« 冬でも春眠気分ふにゃ | トップページ | さらに神戸 »

2008年12月 4日 (木)

そして神戸

朝起きたらのどが痛い。関節がきしむ感じがする。明らかに風邪の初期症状。今日は朝から神戸へ組合出張。一瞬「休もうか」との考えがよぎったが、既に新幹線のチケットも買ってあるし、宿も抑えてある。行くのと休むのとどちらが迷惑かを天秤に掛けたら、即決「行こう」。母手編みのセーターを着て、なるべく寒くないように、と。

Motsuudon

駅で待つ間、温かい物でも食べることにした。ひろしま駅弁経営の立ち食いうどん店で「もつ煮込みうどん」。どこかで見たことあるメニューだと思ったら。社員食堂だった。そういえば、私がいる会社の社食って、駅弁さんが入ってるんだよね。せっかくだったら、アナゴ弁当なども売ってくれたらいいのに。

駅ホームで4人集合、さあ出発。出がけに薬を飲んだせいか、すぐに眠たくなる。うとうとしていたら1時間ちょっとで新神戸到着。

Sannomiya

神戸に着いたら三宮、何はなくとも三宮。とりあえず移動し、早めの昼食。さっき、うどんを食べたばかりのような気がするけど、午後1時からの会合に間に合わせるには、さっさと済ませるしかない。体調は不良のままだけど、食欲があるのが救い。

Kayukayu

ガード沿いをあちこち歩き、入った店は「粥粥」という店。これほど、店名だけでメニューが想像できる店もそうはあるまい。昔、ファミリーレストランに行っては「中国風粥」を「ちゅうごくかぜがゆ」と読んで、ウェイター(及びウェイトレス)の反応を楽しんでいた、若き日の自分のアフォな行動を思い出した。なんで、あんなことに一生懸命だったんだ、あのころの私。

腹を満たした後、神戸新聞社へ。私が以前、神戸新聞関連の施設に行ったのは、阪神大震災直後。十数年の時を経て、海手に立派な新社屋が建っていた。眺めの良い14階の会議室で、夕方まで意見交換。

夜、今度はアルコールを加えての交流会。本当は「ここから」が本番なのに、なのに。。。体調はどんどん下り坂。せっかくの飲み放題なのに、ビールが進まず、オレンジジュースを口にしていた。翌日、「こんな君の姿は初めて見た」と先輩から言われたのは内緒の話。そんなわけで、自己紹介を済ませた後、こっそりと退場。

会場に来る時、ちゃんと徒歩で帰れるように道を覚えておいて良かった。ホテルへ向かう途中の商店街の薬局で風邪薬、栄養剤(錠剤の方が効く気がする)を買う。ぐいっとのみ込み、そのまま就寝。時間はまだ午後9時前。神戸は今日からルミナリエが始まり、電飾ピカピカで華やかなのになあ。深夜、熱にうなされたのか、変な夢を見た。私の中で好感度の高い俳優さんが、薬物関係で逮捕されていた。今の私の体の方が、よっぽど薬まみれかも。

|

« 冬でも春眠気分ふにゃ | トップページ | さらに神戸 »

日々の日記」カテゴリの記事