« スポーツ三昧のウマい話 | トップページ | 昭和な日 »

2009年7月 6日 (月)

歴史は繰り返す

最近、サントリーが角瓶で作る「ハイボール」をプッシュしている。ハイボールとは一般に、ウイスキーを炭酸で割った物。私にとっては、少し上の世代の飲み物というイメージ。「いつもの店」でも、このハイボールを注文する先輩が何人かいる。翌日に残りにくいのだそうだ。ハイボールという言葉を聞くと、レトロな感じを受ける。「コークハイ」は、20代のころに飲んでたかな。

私たちの世代が、まだ若いころ、カラオケボックスなどに行きまくっていたころ、酎ハイがグングンと売り上げを伸ばしていた。この「酎ハイ」の語源は「焼酎ハイボール」。ハイボールのウイスキーを焼酎に置き換えたわけだ。

ところがその後、酎ハイに変化が訪れる。店頭で確認すれば分かるけど、最近の缶酎ハイのほとんどが「酎ハイ」ではなく「チューハイ」。焼酎を使っている物はほとんどなく、ウォッカだったりジンだったり、名探偵コナンに出てくる黒ずくめの連中の名を使っているものばかり。あ、そのうち、コナンにも「ハイボール」さんとか出てきたりして。

で。

今日、雑誌でTAKARAの「焼酎ハイボール」の広告を見た(リンク先は発売時のリリース)。2年ほど前に発売された「昔ながらの」酎ハイだそうである。本当なら「酎ハイ」と名付ければ済むはずなのに、現在の「チューハイ」が別物を表すようになったから、わざわざ商品名も「焼酎ハイボール」になったのだろうなあ。こういう例って、ほかの食品にもあるような気がする。

このまま流行がどんどん昔に戻って行くと。ビールから発泡酒、そして第3のビールへと移った流れがホッピーに向かったりとか、日本酒も透明な物から白濁した物が喜ばれるようになったりとか。ま、それはそれで悪くないかもしれない。

仕事は朝刊スポーツ面デスク。試合がない日の夜は、何だか味気ない。忙しすぎるのも嫌だけど。どっちやねん。

今日は上の娘の誕生日。一緒に祝うことができないので、電話だけ入れといた。同じ家に暮らしてるのに、単身赴任みたいな。この先、本当の単身赴任をする時が来たとしても、妻も子どもたちも寂しがることはなさそうな気がする。私は、寂しいぞ。

0706

仕事後、いつもの店へ。

【自転車走行記録】パシフィック号:総走行2200.2キロ
2100.0キロを超えたのが6月3日なので、この100キロを走るのに1カ月以上かかった。オフタイム号の里親が決まったことだし、パシ18号はもう少し乗ってやらんといけんね。けど、夏のアスファルトは熱いのだ。暑いを超えて、ジリジリと熱い。

|

« スポーツ三昧のウマい話 | トップページ | 昭和な日 »

日々の日記」カテゴリの記事