12:13 ウィーーーンとドリルのような音が始まった。ガリガリと骨を削っているような振動はある。痛さはない。
13:00過ぎ 「あ、外れた」とか「ありゃ」とかいう執刀医の声が何度も聞こえた。大丈夫なんだろか? そんな不安もあったけど、メスが入ってから縫合まで約1時間で終了。
13:20 そのまま新たなギプス。引き続きレントゲン室へ。
13:30 すべて終了。動かない重い右手を持って、妻と再会

0201migite

麻酔(ますゐではない)が効いて、自分の手じゃないみたい。折れた舟状骨は、ちっこいとこなのにギプスは肘の上までがっちり。

0201kintaro

夜になっても右手の感覚は戻らない。妻に持ってきてもらった「サラリーマン金太郎」のDVDを見る。疲れてきたので23時ごろ、寝た。

…と丑の刻。麻酔も切れ、手の痺れが引くとともに、痛みで目が覚めた。切った場所がキリキリと痛い。薬もらったり、のたうち回ったり。午前5時ごろ、ようやく眠れた。

|

« 入院2日目 | トップページ | 入院4日目 »

入院の記録」カテゴリの記事

日々の日記」カテゴリの記事