« マナー以前 | トップページ | フルフェイスのメットでも被るか »

2009年1月23日 (金)

Mac mini開腹

我が家で唯一のIntelであるMac mini(Late2006、1.66GHz Core Duo)。MacといいつつこちらでMac OSを立ち上げるのはまれで、どうしてもWindowsでないとダメな時(GyaOやYahoo!動画で無料映画を観るわけですが)、miniのBoot Campが役に立っている。ほとんどパソコンとしての使い方ではないので、メモリはデフォルトの512MBのまま。

けれど、このままではさすがに非力なので、今さらながらメモリ満タン2GBまで強化することにした。それに、Boot Campだけでなく、Parallels Desktopも使うには最低でもメモリは1GBが必要だし。

本当は、明日も朝が早いし、Macいじりに時間を費やしたくなかったのだけど、買ったメモリに不具合がないか早めにチェックしとかないと、返品&交換ができなくなってしまう。いざ。

0123a

安売り店で買ってきた1GBのメモリ2枚。ほんの少し前までは数万円掛かっていた気がしたのに、現在の値段は1780円×2枚=3560円也。笑っちゃうぐらいに値下がりしたなあ。(自称)最強ボンダイiMacのメモリ512MBが12800円だったことを考えると、隔世の感。この値段でもしっかり「永久保証」は付いているもんね。

0123b

さて。miniの弁当箱を開けるのに必要なのがヘラ。専用工具らしき物も売っているけど、ここは安い品で代用。私の心の友(笑)、ダイソーにて105円也。

0123d

本体からケーブル類をすべて外した後、タオルの上に裏返して置く。ヘラを突っ込み、中のツメが外れるのを確認しながら、ぐいぐいと。iMacの時でもそうだけど、初めて開腹する個体は、力の入れ方の加減が分からない。あまり強くやって折れても嫌だし、かといって弱すぎるとツメが外れないし。ただ、さほど壊れやすい物ではなさそうなので、miniの場合はあまり気にしなくてもいいのかも。

0123e

↑弁当箱のフタが外れた状態。まだ、メモリは姿を現さず。さらに、ネジを外し、内部ユニットも取り外しへ。

0123f

↑内部ユニット取り外し完了。ここまでくれば、あと一息。

0123g

緑色でメモリ2枚が、折り重なるように差さっている。両脇の金具を広げるようにして上から順に外し、今度は逆の手順で差す。

0123h

これで完了。開腹後の恒例、今の状態のスクリーンショット↑。CPUは1.66GHz、メモリは2GB。動作等に問題はないが、開腹した時にAirMacのアンテナケーブルを外してしまったらしく、無線情報を認識しなくなっていた。今日はメモリ挿入ぐらいしか時間がないので、後日、あらためて開腹しよう。

参考文献はこちら。勉強させていただきました。ありがとうございました。

|

« マナー以前 | トップページ | フルフェイスのメットでも被るか »

愛マックな日々」カテゴリの記事