« 決断力 | トップページ | 合掌 »

2008年11月 6日 (木)

濡れ衣論

「日本は侵略国家であったのか」という論文を書いて、定年退職になった田母神元空幕長。更迭とか懲戒とかではなく「定年」。空幕長の任を解かれたら、いきなり定年になるというのは考えてみると妙な感じ。民間企業でいうと、役員から一般社員の辞令が出て、その結果、定年退職になるようなものか。いや、役員になるときには、社員を退職してるんだっけ?

ま、それはともかく。政府見解と異なった内容が書かれたという「日本は侵略国家であったのか」の論文。読まずにいては批判もできないから、ダウンロードして読むことにした。話は逸れるけど、今回の騒動でウハウハ(死語)なのは、アパグループかもしれない。サイトのヒット数が莫大に増え、宣伝効果があっただろうからね。

論文といっても、印字してみたらA4で9枚。行間も広いので、一気に読んだ。「マオ」とか櫻井よしこ氏の著作などを主張の論拠としていることからも、本人の思想をうかがうことができる。「現職の空幕長の論文」というから、軍事に関する専門知識などに基づいた考察があるのかと思ったが、残念ながらなかった。内容の濃さを期待して読むと、がっかりするかもしれない。

現職の自衛官がこういう文章を発表したらどうなるか。本人も分かってはいたのだろう。それでも、わざわざ応募し、しかも他の自衛官にも勧めたというのだから、よっぽど自分の主張を読んでもらいたかったに違いない。いい文章か、悪い文章かは論評しないけど、全部読んでみましたよ。

仕事は先月から選挙準備のために通常ローテを外れていたけれど、先送りが決定的となり、今日から現場復帰。今日の仕事は朝刊軟派デスク(社会面デスク)。自転車の今年の総走行距離が5000キロ間近となり、一気に数字をクリアしたかったけれど。天気は雨予報。ま、無理することもないので、ビート号にて出社。

さあ、カキの季節真っ盛り。今夜のアテに生食用を買ってきた。生食用をほんのちょっとだけ電子レンジで加熱し、レモン汁をかけるのがお気に入り。殻付きだったら焼くんだけどね。ふほふほ言いながら、くいっと酒を流し込む。私はビールか焼酎が主だけど、日本酒とカキの組み合わせもいい。冬の味覚、バンザイ。

|

« 決断力 | トップページ | 合掌 »

日々の日記」カテゴリの記事