« ダンスダンスダンス | トップページ | やっちまいましたか »

2008年9月24日 (水)

王さんはずっと王さんです

 昨日、福岡ソフトバンクホークスの王貞治監督が今季限りでユニフォームを脱ぐことを発表した。WBC監督のこととか、後任監督云々ということはあるけれど、まずはお礼を申し上げます。これまで、ありがとうございました。九州に縁がないにも関わらず、世界のスーパースターが、あたかもご当地選手であったかのように振る舞っておられたこと。九州人としては誇りでした。これからは、プロ野球全体の発展のために尽くされることと思います。無理をせず、お体にお気をつけて、過ごしてください。

 王さんのことを考えていたら、つい文章が敬体になってしまった。ここからはいつも通りに。

 王さんは私にとってスーパースターだった。王さんの現役選手引退の日の会見の映像は、今でも記憶に残っている。細かい言い回しは違ったかもしれないけど「誠に口幅ったい言い方ですが、王貞治としてのバッティングができなくなりました」と言ったはずだ。小学生だった私、「くちはばったい」の意味が分からず、辞書で調べたような気がする。

 お菓子のホームラン王は助監督となり、そして「常勝」巨人軍の監督へ。その巨人軍の監督は5年間。表向きは任期満了での退任とされたが、実際には解任だった。この時の会見では「野球は、王貞治が9人いれば勝てると思っていた」という趣旨の発言があったように思う。選手のプライドを理解してやれなかったことへの反省だったのだろう。

 選手としての栄光、巨人軍監督としての挫折。浪人生活を経て福岡に来てからの苦悩、そして名将へ。辞め時を自分で決められなかった巨人軍監督時代の経験が、今回に引き際になったのかなあ。ありがとうございました。

 仕事は朝から、夕刊軟派デスク。昨夜のテレビニュースでは、王監督の退任表明の映像が流されていたと思うのだが、何も見ることができなかった。今朝、会社へ向かう時と帰る時、自転車に乗りながら会見の様子を聞いた。この日が来ることは分かっていたはずなのに、こみ上げてくるものがあるのはなぜだろう。ぐすん。。

【自転車走行記録】オフタイム号:総走行3747.5キロ、パシフィック号:総走行385.1キロ、獲得308Gカノッサ、117+62

|

« ダンスダンスダンス | トップページ | やっちまいましたか »

日々の日記」カテゴリの記事