« 大晦日 | トップページ | 福岡へゴー »

2009年1月 1日 (木)

和尚がツー

さあ、九州で迎える朝。「九州は暖かい」というのは幻想で、北部九州では、たまに雪も降る。日数は多くないけど、ちゃんと積もる。そんな「たま」の日に当たってしまった。正月早々、寒い、寒い。せっかくなので、庭の木に雪が乗ってるとこを撮影しておこう↓。ホワイトクリスマスならぬ、ホワイトニューイヤーデー。寒いのが続くのは、いやーでー。

0101yuki

朝は寒かったが、日が照ってくると、縁側の気温は上がる。まるでビニールハウスのように、ポカポカといい感じ。ここでうつらうつらとしたら、気持ちがいいだろうなあ。

0101engawa

今年は喪中のため、新年の挨拶回りはなし。そんなわけで、我が一家、姉一家、そして父と一緒に初売りへ。娘と息子には「欲しい物があったら、じいちゃんに『これ欲しいよお』とちゃんとアピールするんだよ」と伝えておいた。

息子は最近の自己ブーム「カーズ」関連のおもちゃを選び、娘たちはジグソーパズルなどを手にしていた。

今日の夕飯は、すき焼き。「正月からすき焼きかーいっ!」というツッコミが入ってきそうだけど、挨拶回りをしていない今年は、正月というより久しぶりに家族が集まった日の意味合いが強い。家族が集まれば、寿司かすき焼きを食べよう。わいわい楽しいぞ。

0101tamago

と。卵を割ったら、双子だった。子どものころはたまに見掛けたけど、最近はお目に掛からなくなった双子卵。こいつは春から縁起がいいや。

佐賀牛のすき焼きは、バリうま。佐賀の言葉でいうと、がっばいうまか。ごちそうさまでした。

|

« 大晦日 | トップページ | 福岡へゴー »

日々の日記」カテゴリの記事