« リキのワナ | トップページ | なんちゅうか、本中華 »

2009年10月 7日 (水)

自転車新時代

先日、このブログで華々しく(?)披露した「風呂敷輪行バッグ」。実践してみる初の機会がやってきた。天気予報は「台風接近中 午後の降水確率70%」となっていたが、別にいいのさっ。朝の段階で雨が降っていないのであれば、自転車で出社したいのが男のサガ、男は佐賀。ぐいぐいと押し気味で、前のめりな感じで出社。帰りは帰りで何とかなるさ。

と。

問題は帰り。

1007by

夕方はパラパラの雨。軽く食事に酔っ…寄っているうちに本格的に降り始めた。こんな時こそ、新輪行バッグ、またの名を「輪行風呂敷」活躍の場面なり。JRに乗って帰ればいいじゃないか、いいじゃないか。けど、終電に近い電車って、いつもはかなり混雑してる。と思ったら、今日はかなりの空き具合。台風接近中なので、いつもより早めに帰った人も多いのだろう。3番ホームで待つ間、パシ18号の写真をパシャリ。撮っている間、誰もほかのお客さんは来ないぐらい。

実際に使ってみて、輪行風呂敷は使い勝手が良い。風呂敷だから、出したり、畳んだりする手間は数秒。輪行バッグと比べたら、精神的とか時間的とか、周囲から受ける視線とか、負担は激減。今後はせっかくだから唐草モンモンの風呂敷布などを購入して、気分に応じて持ち歩く布を替えようかしら。意外とオサレなんじゃーねーのと思ったり。ダイエーホークスの古着とかが売りに出てたら、まめに収集して縫い合わせてみるのもいいかも。

この「輪行風呂敷」は、実用性の面でもかなりGoodなアイテム。冗談抜きに、我らの自転車仲間には試してもらいとうござりまする。え? 片道20キロぐらいの通勤距離なら輪行せず、自転車で全行程を通勤できるやろって? ぬはははっ……(笑って答えず)

【自転車走行記録】パシフィック号:総走行2423.4キロ

|

« リキのワナ | トップページ | なんちゅうか、本中華 »

日々の日記」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事