« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

東京日帰り強行軍

午前6時すぎ、起床。3時間ほど眠れたかな。前夜のアルコール摂取量が少なければ、寝起きもそんなに悪くない。ちと喉が痛く、風邪っぽいのがヤな感じ。今日は東京で新聞労連の中央委員会。普段なら「わーい、東京だあ」って気持ちもなくはないのだけど、本日に限ってはゼロ。だって、だって、日帰りなんだもん。。。ま、着替えも何も荷物はいらないし、「ちょいとそこまで」の格好で、お上りさん、いざ出発。

0930anago

飛行機が嫌いな私、よっぽどの事情がなければ陸路を選ぶ。新幹線に乗ったらやっぱ、駅弁でしょ。んで、広島なら「あなご飯」でしょ。まず、飽きないのがいい。安芸だけに。それに、弁当が小ぶりなのがいい。車中では新聞を広げたり、雑誌を読んだりしているので、豪華幕の内弁当だと場所を取って邪魔。そして、これだけ小ぶりでも米の量がそれなりにあるので、腹持ちも悪くない。以上、あなご飯講座。

そうこうするうち、東京到着。あ、前言撤回。あなご飯食べても、すぐ腹減っただ。けど、会議スタートまであと15分ぐらいしかない。会場そばを少し歩いていると、早そうなチェーン店発見。

0930ramen

中華そば、390円也。いかにもな東京ラーメン風。悪くないと思うよ、うん。お腹の足しにはなり申した。

午後5時前、会議終了。帰りの新幹線は最終(だと思う)午後7時30分発を予約していたのだけど、順調にいけば、もっと早い便で帰られるかもしれない。特に急ぐ用事があるわけではないのだけど、最終便だと自宅に着くころには日付変更線を超えてしまう。体調があまり良くないこともあるし、寄り道せずに東京駅へ向かうことにした。会場の水道橋から、15分もあれば着くだろう。

0930soba

と。秋葉原で駅そばを食べた。「寄り道しない」って思うてたのに、なんでそばを食べたかというと。お腹が空いたから(笑) っていうか、なぜ、水道橋から東京駅に向かったはずなのに、秋葉原にいるかというと。電車を乗り間違えた、正確にいうと、お茶の水で乗り換えるはずなのに、何となくそのまま電車内に居残ってしまった。ま、間違えついで、空腹から脱することを当座の目標として、腹を満たしてから東京に向かっても遅くはなかろう。特に用事があるわけではないのだから。

5時半すぎ、東京駅到着。午後5時50分発、広島行きのぞみがあった。行きは500系だったけど、こっちはN700系。あれこれ乗ってみたいじゃん。

ビール2本と軽くつまみ、そして夕刊フジを購入し乗車。タブロイド紙って、列車内で読む時にはコンパクトで好き。田舎の方だと、1日遅れの日刊ゲンダイぐらいしかないんだよね。それに、意外と時間潰しができるし。そんな感じでビールを飲み、新聞を開き、うつらうつらとしていたら大阪。さらに体勢を変えて寝ていたら、中国路突入。夜の新幹線は車窓から見える風景が単調だけど、ビールが飲めるから好き。ま、明るいうちから飲んでもいけなくはないわけですが。

午後10時前に広島着、それから在来線へ。最寄りの駅まで妻に迎えに来てもらった。今日の食事はちと野菜が足りん。キュウリスライスと、シチューを少し食べた。

体が本調子ではないので、日付変更線を待たずに就寝。お疲れさま。よくやった、オレ。

|

2009年9月29日 (火)

大童。大わらわ

昨日がデスク最終日、本日は明日付夕刊の前整理と補助。スポーツの補助という仕事は濃淡があり、今日は「濃」。国体の記録処理にかなりの時間を費やした。カープの試合経過をチェックする時間も取れなかったもんね。

と。

0929tukemen

こんな忙しい日は、食事ぐらい好きな物を食べたいもので。私の愛する冷めん家はあいにく、今日の夜の営業なし。次善の策として別の店へ。「次善」というのは私の好みの問題でして、広島外にはこっちの店の方が有名かも。

仕事後、直帰。録画しておいた「SASUKE」の第1ステージ終了までを見て就寝。さすがに、最後まで3時間見たら、睡眠時間がなくなってしまう。

|

2009年9月28日 (月)

デスク最後デー

今月最後のスポーツ面デスク。通常、月曜日にプロ野球の試合はなく、この日の仕事はどちらかというと淡々と終わることが多いのだけれど、今日は幸いというか、プロ野球が変則日程のおかげでセ・リーグ3試合が開催される。まだまだカープにはシーズン3位、日本一という目標があるわけで、消化試合ではありませぬぞ。

夕飯は食堂で、牛すじうどん+おにぎり。400円と150円で550円也。定食320円、スペシャルランチ450円と比べると、割高感は否めない。けど、今日は炭水化物ガッツリ気分。この満腹感を胸に(腹に)、仕事に勤しもう。

0928udon

仕事後、いつもの店へ。

0928oden

おでんのたまごが、いい具合に黒くなってたのでパチリ。

今日のいつもの店は大盛況。仕事が終わって軽く一杯の私たちだけでなく、早めに街で飲んでいて戻って来た人たちも。あれやこれや、早く帰りたがっている若人を引き止めつつ、笑ったり、語ったり。

|

2009年9月27日 (日)

マラソン復活祭

11月3日のひろしま国際平和マラソンに出場すると言いながら、トレーニングは全くせぬまま。夏の暑い盛りに走ったら体に悪いし、なーんて言い訳を言っているうちに、すっかり秋。そろそろ、本格的に再始動しますかね。

というわけで。私のホームグラウンド、宮園公園で1時間のリハビリ走。目標設定速度は10km/h程度、つまりちょうど10キロぐらいを走ることにした。いきなり無理して、膝をヤッたら意味がないしね。ゆっくりと、淡々と。

0927chizu1

0927chizu2

iTrailさんでの計測は久し振り。何だか、以前より精度が落ちているのはなぜ? 完全に山陽自動車道の真ん中に入ってしまってるし、小学校のグラウンドにもはみ出している。しかも、走行距離も全然、違う。うーむ。iTrailはなかなかよくできたアプリだと思っていたのだけど、バージョンアップして何かが変わったのかなあ。ちとがっかり。

1時間しっかり汗をかいた後、クールダウンのためにウオーキング。帰宅してスポーツ飲料を飲んでいたら妻が「あれ? ビールは? ビールの前に水分取ったらおいしくなくなる、っていつも言ってるでしょ? 今日はいいの?」と、畳み掛けるように何度も言ってくる。いいんです、今の状態でビール飲んだら、一気にアルコールが回ってぶっ倒れるかもしれないから。

実を言うと、実を言わなくても、昨夜(今朝ともいう)は飲んで帰った後、自宅でも飲み足し、二日酔いから脱することも含めてランニングをしようと思ったのだ。体もビールを求めていないし、自分に正直になろうってわけ。

そんなこんな。晩酌もなし、休肝日。夜も早めに就寝、っと。

|

2009年9月26日 (土)

秋の宴

9月も残すところわずか。そんな「秋、サヨナラ」企画で、スポーツ面のみんなと一緒に深夜の会食。

0926c

刺身とか、

0926b

豆腐サラダとか、

0926a

炭水化物たっぷりのマカロニをアレしたナニとか。

和洋なんでもござれの店のようで、このほかにも煮物系やら肉系やら、腹がパンパンになりそうなコース料理。お店の名前は…写真の中のどこかに隠されてますよ。興味がある方は、じっくり写真を見てみよう。深夜も開いている飲み放題の店、としてはなかなかよい選択肢かも。

そんなこんなで、未明に帰宅。

|

2009年9月25日 (金)

忘れ物

ケータイ…というか、iPhoneを持たずに家を出てしまった。気付いたのは、ビート号に乗って5分ほど経過した後。普段は玄関を出た後、すぐにポッドキャストでニュースを聴くので、忘れた時にはすぐ気付くのだけど、今日は慌てて出て「ラジオを聴けばいっか」と思い、それが運のつき。ま、ケータイが手元にないならないで、生活に支障が出るものでもない。

仕事の前に労組の臨時大会。次期役員が決まった。これまで1年間、副書記長という職で執行部に入り、思うようにできた部分もあったし、できなかったことはさらに多くあった。次の1年は、さらに重いものがのし掛かってくる。大丈夫なのかしら。

仕事は朝刊スポーツ面デスク。カープはジャイアンツに逆転負け、ホークスはファイターズとスコアレスドロー。どちらも、もう少し、ほんの少し、試合運びがうまければ勝ち切れたのに、たのに。。。それができないからこその今の順位だと思うしかない。

|

2009年9月24日 (木)

再起動

生活のオンオフの切り替えは難しいというけれど。我ながらすごいなあオレ、と思った今日。

仕事は夜勤なので、昨日までのカタギ生活から、6時間ほど後ろに体内時計を倒さなければ、仕事の最中にガス欠になってしまう。昨夜は早めに床に就いてしまったので、無駄に早起きしてしまったらどうしようと思っていたら。ちゃんと寝坊できた。そうそう、ちょい寝坊しとかないと、仕事に差し支えるけえね。←ここ、広島弁を混ぜて、仕事モード突入。

仕事はスポーツ面デスク。プロ野球がない日は静か。本当にびっくりするぐらい静か。9連戦の最後をカープが2連敗してしまったこととは無縁ではない気もするけど、静か。

さあ。カープも、ホークスも反転攻勢の秋。私の永年の夢、「日本3大都市圏が全く無縁の日本シリーズ」実現へ向け、クライマックスシリーズを勝ち抜いてくださいな。の前に、CSに進出してくださいな。ホークスはリーグ優勝どころか、CSの地元開幕の灯さえ、危うくなってんじゃん。

|

2009年9月23日 (水)

シルバーな最後の日

4日間の休日なんて、あっという間ですな。朝から米の飯食べて、明るいうちは遊び回って、深酒せずに日付変わる前に寝る。あぁ~、なんて愉快な生活なのかしら。ま、救いなのは「明日から仕事だ」ということが、苦痛ではないこと。

昼前、実家を出発。小一時間車を走らせ、金立SAで休憩。ここは土産店、軽食コーナー、レストランが充実している。佐賀での最後の食事、何を食べたかというと、

Img_11651

ラーメン。どんだけラーメン好きなのか、と。前回帰省した時の日記にも書いたけど、ここのラーメンは悪くない。佐賀なので(笑)、混雑具合も福岡に比べると全然まし。ラーメンで満足した後は、土産物巡り。SAの建物内だけでなく、テント小屋の数も多く、ちょっとしたお祭り気分も味わえる。

さあ、心のガソリンも満タンになったし、再び車へ。時刻はちょうど午後1時前。実家時代にいつも聴いていたRKB毎日にラジオを合わせ(周波数1278kHzは覚えてるもんね)、ホークスの中継をお供に楽しいドライブ…。のはずだったのに、のに。。後手後手の展開の末、神内が替わりっぱなに満塁弾被弾。あちゃちゃ。そうこうするうち、車は山口県を東進し、RKBを受信できない地区へ突入していったのであった。ま、試合展開が展開だったんで、別に惜しくもなかったんだけどね、ふっん!

午後5時ごろ、自宅到着。ほぼ順調。夕飯は、塩系豚鍋。家族そろっての鍋はうまいべ。〆はちゃんぽん。あっという間に過ぎた九州生活の思い出と一緒にすすりましょ。

日付をちょっと超えたとこで就寝。早寝早起き生活が板に付くと、逆に仕事に悪影響出るんだけどなあ。変なの。

|

2009年9月22日 (火)

シルバー3日目は武雄

これは私だけではないと思うのだけど、帰郷したら必ず、馴染みのラーメン店へ行く。実家は有田だが、高校は武雄に通っていたので(15キロほど「国鉄」通学)、ラーメン店の所在地も武雄。私がラーメンを食べに行くというと、父は必ず小馬鹿にしたように笑い「わざわざラーメンば食べにね?」と言う。父はラーメン愛がないからねえ、私の行動は理解できないんでしょうなあ。

そんなわけで、「餃子会館」へ。またの名を「もしもしラーメン」。

Img_11491

ラーメンに餃子。うまか、うまか。熱々のホワイト餃子をラーメンにぶち込み、水餃子風にしてもうまかとよ。

Img_11501

こんな感じ。うまうま。もちろん、替麺もね。

お腹は満足、さて次に行く場所は。当初、吉野ヶ里遺跡に行こうかと思ったが、あいにくの雨。遺跡はまた晴れた日にでも行くとして、今日はもっと近場で子どもが喜びそうなとこにしよう。ラーメン店の座敷で開かれた家族会議の結果。妹提案の「メルヘン村」に決定。動物と触れ合えて、しかも遊園地風の施設があるらしい。故郷を離れて20年以上。私の知らない施設が、確実に増えている。

もしもしラーメンから車で15分ほど嬉野方面へ。案内看板に従って走ると、駐車場が広がっていた。

Img_11521

雨とはいえ、園に入ると寂れ感バツグン。入場料1000円の価値は…と、ケチ臭いことを言いたくなる。ところがどっこい。思ったより園内は広く、奥へ進むと動物園エリア発見。Img_11611 Img_11591

動物はリスがメーン。あっちもこっちも、どっちもそっちも、リスのケージだらけ。我が家はリス好きだから、この子ども騙しな感じが心地よい。シマリスちゃんは人に慣れていて、めちゃめちゃかわいい。シマリスだけでなく、タイワンリス、エゾリスもいた。嬉しいねえ。

Img_11631

リスを堪能した後は、ボール広場へ。特大から野球用まで、あらゆる大きさのボールが置いてあり、勝手に遊びなはれ、という姿勢。最初は子どもたちと一緒に遊んでいたのだが、ついたり離れたりしているうちに、父と2人に。気が付くと、父が投げ、私が打つという遊びを繰り返していた。父と一緒にキャッチボールなどをしていたのは、小学校の低学年までだったかなあ。取り損ねるたびに叱られ、遊びというより苦行のような思い出になっている。今日は、あのころ楽しみ損ねた分まで取り返したかも。

そうこうするうち、雨足が強くなってきた。そんな時にも、メルヘン村はちゃんと対応していたのだ。

Img_11531

屋根付きの変わり自転車広場。ぱっと見、ここも子ども騙しぃな感じ満点なんだけど、娘と2人乗りの自転車をこいだりしていると、なんだか楽しくなってくるから不思議。十分に騙され、意外と満足感高し。

暗くなる前、実家に帰宅。今夜は刺身とか豚のショウガ焼きとか。一緒に住んでるころは全く思わなかったけど、母は料理が上手なのかも。畑で取ってきた野菜を使い、ほいほいと追加の一品を出してくれる。

田舎の夜は早い。日付変更線を超える前に就寝。

|

2009年9月21日 (月)

シルバー2日目は博多

連休2日目。義兄、甥×2人と一緒に博多方面へ遠征。目的地は福岡市海釣り公園。噂によると、貸し竿でアジやイワシが山ほど釣れるという。母には「夕飯の準備はいらないよ」と伝えて出発。

伊万里から唐津を経由し1時間半。着いた公園は車と人でいっぱい。待ち時間は1時間から2時間と言われ、しかも「釣果はよくありません」という看板付き。仕方がないので目的地を変更。

Img_11391

とりあえず、海岸からの写真を撮って、と↑。次に向かったのは「芥屋」というとこ。この辺は不案内なのだが、調べてみたら「福岡県糸島郡志摩町」らしい。ここにも釣り人がたくさんいたが「ボラばっかいばい」と不満げ。

Img_1140

↑芥屋の波止にて。

ここで買っていた弁当を食べ、次の目的地を模索。さらに博多方面へゴー! 福岡市青少年なんとか館。長浜の近く。

Img_11461

↑鉄道ジオラマ。西鉄だったり、JRの特急はハウステンボス号だったり、地元色豊か。写真がボケたように見えるのは、ジオラマ内のカプセルから撮っているから。自分の顔の周りを列車が走るのを見るのは楽しいよ(…って子どもか)。

Img_11421

↑屋外に展示(放置?)してあった、国産初のヘリコプター。福岡市消防局で活躍をしていたそうだ。シンプルそうな作りが、逆に未来的にも感じる。

Img_11441

↑背振の自然を再現したコーナー。見た目はフツーの木だけど、実は作り物。

第一希望の場所には行けなかったけれど、それなりに子どもたちも楽しんだのでは。

実家に帰宅後は佐賀牛で焼き肉。広島では「佐賀牛」といっても、ブランドイメージも何にもないけど、がっばいうまかばい。機会のある方はお試しあれ。

|

2009年9月20日 (日)

シルバーウイーク

昨日は仕事だったので、私のシルバーウイークは今日からスタート。「ゴールデン」ウイークに対する言葉として付けられたであろう「シルバー」ウイーク。あまり英語が得意ではない私にあれこれいう知識はないけれど、「シルバー」とピタリと対する言葉は「ゴールド」なのだろうと思う。日本のプロ野球で守備の名手を表彰する「ゴールデングラブ賞」に当たる米大リーグの賞は「ゴールドグラブ賞」。アメリカではこれに対応するように「シルバースラッガー賞」なる表彰がある。「gold」を形容詞として使う場合、きっと「golden」とは使い方が違うはずなのだろうけど、ネット上で調べたレベルでは、きちんと解説してくれた人はいなかった。今度、ネイティブな人と会った時に尋ねてみようと思う。

と。
ゴタクはここまで。

朝から佐賀へ帰郷。高速道路代が上限1000円となってから、初めての通行。とか言いつつ、私は「夜勤明けだからシンドイよう」と後部座席で横になり、運転は妻。以前はどこに行くにも私が運転していたから、妻が高速道でも乗れるようになったのは、本当に有り難い。渋滞はさほどでもなかったようだが、事故で通行規制があり、1時間半ほどのろのろ運転。

Img_11371

昼食に寄ったSAにて。うどんやラーメンを求めて大行列。私はというと、自宅から持って来たゆでたまごとゼリー系食品を食べた。うむ、これぐらいでちょうどいいや。口に合わないラーメンを食べることほど、苦痛なことはないから。

いつもは武雄北方ICで降りるのだけど、せっかく1000円均一なのだし、波佐見有田まで行ってみようかと妻が提案。我が実家は「有田」なのだから、その名の付いたICまで行ってみるのもいいかもしれない。

と。有田で降りたら「1210円」という金額の表示(だったと妻が言っていた。私はぼんやり外を眺めていた)。西九州道は別料金なのだろう。それにしても、これまでの通常料金は8000円程度だったから、安くなったのは単純に嬉しい。

都合6時間半程度で実家に到着。畑に出ている父のところに行ったり、実家の実家(「本家」と申しましょうか)にあいさつに行ったり。鼻炎の持病を持つ妻と私は、実家に帰るとくしゃみが出る。応急処置用に妻が買ってきた鼻炎薬がヒット。1カプセルのむと、くしゃみが出なくなった。午後11時前、就寝。むにゃむにゃ。

|

2009年9月19日 (土)

クライマックス…きたんちゃう?

人の心は移ろいやすいものでござります。。。

あれだけ、やれマラソンだ、やれ自転車だ、やれ体力づくりだと言っていた時期があるにもかかわらず。

ここ数日、ビート号での出社あ〜んど直帰が続く。涼しくなったら体を動かしやすくもなるけれど、オープンカーの季節でもあるんだよなあ。体は休ませつつあるのに「食欲の秋」だけは先取り実践中。胴回りがヤバいサイズになる前に、マラソンの練習を再開せねば、ねばねば。

仕事は朝刊スポーツ面デスク。ついに、ついにっ! セ・リーグの3位から5位までが0.5差に3球団になりましたがな。明日、いよいよ明日、カープが勝ったら、こりゃ派手な紙面を作らにゃいけんでしょーが……って日には、私はデスクじゃないのよねん。残念。。。楽しみにしとりますけぇ。

仕事後、24時間スーパーに寄った後、帰宅。食事してたら内頬を噛んでしまい、血ぃダーダー。「口の中の出血は止まりやすい」って言うけど、意外とそうでもない。つばを吐くとか、ガーゼを噛んでしのぐとか、対応がしやすいだけなんじゃなかろうか。

そんなこんな。ついつい夜更かしをしてしまうんだな、これが♪

|

iPhoneアプリ・久々

前回の購入したiPhoneアプリ紹介エントリから、3カ月以上が過ぎてしまった。その間、いくつかのアプリを購入したり、逆に使わなくなってホカしてしまったり。色んなことがあったので、久々に更新。ま、例によって例のごとく、使い勝手についての感想はあくまで主観ですんで、参考程度までに抑えておいてくださいませ。責任は負いかねるんで。

「いつもナビ 地図+ルート」(1800円)…地図といえばゼンリン、前輪といえば降臨。彼らが総力を挙げて作った(と信じたい)ナビアプリ。私としてはこんな感じで、

0609iphone

ビート号の簡易カーナビとして使うつもりだった。
が。
いつまで経っても不具合の修正をしてくれない。この8月、ようやくバージョンアップしたと思ったら。「いつもNAVI」と名を変え、新たに2800円で購入しろとおっしゃる。しかも、これまで使っていた「いつもナビ 地図+ルート」は「いつもNAVI Lite」という下位バージョンに位置付けられ、名称も変更。フルバージョンを使いたければ、毎月350円払いなさい、月々の支払いが惜しければ2800円で新バージョンを買いなさい、という高飛車な態度。しかーも。新バージョンを購入したとしても1年間を限度としてしか使用できないという但し書き付き。
まあ、値段の設定をするのは開発者側でしょうし、それが不満なら買わなければいいだけの話ではありますが。ヤな感じを覚えているのは、私だけではアルマーニ。
ちなみに、この商売姿勢はネット上でかなりの酷評を受け、旧バーションを使っていたユーザーが新バージョンを購入した場合、1800円のキャッシュバックが始まった。つまり、実質負担は1000円。ただ、キャッシュバックの方法を説明したサイトを読むと、何やら面倒臭いことがあれやこれや書いてある。目の前の顧客が見えない中で商売してらしたから、こんな感じにしかできないんでしょうかねえ。アプリそのものには可能性があるだけに、残念至極。

Toystory

「Toy Story Mania」(600円)…アメリカのディズニーランドには、トイ・ストーリーのアトラクションが既にあるようで、そのアトラクションを基にしたゲームらしい。ミニゲームがいくつか入っており、そこそこ楽しめる。特に、私と同じようにPIXARアニメを愛している人は、ゲームの出来を云々する前に、自然と顔がほころぶはず。なお、App storeの説明書きは日本語だけど(直訳ソフトを使ったような)、アプリを立ち上げたら英語オンリーなのでご注意を。ゲームの操作方法は画像で教えてくれるので、英語が理解できなくてもたぶん大丈夫。

「The Nightmare Before Christmas Jack's Pack」(115円)…ナイトメア・ビフォア・クリスマスのアプリ。…といっても、20枚の絵を見ながらナイトメアのテーマ曲を聴けるだけ。しかも、20枚中15枚は、ストップモーションアニメとは似ても似つかぬペッタリとした絵。映画の雰囲気がある、もしくは劇中から持ってきたらしき画は5枚だけ。ここで怒ってはならぬ。115円はテーマ曲の代金。20枚の絵はおまけだと思えば、逆に儲けたような気持ちになれるかも。NBCファンの方なら、騙されたと思って。

「Disney Fairies Fly Lite」(無料)…ディズニーついでにもう一つ。Liteが付いてない本格バージョン(600円)のお試し版。ティンカーベルと一緒に、妖精と飛んで遊ぶゲームらしい。「らしい」というのは、このアプリ、やたらと重く、途中でよく落ちるので、まともにやったことがない。ゲームが始まる前に流れる45秒間のアニメは、映画クオリティ。この絵を見るだけでもDLの価値あり。

「らじおたっち」(無料)…インターネットラジオ放送サービスlivedoorねとらじの番組を聴取するアプリ(以上、説明書きより)。そもそも、「ねとらじ」ってサービスをこれまで知らなかったんですけど。素人さんらしき人がやってる音声ブログってとこなのかしら? いくつか聴いてみたら、ぐだぐだ感が心地よい。まだ酷使していないけど、やり始めたらハマるのかもね。

最後に。

最近とんと使ってないアプリたち
●「Google Earth」…重いっ!
●「ウェザーニュースタッチ」…天気予報なのによく外れるので意味なし。
●「産経NetView」…新聞をこの画面で読むのは疲れる、新聞代ぐらい払うわ。
●「手塚治虫アプリ(手塚治虫マガジン)」…コマを拡大して見たり、縮小してページをめくったり、動作が煩雑。酔いそう。
●「あらたにす」…すぐに各新聞社のサイトに飛ばされ、ブラウザを使って読むことになるのでアプリとしての意味がない。

「タダより高い物はない」と言うけれど、これらのアプリはタダばかり。タダってことで、提供する側も安易に妥協するのかなあ。多少のお金は払いますんで、ちゃんとしたアプリを作ってくださいませ。

|

2009年9月18日 (金)

ゲーム差とか、よゐこの話とか

未明に帰宅する時、半袖では肌寒くなってきた。というわけで。この秋の長袖シャツデビューの日。ところがどっこい、意外と気温は低くなく、風のないところはちょい暑。おかげで、ちょっと走っただけで大汗をかいた。うまくいかんもんですなあ。

仕事は朝刊スポーツ面デスク。広島は今、燃えている。かつて、プロ野球の3位争いで、ここまで盛り上がったことがあろうか。あたかも、ジャイアンツとドラゴンズは世界に…セ界に存在せず、タイガース、スワローズ、カープの3球団が優勝争いをしているかのよう。今日はついに、3球団がゲーム差1.5に中にひしめく状態になった。

パの方だって負けてはいない。ゴールデンイーグルスが、球団創設後初のクライマックスシリーズ(CS)へ向け、スパートしてきた。鷹党の私としては想像したくないのだけれど、ゴールデンイーグルスがCSに出たら、岩隈、マー君の2枚看板をフル登板させて一気に頂点…というシーンが浮かんでしまう。もちろん、現在1、2位にいるチームだけでなく、元王者・ライオンズだって諦めてはいない。

というわけで。12球団中、9球団に日本一のチャンスがあるといえる。残りの3球団? 申し訳ないけど、今の時点で勝率5割未満が確定してしまっていて、今季の残りの戦いよりも来季のコーチ陣の人事にばかり目が行っているチームが快進撃を起こすことがないってのは、歴史が証明しとりますから。残念。

仕事後、直帰。きのう途中まで見た「無人島生活」を最後まで消化するには、直帰するしかないとです。2日がかりで3時間特番を見終えた。期待通り…っていうか、何か過大な期待をして見ているわけではなくて、よゐこの2人は見ていてほっとする何かを持っているのだ。

私がよゐこを初めて見たのは忘れない、深夜番組のゲストだった。話題のシュールコントのコンビがゲストです、とアシスタントが呼んだ後、2人が登場。散髪店に入って「たくあんにしてください」というと、たくあんを頭に乗せられるというネタを演じたのが、よゐこだった。司会は舛添要一さんで「舛添さんも、やってくださいよ」と促され、頭にたくあんを乗せられていた。

調べてみたら、私の記憶に合致する番組は日テレ系「EXテレビ」。放送期間は1990-94年。シャバダバ〜♪ の「11PM」の後番組だった。よゐこは90年春に高校卒業後、91年ごろから活動しているようなので、割とデビューから間がないころだろう。コントは正直、あまり面白くなかった。「『シュール』って言えば、何やってもいいと思ってんじゃねーの?」と、いら立ちさえ感じた。けど、なぜ、その時のことを覚えているかというと、有野君の顔を見ているとほっとしたから。「めちゃイケ」「ウリナリ」をずっと欠かさず見ていた時期があるのも、よゐこが出ているというのは大きかったなあ。

今や、「紅白」の裏番組を任されたお笑いの大御所コンビ(?)と、首相候補にも名前が挙がっていた自民党参院議員。この3人が頭にたくあんを乗せ合い、「オレ、滑ってないか?」という表情で顔を見合わせている番組があったのだ。あぁ、90年代って良かったね。

|

漢字の勉強

先日から夜な夜なやっているmixiの「通信制 能力大学-漢字テスト」。1時間ぐらい続けてやっていると、同じ漢字が何度も出てくる。けど、読めなかった漢字は、次に出てきても読めない。というか、「読めない」のではなく「知らない」単語なのだから、読めようがないのだ。

で。
やり方をあらためることにした。

(1)知らない単語が出てきたら、当てずっぽうに答えず、その時点で止める
(2)止めた後、その単語をメモ書きする
(3)知らない単語は、辞書で意味を調べ、自分の語彙に加える努力をする

もはやゲームでも何でもなく、お勉強。このお勉強方式でやれば、同じ間違いを繰り返すことはない。

16日未明、この方法で2時間ほど試してみた。ら。何とか数問だけ、自己ベストを更新できた。このまま一気に突き抜けられるかと思ったけど、自己ベストを更新するやいなやアズスーンアズ、次には必ず見ず知らずの方が出ていらっしゃる。

私たちの仕事は、魚や野菜はカナ表記するという決まりがあるので、そっち系は弱いんだよね(はい、言い訳です)。そこを狙ってくるのか、「牛尾魚」だ「春告魚」なんてのが現れる。「春告魚」ってのは、今はメバルのことなんじゃねーの? と文句を言っても、相手は機械。ダメなものはダメ(by土井たか子さん)。

そんなわけで、お酒を飲みながらではなく、時間に余裕がある時に、これからも少しずつお勉強しようかなと。目標は「マイミクさんの中で2位」。ガンバレ、オレ。

| | コメント (2)

2009年9月17日 (木)

バーガーば

社員食堂で変わったメニューをハッケーーン!

Img_11341

「佐世保風バーガー」と書いてある。「佐世保バーガーっぽい」という意味であれば「佐世保バーガー風」だと思うのだけど、「風」で終わると何か変。ということは「佐世保バーガー風バーガー」と書くべきなのかしら、と思ったり。

ここでハンバーガーの思い出話を。私が育った田舎町には、マクドナルドもモスバーガーもなかった。かろうじて、佐賀市内などに出掛けた時にロッテリアを見たことがあるぐらい。そんな私だけど、ハンバーガーは時々食べていた。鉄板の上でパンとハンバーガーを焼いて目の前で作ってくれる店がいくつかあったし、母が自宅で作ってくれたこともあった。

父も母も佐賀県出身で、私も物心付いてから18歳までは佐賀の有田で過ごしたので「佐賀県出身」と言っているが、生まれた時には佐世保の郊外に住んでいたらしい。「佐世保バーガー」という呼び名は、ここ最近できたんじゃないかな。当時はそんな言葉は聞いたことがなかったし。広島の人がお好み焼きのことを「広島風お好み焼き」と呼ばないのと同じようなもの。

と。

今日のメニューは、どの辺が佐世保風なのかなあ。きんぴらゴボウとサラダが付いてるので、栄養バランス的には悪くないとは思うけど。

仕事はスポーツ面デスク。ホークスは昨日までの7試合●●●●○○●。ファイターズと全く同じで、ゲーム差は縮まりもしなければ、開きもしなかった。今日もお互いに白星同士かと思っていたら…。九回に痛恨の被弾、十回サヨナラ負け。とうとうゲーム差が3.5に開いてもーた。ガッカリ。

|

2009年9月16日 (水)

(…前日から続く)

息子のために、こんなことをして遊んでいたら、あっという間に朝。妻は絵本の読み聞かせ会で、小学校に出掛けるという。普段は息子も一緒に行くのだけど、今日は私の仕事は休み。どうするかと尋ねると「パパと一緒にいる」と言う。そんなわけで、徹夜のまんま(お酒も残ったまんま)、息子と一緒に留守番。

何かビデオを見たいというので最初、スター・ウォーズの字幕版をつけてみた。けど、予想通り、言葉は分からないし、3歳児にスター・ウォーズの世界観が理解できるわけもない。10分ほどで退屈し始めた。結局、いつもの通り、仮面ライダーの劇場版。今回選んだのは電王。オーナー役で「世界の車窓から」の石丸謙二郎が出てるってのは、大人向けの軽いギャグなんだろうなあ。

そうこうするうち、妻が帰って来た。ちょっと寝ようZZZzzz…

午後から散髪へ。さっぱりしたぜ。帰宅後、も一度昼寝ZZZzzz…

そんなこんなで夜。家族が寝静まった後、深夜の映画観賞タ~~イム。生活のリズムがめちゃめちゃですな。

|

2009年9月15日 (火)

食は生きる基本

この会社の社員食堂では、色んなことで驚かされる。行かずに済むものならそうしたいが、仕事の合間を使って10分程度で食事をしようと思ったら、この選択肢しかない。

今日の夕定食はサンマ。おぉ、サンマの塩焼きで白飯食べたらおいしだろうなあ…と、販売機に向かったら。おばちゃんがこっちに向かって、

「ごめーん、ご飯がなくなったんだけどいい?」

は? ご飯がなくていいはずないでしょ。基本がなっとらんですよ、基本が。

というわけで。

Img_11291

会社の近くの店で、台湾ラーメンセット。「ちょっと辛めにして」と頼んだら、めちゃ辛だった。汗が噴き出すわ。うまうま。

仕事は朝刊スポーツ面デスク。セ・リーグのクライマックス争いが熾烈になってきた。カープファンは自チームの勝敗だけでなく、タイガース&スワローズの勝敗とゲーム差が気になることだろう。というわけで。今日から、こんな物を入れることにした。

Cs_2

通常、順位表に書いてあるゲーム差は、上のチームとの差。この新たな表では、カープがライバル2チームと何ゲーム差なのか、一目で分かるようにした。いかがかしら?

仕事後、あれこれ後始末をして帰宅。家に着くのが遅くなってしまった。録画しといたニュースなどを見ながらビールを飲んでいるうちに…(明日の日記に続く)

|

イチローは最強の打者であった

昨日、イチローが9年連続200安打を達成した。大リーグで初の快挙。イチローは最強の打者かというやつを書いたのが8月21日(内容は、松中のヨイショだけど)。記録達成はすぐだと思ったものの、ふくらはぎを痛めて欠場があったり、順風満帆とはいかなかった。ともかく、イチローってすごいや。

と。
これから、イチローのバッティングのどこが優れているかを語ろう…てなわけではなくて。自分の実感から一つ、イチローのすごさを挙げとこう。何がすごいかって「ここぞの安打は待たせない」とこ。

時差の関係で、大リーグの試合って日本の午前中のことが多いでしょ。節目の安打が夕刊に間に合うかどうか、やきもきしそうな時。イチローは必ず、早い打席で記録を達成してくれる。そして、日本中の紙面に「イチロー」の大見出しが出る。たぶん、紙面の締め切り時間を馴染みの記者に聞いていて、そこに間に合うように打ってくれる…じゃなくて、打ってあげてるのだ。

昨日もきっとそう。雨のため、4時間半、試合開始が遅れた。ダブルヘッダー第1試合で1安打し、今季の安打が199。第2試合が始まったのが、日本時間の午前10時。

「試合が雨で遅れなければ、どの打席で打ってもよかったんだけど。これだけ遅れてしまったら、第2打席までに打てば夕刊に間に合うな」

…とイチローが言ったのかどうかは知らないけれど。スターのことを「見出しになる男」と表現することがある。けどね、見出しになるには、新聞の締め切りに間に合わんといけんのんよ。新聞に間に合わせる男。彼こそ、まさに「見出しになる男」だなあと思ったのであった。現場では「新聞記者泣かせ」と言われることもあると聞くけど、紙面編集の側からは「整理記者泣かせ」ない人。

これからも、有言実行、時間厳守での記録達成、お待ちしております。スター、バンザイ。

|

2009年9月14日 (月)

米と米とクラブ

会社の食堂は、ちょっとアレだし。
弁当を買って食べるのも、揚げ物が多くてアレだし。
外食にしても、仕事の最中は忙しくて、遠くまで行けるわけじゃないし。
カップラーメンもなあ…

…ってなわけで。自宅に残った「飯」だけを詰めて会社に持って来てみるデー。

Img_11271

↑これ、昨日持って来た雑穀米。ごま&塩を掛け、味噌汁と一緒に食べた。もぐもぐ、もぐもぐ噛むと、味わい深くてうまい。

Img_11281

↑これ、今日持って来た赤飯。ごま&塩を掛け、味噌汁と一緒に食べた。もぐもぐ、もぐもぐ…。っと、このままだと昨日と一緒。今日はサバの焼いたやつとか、総菜を買ってきた。

こうやってあらためて味わって食べてみると、雑穀米ってうまいんだなあ。これからは、おめでたい日も赤飯じゃなく、雑穀米でいいんじゃね? ただ、雑穀米はおにぎりじゃない方がいい。玄米もしかり。おにぎりにするのは、キラキラの白米。雑穀むすびって、何だかもさもさしてヤなのだ。

仕事は朝刊スポーツ面デスク。イチローが9年連続200安打を達成した。この件に関しては、あらためて別エントリで書こうかなと。

|

2009年9月13日 (日)

今年は当たり年かも

仕事は、明日付夕刊スポーツ面の前整理と、朝刊サブ。プロ野球はタイガースを除き、5試合がデーゲーム。あまりバタバタとすることもなく、ゆっくりと時間が進む。カープが今日勝っていれば、勝っていれば…。

仕事後、直帰。録画しておいたF1イタリアGPを見た。スポーツ面の記事で既に結果を知ってはいたの残念だけど(読まずに済まそうと思ったが、仕事なので無理)、面白いレースだった。

ここ数年、マシンの差がありすぎるのか、上位チームはどんどん逃げる、下位チームは周回をこなすのが精いっぱいという感じのレースが多く、正直言って退屈な展開ばかり。今年は、過去に4強と呼ばれていたチームが下位に甘んじ、ブラウンGPやレッドブルなどがレース巧者ぶりを見せている。特に今日のレースは、バリチェロ、バトンのドライバーの力量はもちろん、ブラウンGPの作戦勝ち。野球でもそうだけど、大金使ったチームを、さほどお金のないチームがやっつけるのって痛快だもんね。これに対し、フェラーリ、マクラーレンはどう巻き返してくるか。久々に、秋風の吹かない手に汗握る日本GPが見られるかも。

|

2009年9月12日 (土)

これでも親なので

仕事休み。「iPhoneの集い」という実に興味深い大会(飲み会みたいでしたけど)にお誘いいただいたのだけど、子どもたちと過ごす時間を優先させた。

夕方から子ども3人を連れて散歩。息子(3歳)が、どんどんヤンチャになっていく。娘たちとは違い、散歩に行くといきなり走り出し、どこへ行くか分からない。そして、こける。泣く。そんな時、ただ普通に「だいじょうぶ? よしよし」とやっても、あまり効果はなさそうな気がした。男の子ってのは、新たに興味のあることを示せば、泣いていたことを忘れ、再び遊び出すものだ。私がそうだった。

で。こけた息子を抱き上げ、立たせてすぐ、両手を握り「あんよは上手♪ あんよは上手♪」と歩かせてみた。予想はピタリ。泣き顔はすぐに笑顔になり、嬉々として歩き出した。おぉ、これはいいことを発見。買い物に行って愚図ったりしたら、今度からこの手を使おう。

|

通信制 脳力大学-漢字テスト

先週だったか、久しぶりにパソコンからmixiにアクセスしたら、あれやこれやアプリが追加されていた。私に招待らしきものがあったのは「マイミク通信簿」と「通信制 脳力大学-漢字テスト」。通信簿の方は、何度かやってみたけど、友人たちを二択していくってのがあまり気乗りしないなあ。きれい事を言ってるんじゃなくて。自分がどう見られているのかを知るのは面白いけど、他人についてとやかく言える立場じゃないしね。

もう一つの漢字テスト。私はこう見えても(どう見えてるんだか)、活字で飯を食ってるわけでして。少なくとも、世間の平均か、それのちょい上ぐらいは漢字を知ってるはず、と思っていたし、そうでありたい。仕事から帰った早朝、試しにやってみた。

何度やっても20数問目辺りで分からない漢字が出てくる。「ひかくてき よくできました」と表示されるので、恥ずかしいレベルではないのかもしれないけど、何だかカッコ悪い。大学の先輩で国語を専門としていらっしゃるKawさんは「848問」。いやはや、言葉が見つかりませんで、「流石」としか言えませぬ。

というわけで。ここ数日、「不知火」「欠伸」「感慨無量」「彼我」「紫陽花」ぐらいの言葉を何十回、何百回と見ている。ちょうど、10~20問目ぐらいに出てくる言葉なので。この漢字テストを始めると、時間がたつのを忘れるぐらい熱中してしまう。睡眠時間を削って何やってんだろ、と思った時はもう手遅れ。

ま、皆様も、お暇でしたらお試しあれ。意外とムキになりますぞ。

| | コメント (3)

2009年9月11日 (金)

電話鳴る鳴る

iPhoneは「phone」なのに、電話としての機能をほとんど使っていない私。今日は珍しく、何件も電話があった。ありがたい電話あり、驚く電話あり。そのうちの一つが、メグ・ライアンさん(自称)から。お元気そうで何よりですわ。最近、会社関係者以外と会うことが滅多にない。いけないねえ。近いうちに飲みに行きましょうと約束。

Img_11161

ガッツリと白い飯を食べる気力がなくて、今夕は軽めにラーメン。メニュー名によると「大阪ラーメン」なのだそうである。白菜とニラが乗っていて、サッパリしたまとめ方は悪くない。けど、大阪でこんなラーメンは見たことないんだけどなあ。

仕事は3連チャンのスポーツ面デスク。今日は大人しく、帰っときましょうかねえ。。。

|

2009年9月10日 (木)

コイCS、見えた

今日も朝刊スポーツ面デスク。カープはスワローズに3連勝、夢が現実になってきた。神懸かり的な九回の逆転劇。優勝するチームというのは、こういうツキを持っているものだ。ひょっとして…と思った日。

仕事後、いつもの店へ。

|

2009年9月 9日 (水)

クライマックスへ

少しずつ涼しくなってきた。深夜になると、寒いぐらい。自転車も、オープンカーも、ランニングも今は一番いい季節。どの移動手段を選ぶか、迷うぐらいに楽しい。それに、食欲の秋の方もね。食いしん坊万歳、の季節。

Img_11151

そんな季節に、食堂で食べた今日の定食。鶏肉のナントカカントカ。たとえ…なメニューでも、白い飯と卵があれば、何とかなる。空腹は最良の調味料なり。

仕事はスポーツ面デスク。カープの順位はまだ5位だが、スワローズに3連勝すれば、クライマックスシリーズが、現実の目標として見えてくる。口では「3連勝」と言うものの、たやすいことではないのは誰もが分かっている。そんな中で、昨日、今日と2連勝。気持ちはグングン盛り上がるけど、クライマックスはまだ先。その日へ向けて、今日の紙面は控えめに。

仕事後、いつもの店へ。

【自転車走行記録】パシフィック号:総走行2406.4キロ

|

2009年9月 8日 (火)

これも「ドラマ」チックな出来事

仕事は明日付夕刊スポーツ面の前整理と、今日組み朝刊スポーツのサブ。カープは勝ったし、ホークスも。ルンルン気分で、野球の記事を選びましたとさ。

ビート号にて出社、直帰。

深夜から未明、録画しておいたドラマを順番に見ていたら…こんなことになってしまった。がっかり。残念。無念。しかも、その後の自分の行動が、さらに傷を深く、取り返しのつかないことをしてしまったのであった。

|

2009年9月 7日 (月)

探険しよう

仕事休み。夕方、広島のちょっとした裏通りを探索。何度も行ったことのある地区でも、通りが1本違うと、全く違う表情を見せる。

まだ明るい時間、迷い込んだ路地は、裏通りのにおいがする。40年も生きていれば、少しずつ嗅覚が鋭くなってくるのだ。

そこに見たものは…

Img_1111_4   

ポルノ系のポスターが張られた壁。何やら、映画館風の建物にも見えるのだが、シャッターは降りている。 ポスターの上に書かれた公開日らしき数字は「12/●~」。まだ、12月には遠い。潰れた映画館なのか。潰れたのなら、ポスターを撤去するよう、近隣の人は求めないのだろうか。

そんなことを考えながらうろうろしていたら、新聞の夕刊を配達している自転車が私の目の前で止まった(いつも配達、ありがとうございます)。そして、閉じられたシャッターの口から、新聞を1部入れ、そして去って行った。うーーむ。夕刊を購読しているってことは、誰かがいるはず。ひょっとして、夜だけ開いているのかな。また、調べてみよーっと。

あ、そうそう。掲載した写真。わざと手ぶれさせて、しかも、ものすごーく画質を落としたのだけど。サイズを小さくすると、見えてないはずの物が、見えているように感じてしまうのはなぜ? 

夜、密会。こうやって、ブログに書く時点で「密会」ではないけどね。

最終電車で帰宅。

|

2009年9月 6日 (日)

飛び石出勤

最近、あまり聞かなくなった言葉の一つが「飛び石連休」。お笑いコンビの名では聞くけど(それも最近は減りつつ…)、本来の意味では聞かない。祝日に挟まれた日が休日になる通称「オセロ法」が成立し、実際のカレンダー上での飛び石連休が減ったんだろうなあ。それに、飛び石になったら、間の日を休む人も増えたのかもしれない。

カレンダーの色と無関係に交代で休みを取る職場だけど、というか、だから、カレンダーの色と無関係に飛び石連休がある。今回の場合は、昨日と明日。「飛び石連休」って呼ぶと何だか良いことのようだけど、仕事のペースからいうと「飛び石出勤」の方が実情を表している気がする。何かこう、リズムがうまくいかなくなるのだ。

仕事はスポーツ面デスク。

Img_11081

写真は、食堂で食べたハンバーグのデミグラス何とか。えぇ、空腹は満たすことができましたです、はい。冷たいハンバーグを食べると、小学校の給食にあった「新幹線ハンバーグ」を思い出す。こういう名で呼んでた人、佐賀県民以外にもいらっしゃいます?

|

2009年9月 5日 (土)

新居訪問

会社の仲間、コニカミルタ君(仮名)が新居を建てた。…のは、いつのことだっけ? かなり時間が過ぎてしまった。今は支局勤務中のコニカミルタ君(家名)。なかなか遊びに行く機会がなかったが、ちょうど今日はオフの日。コニカミルタ君(亀井)もちょうどこっちに戻ってきていた。そんなわけで、お宅拝見~。

003

まずは外観。最近流行している(?)ガリバリウム。ま、うちは何年も前に、ガリバの家を建てたけどね(自慢かいっ!)。シンプルな外観で、中にも期待ができる。

Img_11011

2階のダイニングリビング。3階建てだけど、各フロアーはほぼ1室ずつ。そうそう、こういうのが贅沢なんだよね。日曜日の夜にやってる「匠の技」では、いっつも壁をぶっ壊して、広さを感じる空間を作っているし。

Img_1103

で、3階。たぶん、一番の自慢のフロアーはここだろう。開放的なガラス窓の中にあるのは、風呂。毎日が露天風呂気分。これはいいねえ。実は私も、全く同じようなことを考えていたのだけど、あれやこれや利便性を求めているうち、図面から消えてしまっていたのだった。日常空間である自宅を、どれだけ非日常空間にする決意ができるか。そこんとこが家造りの難しさであるし、楽しさでもあるわけだ。コニカミルタ君(下命)、楽しゅうござりましたぞ。

そんなこんな。快適な風呂に入らせてもらった後、夕方帰宅。こちとら風呂も済んだし、後はビールを飲むだけだと思っていたら。妻から「息子を風呂に入れろ」指令。一気に日常空間に入り込みましたな。しかも、夕飯の準備はゼロ。お次は「餃子にするので、食べたければ早めに自分で作りたまへ」指令。ま、空腹をすぐに満たす何かがなかったのは誤算だったけど、娘たちと一緒に餃子を作るのは楽しい時間でもあった。

| | コメント (4)

2009年9月 4日 (金)

一日は意外と長い

朝から労組の大会。張り切っていきましょう。

(午前の部、終了)

午後も張り切っていきましょう。

(午後の部、終了)

夕方から仕事。今日は朝刊硬派面補助。大会で8時間働いたような気持ちになってるから、自分の中ではダブルヘッダー。気持ちが張っていれば、眠たくないのだ!…っと、自分に言い聞かせてみる。

仕事後、いつもの店へ。

Img_11001

写真は、大の先輩が考案した「焼きラーメン風焼きそば」。ラーメンの出汁を使い、麺を焼いてもらう。 まさに「出汁」が利いてるから、うまうま。今度からこのメニューは「大の焼きそば」と呼ぶことにしよう。こうして、「いつもの店」の定番メニューは、職場の人の名が付いていくのであった。

|

2009年9月 3日 (木)

何でも焼いてしまえばいいかも

先日、コンちゃんが食べていておいしそうだったので、試してみたのがこちら。

Img_10971

カップタイプの「焼きチキン」。袋とは違い、UFOなどのように湯を注ぐ。で、湯切りの時がポイント。捨てるのではなく、マグカップに注ぐ。するってーと、焼きチキンを食べながら、チキンスープをすするという一石二鳥な食べ物ができるのであった。

Img_10981

↑うーむ。写真を撮ると、色の薄いUFOみたいで、感じが出ないなあ。割とイケるんで、興味のある方はお試しあれ。

仕事は朝刊スポーツ麺…じゃなくて、スポーツ面デスク。ちぃとイラついてしまい、反省。

いつもの店で軽く食べた後、会社でcome in、仮眠。明日は朝から用事。

|

2009年9月 2日 (水)

壊れ…てない

先日書いた「ビート号のエアコンが壊れた」話の続報。

今日はビート号で家を出た。ビートのエアコンは最近の物とは違い、フル手動。「AC」のボタンを押すと、冷たい空気が出てくるはずなのだが、生ぬるい風しか出てこない。やっぱ、壊れてるのかなあ。エアコンを切り、窓を開け、外気を入れながら走るのだけど、めちゃめちゃ暑い。というか、外気が入ってきているはずなのに、ダッシュボードから熱風が吹き込んでくるのはなぜだろう。

あ!

ここでようやく気付いた。フル手動エアコンは、温度調節もつまみをひねる。なぜだか知らないが、このつまみが赤い方、つまり暑い方にひねってあった。そりゃ、暑いわな。このつまみを青い方にひねってみたら。あ~ら不思議、冷たい風が出てきましたとさ。

仕事は朝刊スポーツ面デスク。

Img_10921

今日の夕飯は「ザ・炭水化物」の麺定食。温かいそばと、おにぎり2個。腹持ちはそれなりに。

プロ野球の延長戦はなかったけれど、IOCが公表した2016年夏季五輪招致4都市の評価報告書の記事。そもそも発表の時間が夜だったし、公表された内容を見て、それからサイド記事、解説記事が出てくるわけだから、かなり時間がずれ込んだ。胃が痛くなる思い。

仕事後、直帰。玄関のヤマトヌマエビさんに「ただいま」の挨拶をしようとしたら…ご臨終だった。出掛ける時は元気だったのに。残念。

|

2009年9月 1日 (火)

ひろしま国際平和マラソン

毎年11月3日の文化の日に「ひろしま国際平和マラソン」というものがある。私が勤めている会社が関係しているので、あちこちから「お前も出たら?」と声を掛けられたことがあるのだけど、そのたびに「へへっ」と笑ってやり過ごしていた。

けど、今年は違う。3月に江田島かきカキマラソンに出た後、「もっとタイムを縮めたい、もっと走りたい」という欲求が強くなり、「ぜひ参加しよう」という気持ちになっていた。

そんなひろしま国際平和マラソンの受け付けが今日から始まる。「9月になったら、いの一番で事務局に行こう」と決めていた。今日になって気付いたのだが、ネットでは8月中から先行受け付けしていたらしい。ま、会社と同じビルにあるので、出社のついでに直接行ってみることにした。

申し込みは、おおざっぱにいうと個人の部とグループ部に分かれている。かきカキマラソンと同じように「広島ブログマラソン部」で申し込めばいいか、と思っていたら。スタートの整列は個人、グループの順らしい。うーむ、グループに入りたいけど、タイムを気にするのなら、なるべく前からスタートしたい。これは困った。とりあえず個人で申し込みは済ませたけど、これでよかったのだろうか、まだ悩む。

仕事は朝刊硬派面補助。衆院選の開票の日、翌日の確定票掲載の日とも何事なく終わり、ようやくほっとできるところ。今日は、首班指名の日程やら、連立協議やらの記事がたくさんあった。確実に、世の中は動いている。期待が高い分、それを裏切られた時の反動は大きい。物事を変える時には、継続よりも大きなパワーが必要だし、摩擦も起きる。すぐにできること、できないこと、すぐにやるべきこと、そうでないこと。そういう優先順位を付け、整理しながら進めて欲しいと思うのだった。

仕事後、いつもの店へ。2日遅れの打ち上げ気分。

Img_10891

新サンマを食べた。うまうま。サンマは酒のアテにも、ご飯のおかずにもなるごっつぉ。サンマがあるというだけで、私の中で「秋」の評価は高くなる。

早朝帰宅。

【自転車走行記録】パシフィック号:総走行2398.9キロ

|

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »