« ビートちゃん輝く | トップページ | ドカベンではBT学園ってのも »

2009年3月12日 (木)

役得

私が子どものころ、実家には古びたラジオが1台あった。中学生か高校に入るころまで、元気に動いていた。いつごろ買ったのかと母に尋ねたら、私が生まれたころか、幼児のころ。母は毎朝、必ずラジオを聞いていたので、15年ぐらい働き続けていたのだ。お疲れちゃん。

そのラジオ。買ったきっかけは、父がボクシングの世界戦の中継を聴きたかったからだという。今はラジオで中継をしているスポーツは、野球か競馬ぐらいだが、私が生まれた昭和44年ごろは、色んなスポーツがラジオ中継されていたのかもしれない。ラジオを見つめ、実況アナウンサーの声の向こう側で起きている出来事を想像する姿。ノスタルジーを覚える。

小学生のころ。父が急にベランダから屋根に上がり、何かを始めた。テレビのアンテナを買ってきたのだ。私たちが、いくら見たい番組があるといっても、アンテナを足してくれなかったのに、なぜ急に、映るチャンネルを増やす気になったのだろう。答えは簡単。ボクシングの世界戦があったからだ。

陸上を趣味とし、プロレスを「八百長だ」とバカにしていた父だが、格闘技の中でもボクシングと相撲は別格だったらしい。そんな家庭で育つと、自分も同じようになってくる。

長い前置きはここまでにして、と。今日は長谷川穂積、粟生隆寛のダブル世界戦の日。試合は午後7時スタートだった。つい先月まで、仕事中のその時間はNHKのニュースを見るのが常だった。

それが、今月からはスポーツ面デスク。試合の途中経過を知るのも仕事。うふっ。王座を奪った粟生と試合は12Rまでしっかりと、8度目の防衛を1回TKOで決めた長谷川の試合は、何度も何度も流れる録画映像を見せてもらった。

もう一度書く。スポーツ面を作る時は、スポーツ中継を観るのも仕事。…あ、「観る」じゃなくて「見る」ね。遊びじゃないから。試合展開を頭の中で振り返りながら、見出しの構成を考えているのです。

そんな今日の仕事は朝刊スポーツ面デスク。楽しゅうございました。面白がって働くのも大切ではないかと。仕事後、いつもの店へ。

【自転車走行記録】オフタイム号:総走行4000.0キロ、パシフィック号:総走行1982.5キロ、獲得441Gカノッサ、170+92

|

« ビートちゃん輝く | トップページ | ドカベンではBT学園ってのも »

日々の日記」カテゴリの記事