« クリーニング店のふしぎ | トップページ | 鳥川さん »

2008年11月16日 (日)

「初」と聞くと気になる

プロ野球の独立リーグの一つ、関西独立リーグの神戸に、高校2年生の女子、吉田えり選手が指名されたそうだ。NPBではないものの、男子と一緒にプレーする初の女子選手の誕生だ。現在の神奈川県の高校から関西の高校に転校し、高校生のままにプロ野球選手になるという。

子どものころから野球漫画が大好きだった私。今回のニュースを読んで、二つの漫画を思い出した。一つは「野球狂の詩」。吉田選手の武器が「ナックルボール=魔球のような変化球」と聞くと、水原勇気を思い出さずにはいられない。水原勇気も「客寄せパンダのための入団はやめとけ」と説得されるシーンがあるが、吉田選手も同じようなことを誰かから言われたのかなあ。

もう一つの漫画は、内山まもるの「リトル巨人くん」。小学生の巨人くんがドラフト1位でジャイアンツに指名され、小学校に通いながら投手として活躍する物語。マウンド上で弱音を吐いていると、一塁から王さんがやってきて励ましてくれる。それを見ながら(私は王さんファンだったので)「いいなっ、いいなっ、巨人くんがうらやましいなっ」と思ったものだ。巨人くんは、遠足の日と登板日が重なったとき「遠足に行きたいよう」と駄々をこねてたみたいだけど、吉田選手は登板日と修学旅行が重なったらどうするのかしら。

どれぐらいの活躍ができるのかは分からないけど、一度はそのプレーをこの目で見てみたいなあ。客寄せパンダ、大いに結構。「プロ」なんだから、プレーを見て喜ぶ人がいればそれでいいじゃないですか。明日付のスポーツ新聞各紙は、「未来の水原勇気誕生」とか「勇気二世を指名」とかの見出しが踊っているとみた。

仕事は夜勤、朝刊軟派デスク(社会面デスク)。今日はビート号にて出社。ガソリン代はどんどん下がり、今週は120円台の前半までやってきた。上がり過ぎても、下がり過ぎても、店を閉めるガソリンスタンドが出てくる。そろそろ、落ち着いてくれたらいいのだけど。

|

« クリーニング店のふしぎ | トップページ | 鳥川さん »

日々の日記」カテゴリの記事