« ハーフマラソン走ろうぜ? | トップページ | 人間失格 »

2009年11月24日 (火)

文明の利器

文明の「リキ」を「力」だと思うのは、何も恥ずかしいことじゃござんせん。誰もが通る道なり。

私が今働いている書記局は他のフロアと違い、この寒さの中でもエアコンが入らない。ほとんど外気温と同じなので、パソコンで文書を作っていても、手がかじかんでくる。これでは仕事にならん。というか、どうしてこんな目に遭わなくてはいけないのかと悲しくなってくる。

ということで。暖房器具を買ってきた。

1124daikin

ダイキンの遠赤外線暖房機セラムヒート(屋内用)。その名の通り、遠赤外線なので、ほんわりと体の中が温まる感じ。しかも、赤くならないので、目にも優しい(らしい)。この写真の状態でも、ぽかぽか気分。

これで、コートを着たまま仕事することもなくなるだろう。とりあえず、よかった、よかった。

電器店で応対してくれた人は、胸の名札に店名ではなく「STAFF」と書いてあった。たぶん、電器店の社員ではなく、メーカーから来ている人なのだろう。今回買ったヒーターの良さを微に入り、細に入り説明してくれた。その時、「いつも足がにがるおばあちゃんがね、このヒーターに足を当てているうち、調子が良くなったんですよ」と言う。

足がニガル? どうやら広島弁で、痛いことを指す言葉らしい。会社に戻り、生粋の広島人に「ニガルってナニ?」と尋ねた。どうにもならないほど痛いわけではないが、なんか痛い。そういう時に使うらしい。うーむ。方言を訳すのって難しいよなあ。そういえば、我らが故郷でいう「足がこわる」という言葉。これを説明しようとしても、本州の人にはなかなか伝わらない。「要するに、筋肉痛でしょ?」なんて言われると、そーんーなー簡単じゃなかとですーーー、っと声を大にして反論したくなる。

午後から雨。いい子して自転車は置いて帰ろう。横川方面に寄り道して、JRで帰宅。

【自転車走行記録】パシフィック号:総走行2705.4キロ
☆密かに2700キロを突破。以前のペースに戻せば、年内に3000キロはすぐなんだけど。

|

« ハーフマラソン走ろうぜ? | トップページ | 人間失格 »

日々の日記」カテゴリの記事