« ビートのばたつき音対策 | トップページ | マラソンへの道 »

2009年11月30日 (月)

リングの上で

昨日の日記の続きをこちらにはみ出して、と。

昨夜、テレビで観たボクシングWBC世界タイトルマッチ、内藤大助vs亀田興毅。「亀田負けろ」の声が大きい気がするけれど、私は亀田家はさほど嫌いじゃない。私の中で一番好きなボクサーは辰吉丈一郎。亀田一家がクローズアップされ始めたころ、関西弁で人を食ったような物言いをしたり、ちょっとヤンチャなところが逆に魅力に見えたり、辰っちゃんファンの心を亀ちゃんがつかみそうな気がした。

が。ヤンチャであってもいいけれど、ボクシングはスポーツだ。プロレスのヒールレスラーだって、プロレス界の秩序の中でプレーしている。内藤vs大毅の試合は、本当にガッカリした。

それからも、ひょっとしたら亀田一家は変わるかもしれん、世界をあっと言わすボクサーになるかもしれん、という思いも少しだけあり、心から応援しているわけではないが、何かの期待を持って試合を観てきた。

今回の試合を観ていて、興毅は内藤をよく研究していたように思ったけど、持って生まれたセンスのあるボクサーじゃないみたい。ただ、一つだけ期待していいのは、面の皮が厚そうなこと。精神的な話じゃなくて、そのまんま皮の話。辰吉は、ナイフのように切れるパンチを持っていたけど、守勢に回ると途端に弱く、まぶたの上を切っては、目の中まで血が滴っていた。それに比べると、興毅はパンチを全くもらっていないわけではないのに、試合後も顔から目立った出血なし。

ま、亀田家と比べたりしたら、辰っちゃんファンに怒られてしまいますわ。ともかく、視聴率も43.1%とか、かなり良かったみたいだし、アンチファンがいるというのは、コンテンツとしては悪くないかも。「あいつがKOされるまで、ずっと観てやる」って人、実はTBSの思うつぼ。

一方の内藤。引退後にはテレビタレントになるとか言われてるけど。KOを食らわず、最後まで攻めの姿勢を崩さなかったのは、好感度アップでしょう。彼がひょうひょうと受け答えしてる姿、これからもテレビで見させてもらおっかな。

ということで。月曜日の日記も。

下の娘は、インフルエンザで学年閉鎖。「パパ、仕事休みじゃないの?」なんて言ってきて、遊ぶ気満々。あたしゃね、今はカタギの時間帯で働いているのですぞ。息子はというと、先週末から水ぼうそう。体中にブツブツができて、痛々しい。薬を塗って待つしかないのがもどかしい。

秋年末闘争は終わったけど、やるべき仕事はたくさんある。今週も、あれこれ書き物したり、出張行ったりしてたら、あっという間に終わりそう。時間をくだはい。

仕事後、会社近くの台湾料理店へ。勢いが付いて、最後は「いつもの店へ」。夜勤やってたころみたいな時間まで飲んでしもうた。ま、量はセーブしてたんで、大丈夫(と思いたい)。

【自転車走行記録】パシフィック号:総走行2735.5キロ

|

« ビートのばたつき音対策 | トップページ | マラソンへの道 »

日々の日記」カテゴリの記事