« 濡れ衣論 | トップページ | 雨、曇り、雨…夜は晴天 »

2008年11月 7日 (金)

合掌

筑紫哲也さんが亡くなったことを、今日の夕方のTVニュースで知った。新聞記者出身のジャーナリスト、九州生まれ、広島東洋カープを愛し、様々な分野に興味の範囲が広かった人。勝手に私ごときと重ね合わせたらチャンチャラおかしいと思われるかもしれないが、色んな共通点から親近感を持っていた。

ひところ、仕事から早く帰宅できるときは、午後10時からテレ朝系でニュースステーションを見て、11時からTBS系で筑紫哲也のNEWS23を見て、その後に日テレ系きょうの出来事を見ていた。どんだけニュースが好きやねん!って感じだけど、ニュースの取り上げ方、切り口ってのは参考にしていたし、ある意味ではライバルでもあった。

筑紫さんが愛したカープ。私が新聞記者として駆け出しだった1991年、現時点でいうと、カープが最後のリーグ優勝を果たした年。平日の帯番組のレギュラーを持っている筑紫さん、勝手にスタジオを離れて試合観戦するわけにはいかない。「週末なら必ず観戦しますから」と連絡をもらい、ちょうど都合よく、筑紫さんが東京を離れ、広島で観戦している時に優勝が決まった。

Shimen

これは1991年10月13日のカープ優勝を決める試合の14日付の紙面…
…をマイクロフィルム化したやつを呼び出し、呼び出したやつを紙に印字し、印字したやつをケータイのカメラで撮影し、撮影したやつをフォトショでサイズ変更した画像。。。まどろっこしいやいっ! (© 中国新聞社)

この写真の上から2つめ、右側の写真が市民球場で応援する筑紫さん。この時、筑紫さんの取材をした。お酒を飲みながら頬が紅潮し、カープリードの場面をニコニコしながら観ていた横顔が印象に残っている。つい昨日のことのように思い出すのに、記事中に書いている年齢は(56)。朝日ジャーナルの編集長を経て、テレビキャスターとなってまだ1、2年しか経っていないころ。56歳という年齢は、今考えるとまだまだ若い。没年齢は(73)。確実に月日は流れている。ご冥福をお祈りします。

話は変わり。確定拠出型年金の現在の様子をチェック。あれぇ〜〜っと思って変更届。詳しくは後日でも。

今日の備忘録。秋年末闘争の一時金及び諸要求の説明団交。今日は一日雨っぽかったけど、行きも帰りもギリギリ小雨の時「エイヤッ」と自転車で突っ切った。3月から始めた自転車通勤は、今日で節目の総走行距離5000キロを突破。とはいえ、自分的にさほど達成感があるわけでもないので、こうやってウェブ上で大げさに書いてみている。「すごいっすねえ、かげさん」とか「わぁーお。見習いたいや」みたいな反応が欲しくて。
…とか言いつつ、コメント欄を開いていないという、どっちかいうと珍しい部類のブログですけど。コメント欄とトラバ欄に関しては思うところがなくもないので、時間があれば、ダラダラの自己主張を公開する予定。予定は未定。

【自転車走行記録】オフタイム号:総走行3974.4キロ、パシフィック号:総走行1032.5キロ、獲得375Gカノッサ、140+79

|

« 濡れ衣論 | トップページ | 雨、曇り、雨…夜は晴天 »

日々の日記」カテゴリの記事