« 輪行が降臨。後輪が壊りん | トップページ | そして神戸 »

2008年12月 3日 (水)

冬でも春眠気分ふにゃ

困るなあ、冬の朝は。

体の基本が夜型になっているので、朝出の日は辛い。5分でも、10分でもいいから、より長く布団に潜っていたい。目が覚めた後、窓の方を見る。まだ薄暗がりだと「あぁ、もう少し眠れるわぁ」と幸せな気持ちになる。

が。最近の朝は、午後7時ごろでも薄暗い。そんな時間まで寝ていては、びっくりする。誰が? 私が。騙されてはいかん、暗いうちから起き出さねば。毎日、朝から仕事をしている人は、少しずつ夜が長くなっていくのを実感されているのだろうけど、月に10日前後しか朝出がないと、突如、夜明けが遅くなったように感じる。気がつくと、何だか冬だねえ。

仕事は朝から、夕刊軟派デスク。3連チャンで朝出すると、さすがに体も朝型になってくる。明日、明後日は出張なので、この2日も朝起きさん(の予定)。これが続くと、今度は夜勤の時が辛くなるんだなあ。難しいところ。

仕事後、自転車店へ。自転車を見せるなり、店員さんは「じゃ、預からせていただきますね」。え? 今すぐ何か作業に取りかかるとか、何か試してみるとかないんですか。症状を尋ねると、ギアを送り出す部分の金具が変形しているとのこと。昨日、初のJR輪行にチャレンジした時、どこかにぶつけて曲げてしまったらしい。作業はすぐには終わらないので、翌日以降、じっくりやるのだそうな。

店員さん、私の名前を聞くこともなく、そのままニコニコしている。名前とか連絡先とか聞かなくてもよいのかと尋ねると「以前に自転車を買ってもらった方なので、分かってますよ」との答え。あ、ちゃんと頭の中の顧客リストにインプットされてるんですね。こりゃまた失礼しました。

自転車を入院させたので、JRで帰宅。昼ご飯抜きの一日だったので、廿日市駅で降り、軽く何かを口に入れてから帰ろうと思った。が。私の乗った電車は廿日市駅を素通り。そうなのだ、私が乗った快速は廿日市駅には止まらないのだ。結局、腹ぺこのまま宮内串戸駅へ。ぶっ倒れるかと思ったが、乗り継ぎのバスがすぐに来たので、思いのほか早く帰宅できた。ま、不幸中の幸い。

【自転車走行記録】オフタイム号:総走行4000.0キロ、パシフィック号:総走行1422.5キロ、獲得402Gカノッサ、151+85

|

« 輪行が降臨。後輪が壊りん | トップページ | そして神戸 »

日々の日記」カテゴリの記事