« 鮭の親子 | トップページ | 友だちの友だち »

2008年12月22日 (月)

後ろからふいにやってくるのは…

今日は日記を書く前に、ケーススタディ。
休みのつもりでゆっくりしていたら、会社から呼び出し電話が鳴った時。「よし、オレがやらなきゃ!」と気合を入れようと思うものの、テンションを最高潮に持っていくまでには、しばらく時間が掛かる。やっぱ、人間ですもの。

逆に。元々休みだったのに「この日には是非、君に紙面を作ってもらいたい」と伝えられ、会社に出てみたら、自分の仕事がなかった時。「ま、いっか。臨時休業もらったと思おう」とクールダウンしようと思うものの、グイッと上がったテンションを下げるには、しばらく時間が掛かる。

どっちも滅多にないけど、たまにあるケース。今日あったのは…後者。ふいに出来た自由時間。若いころは(今でも若いですが…)こういう急な時間ができても「丸々休めなかったら、休日を損したみたいだ」と機嫌が悪くなっていたのだけど、最近は違う。わーい、わーい、今からふらりとどっかに出掛けようっと、どこに行こうかなあ、と楽しい気持ちになってくる。まともな休日が減る生活に慣れてくると、まともじゃない休日もありがたくなる。足るを知る。樽お汁。

というわけで。冷めん家さんで早めの夕食、その足で街中まで走り、映画館へ。気にはなるけど、絶対に見逃したくないほどではないというレベルだった「K-20 怪人二十面相・伝」をチョイス。これが見事に大当たり。めちゃめちゃオモロイですやん。これ、この年末年始映画の中ではかなりお勧めかも。

Hondori

↑今日の本通りの写真。賑やかな感じになって参りました。

【ジョグ記録】3キロを追加、39.0キロ(計7日)


|

« 鮭の親子 | トップページ | 友だちの友だち »

日々の日記」カテゴリの記事