« お盆…こぼん | トップページ | ディケイド&大花火 »

2009年8月14日 (金)

マニ へ スト

衆院選の公示が18日、投票が30日。解散からいよいよ、決戦の日が近づいてきた。私みたいな「積極的無党派層」は、各党のマニフェストを細かく読んで比較しますわな。そうすると、夢物語的な野党のマニフェストが実現可能なのか、どうすれば実現できるのか、疑問に思うこともでてきたり。そんな時はこれ、与党のサイト。問題点がよく分かるね〜。読んでいたら、政権が代わる前だけど「こうすれば実現できる」という傾向と対策が書いてあるようで、野党のブレーンみたいな気がしてきたんですけど。

とまれ、今回の選挙。個別のマニフェストであれこれ言いたいことはあるし、どの党も帯に短し襷に短し…だとは思うけれど。もし、巷間噂されている通りの政権ができたとしたら。そして、公約で注目度の高い「子ども手当」1人当たり2万6000円をちゃんと支給したら。

私は予言しておこう。我が家は儲かる…ってな話ではなくて。。。そのバラマキ金額以上に、社会が劇的に良い方向に向かうということを。最初は、若いカップルが「子どもが生まれたら得するんじゃん! つくろうよ」という発想でもいいと思う。子どもできたら、ガンバル力って増すからね。日本の政治家さんは「経済数値にならない日本の底力」ってのが、こういうとこで発揮されることを分かってらっしゃらない。

農家の個別補償は産業構造を変えられない愚策だと思うし、高速道路の無料化に至っては受益者負担の原則はどうする、維持管理費は誰が出す、トラックだらけで年中「低速」道路かよ…と、問題点がいっぱーーい。

そんな中、投入額よりも、社会的波及効果(経済波及効果ではない)が最も大きいと思うのは「子ども手当」だけ。出生率が向上し、年金制度への不安も和らぎ、みんなの気持ちが明るくなってきたら、景気も上向いてくるって。経済工学だ云々って言う偉そうな学者がいるけど、景気というのは「何か知らんけど、将来が明るそうだね、えへっ」と思う人が増えれば好転するもの……だと思う。

ま、今日のエントリは私が独断で見たマニ屁スト評価。心に引っ掛かるものを感じた人は、5年後の今日、再びこのブログにいらっしゃい。私の予言者ぶりを知り、驚愕することでしょう。あっはっはっは、男女共学。

|

« お盆…こぼん | トップページ | ディケイド&大花火 »

日々の日記」カテゴリの記事

コメント

通りすがりで失礼します。

民主党は、2020年までにCO2排出量を1990年比25%削減するとしています。
マニフェストには高速道路無料化、暫定税率廃止のほか、地球温暖化対策税の導入についても書かれています。
目標を達成するためには、自動車利用者にとって、高速道路無料化、暫定税率廃止と引き換えに、地球温暖化対策税による今まで以上の負担が必要となります。
仮に増税になっても、マニフェストに記載されていますから言い訳ができますね。
また、首都高速、阪神高速などの渋滞路線は有料のまま存置すると、当初から主張していますね。

一方、高速道路一律1000円は、何の前準備もなく導入されました。土日限定としたのも交通実態を考慮したものではなく、単なるバラマキで大衆受けにすぎません。そのせいで、各地で渋滞が多発し、CO2排出量の増大といった弊害が出ています。その対策は何も打ち出していません。
民主党は、自民党のこの施策を反面教師にすべきですね。

投稿: 通りすがり | 2009年8月15日 (土) 23時40分

>通りすがりさん
色々と解説ありがとうございました。私も個別のマニフェストは詳細に読んでいますけど、採点をするなら、どの党にも良い点、悪い点が混在している気がします。
私の投票先はよくいえば是々非々、実態は優柔不断なウルトラ無党派。かといって「風」に乗ってしまうほど素直でもない。
いよいよ明日は公示の日。ま、数日間考えて、期日前投票に行って来ます。不在者投票の時代から、事前に投票するのが私の決まりですから。

投稿: かげさん | 2009年8月17日 (月) 01時39分

この記事へのコメントは終了しました。

« お盆…こぼん | トップページ | ディケイド&大花火 »