« ドナドナ | トップページ | 歴史は繰り返す »

2009年7月 5日 (日)

スポーツ三昧のウマい話

仕事休み。まずは早い時間に(といっても世間的にはかなり遅い)自転車を発送するため、宅配便の営業所へ。ちょいと市の施設の音楽室などに立ち寄り、帰宅。妻は娘2人を連れ、エレクトーン発表会へ。私と息子の男チームの午後は留守番。今日はスポーツ三昧といきましょう。リビングのテレビはこんな感じ。

0705tv

左のテレビでファイターズ対ホークスを観戦、右は競馬中継。息子はいずれの方にもあまり興味を示してくれない。メーンレースが終われば、右のテレビは息子用の番組に変更。今日見たのは「ウォレスとグルミット」。

そんな競馬の結果だけど。ダービー以降、2回参加して全敗だった。今日は1カ月以上ぶりの当たり馬券なり。

0705baken1

函館スプリントS(GIII)。1着6番グランプリエンゼル、2着14番タニノマティーニで馬単6-14ゲット、配当3,110円也。「グランプリエンゼルが来たらおいしいぞ」と思っていたのだけど、世の中、同じ考えの人が多かったのだろう、単勝は1番人気。そんなこんなで馬連6-14の配当3,700円は、馬単より高くなっていた。馬単一発6点で勝負した私の気持ちは一体…

0705baken2

福島のメーン、ラジオNIKKEI賞(GIII)。1着に5番人気の16番ストロングガルーダ、2着に13番人気の15番サニーサンデーが入り、馬連15-16で16,700円也。何気に万馬券ゲットだわさ。なぜにこんな馬券を買っていたかというと。ハンデ戦は過去の実績だけ見ても仕方がないので、母父に気になる血が入ってるとか、思いつきの要素でピックアップ。30点ほど馬連を買っておいたら、ちょうどええ感じにハマってくれた。

0705baken3

札幌、福島のメーン2レースだけで終わるはずだったけど。何か知らんが今日は勘が冴えとるらしい。そんなわけで、メーンレースの後でも予想が間に合うのは…札幌11レース札幌スポニチ賞。芝1200のハンデ戦。騎手、斤量、前走成績などを見て「えいやっ!」っと4頭を選択し、そのまま馬連ボックスに。結果は、1着16番ストラテジー(5番人気)、2着13番ケイアイアストン(2番人気)。

ツイてる時ってこんなもんだよなあ。予想がぬるくても、馬券の方からやってくる。馬連13-16で2,100円ゲット。本日は3レースを買って、3レースとも配当アリ、元本割れレースなしの100%勝利日。ま、私の生涯競馬収支をつけたらマイナスになってるのは確実なんで、今日のブログを読んで気を悪くなさいませぬよう。

今回のアブク銭は次回レースにいくらかプールした後、ビート号のタイヤ交換とナット購入資金にしようっと。景気が悪いもんで、まとまった出費のあることって、後回し後回しになってしまってたんだよなあ。タイヤは安全のためにも、燃費のためにも大切な要素。近々、店に行こう。待ってろ、タイヤ館。

もいっこのスポーツ観戦は、ホークス。首位に立つためには「ファイターズに連勝」しかなかったのだけど、見事に達成。単独首位は昨年の4月以来、20試合以上経過時点だと、2年ぶりぐらいかな。

左肘が悪いという松中選手。交流戦の状態を見ていたら、今年はもう使い物にならないのではないかとさえ思っていた。ところがどっこい、飛距離も回復、一発攻勢もできるのねん。さすが、オールスターの選手間投票でパ・リーグDH部門1位はダテではない。上昇ホークスから常勝へ。これからも期待しております。

|

« ドナドナ | トップページ | 歴史は繰り返す »

日々の日記」カテゴリの記事