« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月

2008年9月30日 (火)

日替わり

 「日替わり」を辞書で調べると、「毎日替わること」という意味が書いてある。その名の通り、食堂の「日替わり」メニューであるならば、毎日替わってほしい。もし、替わらないとしても、その日に作った物を出してほしい。ここまでは枕。

 今日の「夕方の日替わり丼」は「そばめし」。その場で、そばと飯を炒めて出してくれるはずだ。いや、「はず」ではなく「べき」だ。ところが。「そばめしください」と頼んだら。おばさんは大型の銀色バットに詰め込んであるそばめしらしき物を皿についだかと思うと、電子レンジに走って行った。え? 作り置き? しかも、温めて出されたはずの品は冷たい。「もったいない」がシャツを着て歩いているような私だが、今日はさすがに残してしまった。

 さらに。上司と話していると「今日の昼の日替わりのそばめしがねえ…」という話が出てきた。昼もそばめし? 作り置きどころか、余り物ではないですかい。こうやって写真で見ると、そこそこおいしそうに見えるんだけどなあ。

080930a

 さらに後日談。翌日の日替わり丼のメニューも「そばめし」。確認したわけじゃないから確かなことはいえないけど、定食の食材が日をまたいで…。ぷるぷるっ、そんなことはもう考えまい。恐ろしや。

 仕事は夜勤、朝刊軟派デスク。仕事後、いつもの店へ。ここんとこ、寝不足が続いてるけど、職場の皆と語り合うのも大事なことだ。うん、きっとそう。いつもより早めに、夜が明ける前に帰宅。

|

2008年9月29日 (月)

週明け

 夜が明けても、外の空が暗い。今日は雨が落ちてきそうだなあ。

 仕事は夜勤、地方版指導。といいつつ、解散・総選挙がどうなるのか、さっぱり見通せないので、合間を縫って打ち合わせ会議やら、選挙の準備やら。午後から社内をパタパタ走り回る。事情を知らない職場の後輩は「かげさんはどかに行ったまま、仕事もせずに帰ってこないじゃん」って思ってたかもね。すんません、これも仕事ですもんで。

 今日はビート号にて出社。仕事後、直帰。

|

2008年9月28日 (日)

うん、どうかい

 今日は娘たちの小学校の運動会。寝不足を飛ばして、何とか会場へ。着いてしまえばこっちのもの。後は娘たちの姿を見ていればいい。以前にも書いたように、ここの学校は児童数が少ないので、カメラの場所取りなどは必要ない。自分の子が出る時だけ、ちょいと前に出させてもらえる。

080928a

 一つ、不思議だったこと。今年から1年生になった下の娘の徒競走。4人1組で走るんだけど、すべて男女混合レース。私たちとは違い、クラスの出席番号も男女混合となっている今の時代。色んな面で「平等」を重視するのは良いけれど、徒競走を一緒に走るのが平等なんだろうか。

 走り終わった後、子どもたちは「1」「2」「3」「4」と数字の書いた旗の後ろに並ぶ。「1」のところに並んでいるのはすべて男の子。体力的に勝る男子が、ガチで女子と勝負するのが「平等」だとは思えないけどなあ。女子は誰も1位になれないってことの方が、教育的には問題があるのでは?

 帰宅後、少し昼寝。夕食は鍋。熱々の鍋とビールの組み合わせは最高ですな。これからどんどん、鍋を食べましょ。

|

2008年9月27日 (土)

秋の気配

 急に肌寒くなってきた。当たり前のようにずっと半袖シャツで自転車に乗ってきたけど、ペダルを踏んでいても鳥肌が立ちそう。というわけで、今日はこの秋の長袖シャツデビュ~。大汗かいた後、水シャワーを浴びるのも辛くなってきましたな。

 仕事は夜勤、朝刊軟派デスク。明日は娘の運動会なので、仕事後、直帰。

【自転車走行記録】オフタイム号:総走行3747.5キロ、パシフィック号:総走行450.0キロ、獲得314Gカノッサ、119+63

|

2008年9月26日 (金)

初体験

 仮眠後、午後から組合の臨時大会へ。これから1年、労組の執行委員を務めることになる。私なんかで大丈夫かいな。

 今日はローテ上は仕事が休みの日。通常業務がない日にこそ、済ませておきたいこともある。組合の引き継ぎ会議の合間を縫って、読者の新聞コンクールの審査。子どもたちが作った新聞を一つひとつチェックしていく。新聞のルールからいうと外れている作品でも、勢いが感じられるものなどがあると悩むんだよなあ。

 夜、会社の近くで先輩方と軽く夕食(と飲み)。少しだけ西方面に移動し、さらに飲み。なんだかんだで朝方帰宅。何やってんでしょうね。

 今日はパシ18号を初めて、輪行バッグに詰めた。駅前に放置したままだと、盗まれる危険がある。バッグに詰め、持ったまま居酒屋の中へ。10キロって重さは、片手で持ち上げるギリギリのラインかもしれない。

【自転車走行記録】オフタイム号:総走行3747.5キロ、パシフィック号:総走行408.4キロ、獲得311Gカノッサ、118+63

|

2008年9月25日 (木)

やっちまいましたか

 昼過ぎ、仕事に出掛ける準備でもしようとしてたら。買い物に出掛けている妻からメール。「エンジンがかからない」だそうだ。先日、久しぶりに運転したら、セルを回したときの反応が少しぬるい感じがしたもんなあ。バッテリー死の可能性が高そう。プラグはたぶん大丈夫だし。夏が終わっても、臨時出費は終わりませぬ。

 その後。妻からの連絡によると、無事にバッテリー交換を済ませたらしい。一回り大きいのを選んでねと伝えておいたら、3000円ほど高かったそうな。ま、プジョー号のころは舶来品のバッテリーを買っていてかなり高かったので、許容範囲かな。

 仕事は夜勤、朝刊軟派デスク。最近、職場で宅配カレーを食べている人がいる。スパイシーな香りが漂ってくると、ちょっとだけ空いていたお腹が、急に腹ぺこ状態になるほどの威力。そんなわけで、私も宅配カレーに挑戦してみることにした。

080925a

 う~む。香りは食欲をそそるけど、味はそうでもなかった…。一回食べてみたから、もう満足じゃ。

 仕事後、直帰…しようと思ったら。あれこれあるうちに麻雀をしようかという流れになりまして。中国語の勉強後は、会社に戻って仮眠。

【自転車走行記録】オフタイム号:総走行3747.5キロ、パシフィック号:総走行400.7キロ、獲得309Gカノッサ、118+62

|

2008年9月24日 (水)

王さんはずっと王さんです

 昨日、福岡ソフトバンクホークスの王貞治監督が今季限りでユニフォームを脱ぐことを発表した。WBC監督のこととか、後任監督云々ということはあるけれど、まずはお礼を申し上げます。これまで、ありがとうございました。九州に縁がないにも関わらず、世界のスーパースターが、あたかもご当地選手であったかのように振る舞っておられたこと。九州人としては誇りでした。これからは、プロ野球全体の発展のために尽くされることと思います。無理をせず、お体にお気をつけて、過ごしてください。

 王さんのことを考えていたら、つい文章が敬体になってしまった。ここからはいつも通りに。

 王さんは私にとってスーパースターだった。王さんの現役選手引退の日の会見の映像は、今でも記憶に残っている。細かい言い回しは違ったかもしれないけど「誠に口幅ったい言い方ですが、王貞治としてのバッティングができなくなりました」と言ったはずだ。小学生だった私、「くちはばったい」の意味が分からず、辞書で調べたような気がする。

 お菓子のホームラン王は助監督となり、そして「常勝」巨人軍の監督へ。その巨人軍の監督は5年間。表向きは任期満了での退任とされたが、実際には解任だった。この時の会見では「野球は、王貞治が9人いれば勝てると思っていた」という趣旨の発言があったように思う。選手のプライドを理解してやれなかったことへの反省だったのだろう。

 選手としての栄光、巨人軍監督としての挫折。浪人生活を経て福岡に来てからの苦悩、そして名将へ。辞め時を自分で決められなかった巨人軍監督時代の経験が、今回に引き際になったのかなあ。ありがとうございました。

 仕事は朝から、夕刊軟派デスク。昨夜のテレビニュースでは、王監督の退任表明の映像が流されていたと思うのだが、何も見ることができなかった。今朝、会社へ向かう時と帰る時、自転車に乗りながら会見の様子を聞いた。この日が来ることは分かっていたはずなのに、こみ上げてくるものがあるのはなぜだろう。ぐすん。。

【自転車走行記録】オフタイム号:総走行3747.5キロ、パシフィック号:総走行385.1キロ、獲得308Gカノッサ、117+62

|

2008年9月23日 (火)

ダンスダンスダンス

 へぇーい。今日は朝からテンション高めに。フィットネスインストラクターのみかぼん先生のとこで、体験ができるというので行ってみることにした。託児もしてもらえるとのこと。今日は女子チームは自宅で勉強、私と息子の男子チームはフィットね~っす。さぁ張り切って行くぞ! 

…っと思ったものの。準備であれこれ手間取ったり、会場近くまで着いても駐車場がよく分からなかったり。遅れて扉を開いたときには、すっごい勢いで皆が踊っていて圧倒された。うわぉ。。場違いなとこに来てしまったかも。

 休憩を挟み、ストレッチから参戦。いやはや、私の体っていつの間にこんなに固くなってしまったのだ。自転車に乗れば大量の汗はかくが、体は柔らかくならない。食事も運動も、バランスってものが大切なのね。

 帰宅後も今日の息子は「パパと遊ぶ」モード全開。息子は何かというと私に向かって「ブッブー」と言い、ミニカーを見せろとアピールする。よっぽど車が好きなんだなあと思っていたが。ふと、違うことを感じた。パパに遊ぼう光線を出しても、素っ気ないことも多い。パパって何が好きなんだろうなあ、あ! 車が好きなんだ。今度から、会話の糸口は車の話題にしよーっと。

…ってな感じで、息子が私に気を使ってるのかなあ、なんて。いや、私のコレクションを壊す勢いで遊ぶ姿を見ていたら、やっぱ違うわ。

 夏休みも今日で最終日。本やら何やらを置きっぱなしにしているうち、足の踏み場もない部屋になってしまっていた。古い月刊文芸春秋を整理。数冊ずつ、あちこちに積んでときは気にならなかったが、集めてみるとこんなにあったとは。これは我ながら驚きだ。

 そのまま捨ててしまうのはもったいないので、半年に1回の「芥川賞決定発表 全文掲載」の部分だけを抜き出すことにした。「文庫本代を節約する」という利点だけではない。選考委員の選評の変遷を読むのも楽しい。この選者は、これはケチョンだけど、こっちの方を褒めてるのは意外だなあ、なんてことが分かる。

080923a  080923b

 結局、「ハリガネムシ」(吉村萬壱)、「グランド・フィナーレ」(阿部和重)、「土の中の子供」(仲村文則)、「沖で待つ」(絲山秋子)、「八月の路上に捨てる」(伊藤たかみ)、「ひとり日和」(青山七恵)、「アサッテの人」(諏訪哲史)の7作品が出てきた。単純には3年半分なんだけど、2回分が抜けている。第130回の 「蛇にピアス」(金原ひとみ )、 「蹴りたい背中」(綿矢りさ)と131回「介護入門」(モブ・ノリオ )。あぁ、結構オイシイとこだなあ。この2冊だけないってことは、たぶん、引き出しかどこかにしまい込んでいるのだろう。また、今度の片付けのときに見つけよーっと。

|

2008年9月22日 (月)

デート映画は

 「初デートで見た映画ランキング」というのが出ていた。1位・タイタニック、2位・トップガン、3位・バック・トゥ・ザ・フューチャーって順位が書いてあるんですが。あるにはあるのですけれども。

 この統計の意味はなんだろ。初デートと映画の公開時期が重ならないと、どんなに観たい映画も観られないわけで、結局は興行収入の多い映画が上位に来るようにしか思えないのは私だけ? ちなみに、私が2人で初めて観た映画は「グレムリン」。1985年の正月。部活やってたら休みなんかほとんどなくて、いわゆる正月映画ぐらいしか劇場に行く時間はなかったんだよね。

 そんな平日の昼間。まだ夏休み中なので、妻とデート。といっても、息子がもれなくついて来る。「有名な広島ラーメンに行きたい」というので、陽気に行くことにした。江波の本店に行き、着いてから昼の営業がないことを知る。仕方がないので横川店へ。

080922a

 どう形容すればいいのか、何の変哲もないようなのに、落ち着くというか、心が温かくなる感じ。欲をいえば、麺の量があまり多くなく、サイドメニューもむすびだけ。大盛りか替え玉の設定があると嬉しいんだけどなあ。

 お腹を満たして(まだ空きはあるけど)帰宅。ふと裏庭に目をやると、いつの間にやらまた雑草が伸びてきている。気づいてしまったものは仕方がない。車から降りてそのまま、自宅に入ることなく草むしり開始。庭の野菜たちにもこれぐらいの生命力があったら、あれこれ世話をしなくて済むのに。

080922b  080922c

 1枚目が使用前、2枚目が使用後。草の長さより、背景の色の違いに目が行く。日が落ちて夕刻が近づいき、赤くなってきた。ああ、これが秋の夜空かしら。

 夕方、下の娘と息子を連れて公園へ。秋だというのに、汗をかいていると蚊が寄ってくる。しかも、かなりしつこい。少しぐらいなら献血してやるから、かゆみ成分を注入するのはやめとくれ。今も、ウナコーワクールが手放せない。

| | コメント (0)

2008年9月21日 (日)

雷さん

 未明から早朝にかけ、びっくりするほどの雷雨。時々、近くの山に落ちたような気配があり、ピカッ、ドドーーン! という音と同時に、家がぐらぐらと動くような衝撃がやってくる。娘たちは起き出したりしなかったけど、オトナの私、怖かったんですけど。

 最近、ちょこちょことネット検索をしていると数回に1回「Yahoo! 知恵袋」というやつが出てくる。例えば「仁摩サンドミュージアム」を調べていたらこれとかが出てきて、「iPhone&プロ野球中継」と調べるとこんなんとかがヒットする。何が気になるって、「ベストアンサー」が選ばれて「解決済み」という判が押してあるのに、どちらも間違った内容を含んでいるのですが。それもかなり致命的なやつ。偶然ヒットしただけでもこうなのに、他の項目はどうなってるんだろ、Yahoo!知恵袋。私は使ったことがないので何ともいえないけど、生半可な知識で答える人ばっかりだったら、あまり役に立ちそうな気がしないなあ。

 仕事は休み。昨日は丸一日、外に出っぱなしだったので、今日は自宅でおとなしく。午前中は雨、午後からは晴れ間。ま、いいや、子どもたちと家でうだうだ。

| | コメント (0)

2008年9月20日 (土)

山陰旅行

 今日から4日間、仕事休み。カレンダー通りに休めるというわけではなくて、取り損なっていた夏休みの分割取得第2弾。台風が太平洋側から近づいているが、天気は悪くない。家族そろって、島根へ小旅行しよう。島根の大田支局から本社に戻り6年(だっけ?)。実は、何を隠そう、何も隠さないけど、大田に行くのは本社に戻って初めてなのだ。あれだけお世話になった場所なのに、いけませんねえ。

 っというわけで。世界遺産になった石見銀山にちょっとだけ寄って観光客の多さに驚き(当時、取材に行くときはどこにでも車が停められた)、その後は道の駅のキララ多岐、仁摩サンドミュージアムへ。ここからは写真日記をお楽しみください。

080920a  080920b

 まずはキララ多伎。以前と変わったのは風力発電の風車があったこと。窓から見える海の風景は変わらず美しい。

080920c

 キララ多伎の定番「海鮮たこ焼き」。タコだけでなく、ホタテ入り、エビ入りの3種類が2個ずつ入って400円也。うむうむ、これも変わらずうまいね。私はこの後、割り子そばもペロリと。

080920d  080920e

 女性陣はゆっくり食事していたので、私と息子の男チームがまず海へ。遠くからはきれいな海だけど、浜辺に行くとゴミが散乱している。「花火は午後10時までにしましょう」という看板が立ててある。その看板から推測されるように、花火をしに集まる人が多いのか、ロケット花火の残骸らしきものがあちこちに。ま、海水浴シーズン以外の海って、漂着物も含めて色んな物が落ちてるものだもんね。

080920f

 女性チームも海遊びに合流。気温はたぶん30度ちょっと。海水パンツを持って来ていれば、濡れることを気にすることなく、波と戯れられたのに。ちと残念。

080920g  080920h

 今回、初めて旅行に自転車を持って行った(パシフィック18号)。日帰りだったし、ほとんど乗る場面はなかったけど(公園周辺を4キロちょっと)、今後の旅行の参考にできたのは大きい。

080920i

 仁摩サンドミュージアムと、そばにある仁摩健康公園。ハコ物の町おこしと大規模公園。ここには「日本最長のローラー滑り台(当時)」があるのだけど、メンテナンスが全然ダメ。2台のうち1台は「使用禁止」の張り紙があり、もう1台は半分ぐらい降りるまでローラーが回らない。足と手でぐいぐいと押し進む。昔は良かったのになあ(遠い目…)。ターゲットバードゴルフ(バドミントンの羽みたいなものをクラブで打って飛ばす)のコースだけは、以前より整えられているようだった。高齢者が使う部分は、地元の人が率先してボランティアでメンテをしているのかもしれない。

080920j

 最後に。何の変哲もない白い壁のアパート。今は支局が廃止されてしまったけれど、私が4年間、過ごした支局舍はここにあったのだ。0歳でここにやって来た上の娘は、今ではすっかり広島っ子。広島での生活しか記憶にない下の娘は、生後数カ月間、この場所で過ごした。妙な感傷に浸りつつ。家路へGO! 休日を堪能しましたばい。

【自転車走行記録】オフタイム号:総走行3747.5キロ、パシフィック号:総走行354.4キロ、獲得305Gカノッサ、116+61

|

2008年9月19日 (金)

ツカンぽ

 天気予報では台風が近づいているらしい。雨がポツリと落ちてきたので、ビート号で出社。…そしたら、バイパスが大渋滞で1時間以上かかった。しかも、出がけにポツリとした後は、空模様も好転。ツカンなあ、自転車だったら50分で着くのに。会社に着き、報道部からの出稿メモを見て渋滞の原因が分かった。「西広島バイパスで事故。6キロの大渋滞」だそうな。滅多に車で出社しないのに、たまに出たらこうだもんなあ。ま、仕事に障るような遅刻をしたわけではないので、助かった部類かもしれない。

 「イキガミ」(間瀬元朗作)という人気漫画があるそうである。映画化されて、今月末から上映予定なのだそうである。この作品と星新一著「生活維持省」に類似点がある、という指摘が出ているという。筒井康隆氏のブログでも取り上げられ、星新一公式サイトでは娘・星マリナさんが類似点を挙げている。中学時代から星ファンだった私、「生活維持省」は衝撃的な作品として記憶に刻み込まれている。あ、筒井康隆氏のブログは、内容より「縦書き」ってとこが新鮮でいいね。ディスプレイサイズによっては、本の端っこが見えずにイライラしそうだけど。

 盗作かどうかという大事な論点は置いといて。質問に対するヤングサンデー(小学館)側の回答で気になる点が一つ。

「もし似ているのであれば、それは偶然の一致であり、『イキガミ』関係者が事前に『生活維持省』を読んだという事実はない」(星新一公式サイトより)

 これって、ブレーンもスタッフも含め「星新一? 誰よ? そんなん読んだことねーよ」って言うてるように読めるわけですが。文学にしろ、漫画にしろ、SF系の作品を世に出す人ならば、小松左京だとか筒井康隆、それに星新一ぐらい読んでいて当たり前…いや、読んでいて欲しいと思うのは私だけ? っていうか、読めよ、それぐらい。

 もし、星新一を知らないイキガミファンの中に「言いがかりをつけた売名行為だ」と感じた方がいたら。星新一は今さら売名する必要などない作家ですよ、と教えてあげたい(故人でもあるし)。現在、こちらで「生活維持省」の全文を公開中なので、興味があるけど読んだことがないって人はどうぞ。私もそのうち、イキガミを読んでみることにしよーっと。

 帰宅後、腹ペコ。今日は2日目のおでん。幸せの2日目。あぁ…とろけるぅ~~

|

2008年9月18日 (木)

板金塗装のお仕事

 もう2週間近く前になるだろうか、妻が「知らないうちにオデッセイの前バンパーが曲がってて、3万円で直るって言われたけど修理に出していい?」と軽い感じで言ってきた。へ? 3万円の出費は、あなたにとってそんなに軽いものなんでしょーか。大体、「知らないうち」ってのがよく分からん。

 「修理に出すのはちょっと待って。軽いものだったら私が直す」

 そう宣言しておいた。今日は仕事が休み、雨も降っていない。さあ、修理に取りかかろう。症状は明らかに、左前をぶつけたか、もしくはバックでぶつけられたか。バンパーの前部に痕跡が残っている。もし自分でぶつけたのなら、それ相応の衝撃があるに違いないから、当て逃げされたと考えるのが一番妥当だろう。

080918a

 まずは飛び出した出っ張りを木槌で叩く。トントン、トトトン、トトトトトトントン。最近のバンパーは樹脂製なので、熱を加えればすぐ変形しそうだが、ぐにゃぐにゃになっては元も子もない。慎重にトントンと凹ませる。

 ある程度まで凹み、押し込む準備が整ったら。足でキック!「元通りに入れっ!」と祈りながら、靴を履いたままキック、キック、キック…。スニーカーなどの場合、靴底は柔らかい樹脂なので、ちょうど樹脂槌で整えるのと同じ。ただ、客観的に考えると、平日の白昼、住宅街の駐車場で、車に飛び蹴りを繰り返しお見舞いしている人の姿というものは…。明らかにオカシな人なので、近所の人が通るときにはすぐにキックをやめ、笑顔で「こんにちは~」。これはこれで怪しい人だけど。

080918b

 そんなこんな。途中、妻が車が必要で出掛けたりしたので、作業は断続的に。およそ1時間ほどの作業で完成したのが上の写真。なかなかうまく入ったんじゃないの? 今月はいつもの月より3万円分、小遣いをたくさんもらおっかなぁ~なんてね。うちは小遣い制じゃないもんで。

080918c

 作業の合間に食べた昼食がこちら、ぶっかけうどん。近年のうどんブームのおかげで、スーパーには何種類ものうどん麺が置いてある。今日食べたのは半生タイプ。

 夕食はおでんの初日。深夜、こっそりと買い物に出掛け、私の好きなタネをいくつか煮足しておいた。オフタイム号の走行距離が少しだけ増えたのは、買い物の往復の分。明日の夜にはごっつ、うまいおでんになってるぞ。そのことを楽しみに明日の仕事をガンバることにしよう。生きる気力は食べ物だ。

【自転車走行記録】オフタイム号:総走行3747.5キロ、パシフィック号:総走行350.1キロ、獲得305Gカノッサ、116+61

|

2008年9月17日 (水)

無理からの同期会

 仕事は夜勤、朝刊軟派デスク。今日は自転車でレッツラゴー。

 仕事後、いつもの店へ。報道部の5、6人が何軒目か回った後にやって来ていた。その中に我が同期組2人。私も同じ整理部で同期のK氏と2人。報道部の方が解散になり、帰り支度をしていたので「もうちょっと残ろうや。たまには同期会でも」と引き止めた。そんなわけで、深夜の同期4人会。

 久々に同期が集まると会話が弾む…というものでもないらしい。かなりお疲れモードの報道部の2人。まぶたが閉じかけ、頭がぐるんぐるんと回っていた。すまんかったのお、今度はもっと早い時間にあらためてやりましょう。

【自転車走行記録】オフタイム号:総走行3742.3キロ、パシフィック号:総走行350.1キロ、獲得305Gカノッサ、116+61

|

2008年9月16日 (火)

愛ぽっど

 iPhoneがやってきて2カ月弱。「使い勝手はどうですか」と時々、尋ねられる。携帯電話と同じ機能を求めようとしたら、かなり不満が募るだろう。何しろ、ケータイ専用サイトは見られないし、その手の専用アプリは使えない。ワンセグもなければ、決済機能もない。メールだって自動で受信してくれない。即座に内容まで受信できるSMSはあるけれど、料金はパケットし放題の対象外だったりする。

 これはほんと、他人には勧められない。ただ私自身、さほど不満はない。というか、かなり重宝している。たぶん、物の考え方の違いだと思うのだけど、iPhoneを「高機能のケータイ」と受け止めるか、それとも「通話もできるiPod touch」と思うか。

080916a

 ジャッジャーン。上の写真は私が所有しているiPod mini。「nano」ではなく「mini」。今から3年ちょっと前に購入したもの。6GBのHDD、ディスプレイはモノクロ、動画再生機能なし。3年間の技術革新は目覚ましいもので、shuffle以外は動画再生ができるし、classic以外はHDDクラッシュの心配もいらない。

 iPodの買い替えをどうするか。iPhoneにしてしまえば、ケータイとiPodを2つ持ち歩く必要がなくなって便利だなあと(最近はケータイとPLAY-YANだったけど)。ただ、えいやっとiPhoneにするか、それともiPod touchにするか、迷ったのも事実。iPhoneの発売後、iPod touchの中古は値崩れしそうだったし、ケータイ用アプリが使えなくなることへの不安もあった。私と同じように悩んだ人も多かったのか「iPhone 3Gの陰で売れたもう1つのもの」という記事が出ていた。iPhoneの売れ行きは伸び悩み、その分、iPod touchに流れたということらしい。

 「2つ持ち歩く」ことが邪魔でないのなら、私はiPod touchを選ぶことを強くお勧めしておく。iPhoneとtuchの違いは、電話機能以外では、GPS機能とカメラが付いてるかどうかぐらい。この2つはさほど重要だと思えんもんね。

 仕事は朝から、夕刊軟派デスク。しかも、今日は仕事前にバリウムを飲む日。いつもより早めにビート号で家を出発。めちゃ空腹で気分が悪い。そんな朝イチにバリウム一気飲み。これ、飲むたびに数日間は腹グアイラウンドがよくないんだよなあ。ホントに必要な検査なんだろうか。

 夕刊を降版するやいなやアズスーンナズ、選挙関係会議。会議を2時間ぐらいで終えたら、今度はすぐ職場に戻って特集面デスク。そうこうするうち、外は段々暗くなっていく。朝からバリウムを飲んだまま、昼食も摂らずに夜まで過ごすとどうなるか。胃が痛くなる。きゅきゅ~っと痛くなる。アタタタタ…っ。意識が遠くに消えてしまいそうだ。引き出しから、即席みそ汁を取り出し、お湯を入れて飲む。ぷふぁ~、とりあえず、意識を失うことはなさそうだ。困ったときのおみそ汁。意外に重宝してます。

 そんなこんな。仕事後、ビート号で直帰。お腹ペコペコ。

|

2008年9月15日 (月)

敬老の日

 昨夜の帰宅は遅かったし(「昨」ではなく今日未明だし)、明日は早い。社休日(休刊日の前日)の今日は自宅でごろごろ。娘の友だちが泊まりに来ていたので、6人での夕食。人数が多いと賑やか…になるわけではない、必ずしも。娘の友だちからすれば「知らんおっさん」とテーブルを囲むわけで、そりゃあーた、会話が弾むはずがない。お通夜とまではいかないけれど、大音量のテレビだけが響く食卓。

 昨日、大相撲秋場所が初日を迎えた。大麻問題で揺れる中の初日。解雇された元力士が解雇無効を訴え訴訟を起こし、協会も争う方針。元力士の主張の一つに「スポーツの世界で1回目のドーピングは出場停止処分が主で、いきなり解雇は重過ぎる」を訴えると思われる。こういう考え方をする時点で、私なぞは「あぁ、外国人力士は相撲のことを何も分かっちゃいないねえ」という思う。

 過去に何度も書いたけど、相撲は純粋なプロスポーツではないと思った方がいい。伝統芸能の一つなのだ。芸能の世界にはしきたりがある。もし、歌舞伎の看板役者が大麻所持で捕まったら? 破門されますな。これと同じことであって、他のスポーツとのバランスを考える必要はない。ま、これまで角界は、他のプロスポーツよりも甘い部分ばかりが見えていたから、浄化する方針を強く出さざるを得ないというのもあるけれど。

 ともかく。外国人力士が増えることはいい。番付の上位を外国人が占めることがあってもいい。ただし、そこにいる外国人には日本の伝統芸能だということを理解してもらわねばならない。そんだけ。

|

2008年9月14日 (日)

ラーメンつけ麺、ぼくイケテナイ麺

 日曜日の朝刊軟派デスク。平日よりも少しだけ余裕があるので、夕食を食べに外出。ところが、お目当ての2軒がいずれも日曜日は休み。ふらふら自転車を走らせながら、初めて見る広島つけ麺の店があったので飛び込みで入ってみた。なるべく期待はすまい、これまで期待し過ぎてどんだけ痛い目に遭ったか…

 店内は客ゼロ。私が一人目だ。なるべく早く食べたいので、これはありがたい。つけ麺は麺を茹でて盛りつけるだけだし、きっと早かろう。麺の量を選び、待つ。カウンター内には兄ちゃんが一人。右行ったり、左行ったり、うろうろしている。何しているんだろ? 暇なのでスポーツ新聞を読む。

 10分ほど経過。兄ちゃんを見ると、水道に向かったり、冷蔵庫を見たり。鍋の方に視線をやって驚いた。まだ麺を茹で始めてもいない。こりゃ参った。いつになったらできるのだろう。そうこうするうち、カップルが入って来た。カップルはそれぞれの注文をする。注文を聞いた後。兄ちゃんは、ようやく私の分の麺を茹で始めた。(一緒に麺を茹でたら早くできるのに…)と思ったけれど、いらんことは言うまい。そうこうするうち、私の前に注文の品が出てきた。

080914b

 期待していなかったせいもあるけど、まあ可もなく不可もなく。というか、特盛が麺3玉分というのは多かった。腹ペコだったので、つるつると胃に納まっていったけど。

 私が食べている間。カウンターからはジャージャーと水が流れる音が聞こえる。兄ちゃんは麺を茹でてる風でもない。何をしているのかと目をやると。トッピング用の卵を茹で、一生懸命に殻をむいていた。すごい、これはすごい。ラーメン店でも、つけ麺店でも、トッピングって事前に用意しているものじゃないだろうか。特に広島つけ麺の場合、具材は冷えていないとおいしくない。熱々のゆで卵をアチアチ言いながら殻をむいて、そのまま乗せられるのはタマランけどなあ。

 結局、私が3玉を食べ終えるまで、隣りのカップルのつけ麺は出来上がらなかった。店にいた時間40分弱。ラーメン、つけ麺の店で、これだけ私が長居するのは珍しい。も少しガンバってね、兄ちゃん。

 仕事はまあ順調に。仕事後、自転車をこいで帰宅していたら、急に鍋が食べたくなった。食べたくなるとどうしようもなく食べたい。途中のスーパーで買い物。買った後に気づいたが、自転車のときにあまりたくさんの具材を買うと、坂を上るのがしんどい。

080914a

 今日作ったのは塩ちゃんこ鍋。見たことない会社のスープを試しに購入。あとは、油揚げにネギ、鶏肉、エノキなど。

…と。食べていたら、急にお腹の具合が悪くなった。食事は強制終了、出すものを出して寝た。

【自転車走行記録】オフタイム号:総走行3742.3キロ、パシフィック号:総走行317.3キロ、獲得302Gカノッサ、115+61

|

2008年9月13日 (土)

チャリチョンガー

 昨夜は帰宅中に雨に打たれたくせに。懲りない私、今にも泣きそうな天気の中、自転車で出社。会社に向かう途中、オフタイム号&パシ18号の総計で走行距離4000キロを達成した。6カ月弱での4000キロ。「自転車で1年1万キロ」というのは途方もないことだと思っていたが、今のペースからだと、そんなに遠くもないかも。ってことは私って、意外とすごいのかい?

 仕事は朝刊軟派デスク。会社に着いて仕事を始めたら、バケツをひっくり返したどころではないゲリラ豪雨。あんな雨に打たれ、川に落ちたりしたらひとたまりもない。途中で降らなくて良かったなあ、今日は自転車置いて帰ろうかなあ。

080913a

 外は雨なので、久しぶりに社員食堂で食事。「尾道ラーメン」なるメニューがあったので頼んでみた。炭水化物を必要とする燃費の悪いこの体。一緒にご飯も注文。ラーメン400円、ご飯150円の550円也。普通に定食を頼んだ方がバランスよくて安いのと思ったときには、後のカーニバル&フェスティバル。のマーチ。

 味ですか? うーーん、どうだろ。醤油系スープは、ぽいっちゃぁぽい。けど、麺は平打ち麺じゃないし、背脂も乗ってない。これを尾道ラーメンと呼ぶのは、さすがに違う気が。

 仕事後、いつもの店へ。自転車に乗らない気満々だったのに、雨はすっかり上がってしまった。こうなればガンバるのが私の良いとこ、悪いとこ。ま、有酸素運動をした方が体調がいいからね。早朝帰宅。

【自転車走行記録】オフタイム号:総走行3742.3キロ、パシフィック号:総走行278.5キロ、獲得299Gカノッサ、114+61

|

2008年9月12日 (金)

雨に歌…打たえば

 前夜は調整不足。睡眠わずか2時間で朝から出社、夕刊デスク。

 仕事後、先輩と後輩一緒に軽く食事。店を出たら、軽く雨が降っていた。まあこれぐらいなら大丈夫だろうと自転車で家路を急ぐ。ところが。西へ向かうほどに雨足は激しくなる。ちょうど半分ぐらい来たところでジャジャ降り。「どうしようもなく泣きそうな気分」というのを久しぶりに体験した。

 眼鏡をしているのに雨粒が目に入り、前が見えにくい。そうこうしながらも、ペダルを踏み続けていれば、そのうち自宅に着く。帰ってすぐの温かい風呂は極楽じゃ。地獄の後に極楽があるから、凹んでいる時も前向きでいられる。そうだ、そうなのだ。

 たった雨に打たれただけの出来事を、勝手に人生訓にしてしまう私。うん、偉い。

【自転車走行記録】オフタイム号:総走行3742.3キロ、パシフィック号:総走行244.2キロ、獲得296Gカノッサ、113+61

|

2008年9月11日 (木)

会議

 本日は会議のために出社。「会議ばかりやってる会社は潰れる」とよくいわれるが、部局を超えた会議の設定さえできない会社は、もっと先に終わっている。要は「ためにする」ものは省きましょうということだろう。これから2カ月間の日記には頻繁に「会議」の文字が出てきそうな予感。気合入れていきましょーね。ガンバレ、オレ。

 今日は会議のためだけの出社だったので、ビート号を利用。もし自転車だったら会議1時間、往復時間は2時間で、自転車と会議とどっちがメーンか分からんし。ま、せっかく会社に行ったので、原稿の整理をしたりしたから、滞在時間が1時間ってことにはならなかったけど。

 先日、帰省時にビートに乗ったら「自転車もいいけど、ビートもいいなあ」ってワクワク感が出てきまして。何事も同じことばかり続けていたら、気持ちが行き詰まってしまうもの。通勤手段を変えてみるとか、帰宅の直前にちょっとだけ寄り道するとか、変化をつけていくのはいいかもね。好きなものを嫌いにならないコツは、続けすぎないこと。うん、夫婦生活でもきっとそうだ。適度な距離感ってのがいいな。

 夜、リサイクルのために缶詰めの缶を洗っていたら。…ちょいと手を滑らせ、左手人差し指の甲側を激しくぶつけ流血。絆創膏で止血したが2時間ほど経った後、傷口が開いたみたいで、再びだぶだぶと赤いものが滴り出した。今は再度、止血したとこ。もし、この日記の中で誤字・脱字をみつけたら、原因はそゆことです。指先がアレですもん。温かく見守ってくだされ。

|

2008年9月10日 (水)

流れってのがありまして

 仕事は朝刊軟派デスク。3月以降、自転車に乗るのが楽しくて仕方なかったのだけど、今日は何だかダルい感じ。家を出る直前まで自転車にしようか、いやビート、いやいやここはバス…と悩みまくった。悩む時間があるのなら、えいやっ!っと自転車で出ればいいのにね。

 たぶん、プチ夏休みで体が鈍ってしまい、復帰初日の昨日に自転車に乗った疲れが残ってしまったのだろう。自転車で会社へ向かいながら「よし。今日はめちゃめちゃ久しぶりに、仕事後の帰りは畳んで積んで帰ろーっと」とひっそりと自分に誓ったのであった。

 無事に仕事を終え、軽く未明のいつもの店へ。実態を知らない人からすると「毎晩、飲んだくれて」と思うかもしれないけど、まあいうてみたら「社外の社員食堂」みたいなもん。ホントに軽く、食べてしゃべって、さぁ帰ろう。

 と。ご一緒していたT先輩、「よし、自転車で帰ろうかのお」と言い出した。T先輩とは帰宅方向が同じで、いつもの店からタクシーに乗る時はほぼ必ず一緒。私は出社前からタクシーで帰る気満々だったのに、のにぃ、流れ的に「じゃ、私はタクシーで」とは言い辛い。私の口から弾かれるように出た言葉は、

「じゃ、一緒に自転車連ねて帰りましょーよ」

 というわけで。未明の男2人ポタリングの始まり~(って帰宅するだけです)。T先輩の自転車はTREKのナントカいうやつ。たぶん26インチぐらい。私のはBD-1のOEM、プジョーパシフィック18。途中休憩のとき、並べて写真撮影してみた。パシ号の18インチが手前で、TREKが奥で撮ったのに、これでも車輪の大きさの差は歴然。この車輪でもTREKに着いて走れるわけだから、BD-1ってのはなかなかいい自転車だったのね。

080910a

 家に着いて、風呂に入って、ちょいとメールチェックとかしてたら、もう朝。寝とかんと明日が…じゃなくて、今日がヤバいわ。おやすみなさぁ~~い。ZZZzzz

【自転車走行記録】オフタイム号:総走行3742.3キロ、パシフィック号:総走行210.1キロ、獲得293Gカノッサ、112+60

|

2008年9月 9日 (火)

さあ復帰

 さあ、プチ夏休みを終えて仕事…の前に。

 私はこれまでに散々あちこちで「ケータイをソフトバンクにしているんだから、福岡ソフトバンクホークスはなにがしかのサービスをしてくれてもいいんじゃないの?」と言い続けてきた。実はどうやら、「なにがしか」のサービスをしていたことが、今回、ヤフージャパンドーム(福岡ドームの方が言いやすい)に行って分かった。

 ドームの正面4番(5番だっけ?)ゲートの横に、SBモバイルが設置しているらしきブースがある。ここではチケットとケータイを提示すると、福引(ガラガラっと回すやつ)ができ、出てきた玉で景品がもらえる。ここまでは、割と普通のサービスなのだけれど。

 福引の列は3つあって、「SBケータイでQRコード表示」「SBケータイでQRコード非表示」「SB以外のケータイ」の列に並ぶ。1つ目、2つ目はすぐにガラガラを回させてくれて、しかも「カラーン、カラーン」と当たりが出やすい。私は自分の分と妹の分(妹の電話はDocomo)の2回を引いた。

080909a

 1回目に当たったのがこれ、昨年の鷹の祭典向け特別ユニホーム。余り物だから、サイズはSSしかなかったけど、これはかなり嬉しい。2回目に引いたときに当たったのは、ユニホームを模したTシャツの胸に「Mune」のピンク文字が入ったやつ。「胸にMune」って何かのダジャレかとお思いの方もいらっしゃるでしょうが、ホークスファンとジャパン代表ファンならおなじみ、Muneといえば川崎ムネリン。妹用にふさわしい女性仕様。

 と。こうやって書くと「誰でもそんな品が当たるん?」って思われるかもしれませんけど。一緒に観に行ったもう一人、甥っ子がもらってたのはシールみたいな残念賞。ま、あれです、私って無駄に福引とか抽選に当たる星の下に生まれたみたいなんで。

 さて。ここからは今日の話。仕事は朝から夕刊軟派デスク。元気に自転車で出社。昼食抜き、仕事後、帰宅前にホワイト餃子に寄り道。昨日、武雄で食べたら、もっともっともっとホワイト餃子が食べたくなってしまいまして。これやっぱウマいなあ。

 ご機嫌気分でチャリ帰宅。

【自転車走行記録】オフタイム号:総走行3742.3キロ、パシフィック号:総走行173.1キロ、獲得290Gカノッサ、111+60

|

2008年9月 8日 (月)

もしもし? はい、もしもし

 プチ夏休みも今日で終了。広島に戻る直前の儀式、それは我が母校のある武雄のラーメン店「餃子会館」に行くこと。今回、あらためて写真を撮ってみて思ったんだけど、この看板だと「もしもしラーメン」「ホワイト餃子」「餃子会館」のどれが店名なのか分からない。

 私たちは高校時代、「餃子会館」と呼んだことはほとんどなく、愛称は「もしもし」だった。土曜の部活の前に「もしもし行くと?」「うん、もしもし行くと」ってな会話が繰り返されていた。吹奏楽部の中で私は打楽器だったので気にしたことなかったけど、当時のクラリネットの先輩曰く「練習前にもしもしで食べたら、リードがニンニクの臭いになっとった」。まあ、あれです、それが若さですわ。

080908a

 注文したのは「もしもしラーメン」(写真1枚目)と「ホワイト餃子」(2枚目)。これにもちろん、「替え玉までがラーメンです」を信条としている私、替え玉も注文。この店では呼び名は「替え麺」だけどね。「替え玉」には「身代わり」とかいう意味もあるので、実態からすれば「替え麺」の方がぴったりくるんだけどなあ。そういえば、この店以外で「替え麺」と呼んでいる店を見たことないのはなぜだろう。

080908b  080908c

 値段はというと、もしもしラーメン450円、ホワイト餃子350円、替え麺50円の計850円。高校生時代は学生ラーメン300円、ホワイト餃子250円、替え麺50円の600円コースが定番だった。少し値上がりしたとはいえ、まだまだ安いと思う。この中で光るのが「替え麺50円」。自家製麺でも、たぶん原価ぎりぎりぐらいだろう。儲けにならないメニューを、育ち盛りの青少年のために値段を抑えて提供するという心意気。これがいいねえ。だからこそ、私はあれから20年以上を経ても、この店を訪れ続けるのであ~る。

 そんな感じで腹を太らせた後、午後からちんたらと広島へ。今回のビート号での往復で私が誓ったことは「どれだけ低燃費を実現できるか」ということ。行きは博多で高速を降りた後、深夜の下道を60キロ走行。帰りは武雄からずっと高速道を使ったけど、80キロ定速走行を心掛け、むやみに追い越しをかけない。

 その結果は。行き:走行距離417.4km・給油量19.49リットル、帰り:走行距離385.8km・給油量18.32リットル。これを計算すると、今回の帰省時の燃費は21.2km/リットル。おぉ、ちゃんとやればリッター21キロ超えもできるんだなあ。ビート号は「ミッドシップアミューズメント」というチャラけた愛称をバブル期にいただいてデビューしたけど、キュートなシティコミューターにもなるし、低燃費車としても優秀なんだよね。うむ、ますます好きだぞ、ビート号。

|

2008年9月 7日 (日)

やっほーヤフー

 このところご無沙汰していた福岡ドーム。私の記憶が確かならば、ここの正面に「YAHOO! DOME」という看板が掛かってから試合を観るのは初めて。ってことは、ダイエー時代が終わってから一度も来たことがない? わくわくするなあ。

080907a

 試合はロッテとの2連戦の2戦目。和田投手は立ち上がりが悪く2点を先制されたものの、その後はほぼ完璧な立ち直り。和田に打線も応え、八回を終えて6-2とリード。勝利を確信し、馬原投手が出てくる九回表の直前に記念撮影。このままいけば、試合時間も2時間台。少し博多で遊んでも、帰宅は遅くならなそうだ。よしよし。

080907b

…っと思っていたら。馬原投手、3人の走者を出したかと思うと、まさかの満塁弾被弾。ガガーーーン。そして延長は十二回まで進み、ズレータ(うちの選手やったやん…)の一発でジ・エンド。とほほ。

080907c  080907d

 そんなわけで。夕飯の時間に近くなったので、ラーメンでも食べることにした。今日は一蘭へ。元祖長浜屋はラーメン400円、替え玉100円。これに対し、一蘭はラーメン650円、替え玉150円。完成度からいえば一蘭ってすごいなあと思う。けど、そんなにいつも食べたくなる味じゃないかな。御馳走はたまでいい。

|

2008年9月 6日 (土)

故郷生活

 昨日、というか今朝、実家に到着。昼過ぎまでごろごろ過ごす。起きてまず行くのがお墓参り。その後、懐かしの武雄温泉へ。下の写真は辰野金吾が設計し、大正4年(1915)年に完成した建物。帰郷した時にたまに近くに寄るのだけど、今日は久々の入浴。考えてみたら、ここに入るのは20年ぐらいぶりぐらい。洗い場のレイアウトは同じだったけど、改装されたようで、記憶よりもきれいだった。

080906a

 夕飯は姉親子、妹を呼んでにぎやかに。下の写真は、コイの洗い。広島では扱っている店をあまり知らないし、あったとしても値段がかなり高い。ものすごい御馳走ってわけではないけど、帰省したときには食べたくなる。ちなみに、大皿一皿3150円也。安いでしょ? これにアラをもらって帰り、最後にコイコク(みそ汁)をすするのが決まり。

080906c

 田舎の夜は静か。人工物の音はしない。その代わり、虫たちが大合唱をしている。歌う虫たちはいいけれど、耳元でブ~~ッンプ~~ンと飛ぶ虫は苦手なので、蚊取り線香をセット。キャンプ場などに持って行ったことはあるけど、今でもまだあるんだなあ、蚊取り線香。昔みたいに除虫菊ではなく、化学生成してあるんだろうけど。

080906d

|

2008年9月 5日 (金)

お盆こぼん

 ボキャブラ天国が特番で復活するそうだ。当時出演していたパイレーツ、爆笑問題らのほか、若手の出演もあるのだとか。今月下旬の放送らしいので、忘れずに録画しとこーっと。あ、そうそう、ここで小ネタ。パイレーツの名前の由来って知ってます? 海賊とは全く関係なくて、おっぱいが列になってるからパイレーツだという噂。ホントかどーか知りたい人は、自分で調べるんだっちゅーの。

 遅れてきたお盆休み。今日から数日間、まとめて休む。今年は正月も、お盆も実家に帰っていない。独りドライブをゆっくり楽しみながら、帰郷してきまっす。

 深夜のドライブ恒例、博多で一休みし長浜屋へ。これまで、麺の硬さなどの注文は「かた」「やわ」などと言っている人が多い気がしていたが、今回、周囲の言葉をよく聞いていると「なまたま」とか「べたかた」などと言っている。特に「なま」「なまたま」という人の方が、「かた」の人より多い。言葉の印象から「なま」は「かた」よりも茹で時間が短そうだ。まずは「かた」で一杯食べた後、替え玉では知ったげに「なまたま」を注文。うむ、硬い。

 「べた」は脂の量のようなので、「べたかた」は「脂多め、麺はかた」ということになるらしい。よし、今度行くときは、もっと知ったげに「べたなま」でも頼んでみようかな。

080905a  080905b

 博多から、ちんたらと一般道を利用。ゆっくり走ったら長浜から実家まで2時間ちょっと掛かった。ドライブ中のお供は、ラジオ「おぎやはぎのメガネびいき」(TBS系)。広島ではこの時間はオールナイトニッポンが放送されているので、ポッドキャスト以外で聴くのは初めて。フリートーク以外の部分もめちゃ笑わせてもらった。いいなあ、ジャンクの放送が聴ける地区の人。

 未明、佐賀の実家に到着。

|

2008年9月 4日 (木)

2代続けてサプライズ

 さあ、今日も元気にガンバろう。今日はイージス艦事故で海自側が争う姿勢を見せたり、ソニーが、バイオの発熱で44万台を無償で点検・修理することを発表したり。社会面ネタには困らない日。

 それにしても、ここんとこのソニーはどうしたのだろう。私は既にソニーの技術力もブランド力も全く信じてないけれど、リチウムイオン電池の発熱・発火事故の記憶が新しいこの時期で、新たな不具合。会社にとっては、ちと痛い出来事かもしれない。

 仕事は朝刊軟派デスク。いつもの店に軽く寄り(結局、軽くでは済まず)、自転車で帰宅。

【自転車走行記録】オフタイム号:総走行3742.3キロ、パシフィック号:総走行132.2キロ、獲得287Gカノッサ、110+59

|

2008年9月 3日 (水)

中国語の勉強

 以前は週イチ以上のペースでやっていた中国語の勉強。ローン、チー、ポン! 夜勤がちょうど終わりそうな深夜、誘いのメールがやって来た。久しぶりに行ってみっか。

 てなわけで。深夜というか、未明の勝負。朝になってしまったので、そのまま会社で仮眠。

【自転車走行記録】オフタイム号:総走行3742.3キロ、パシフィック号:総走行112.6キロ、獲得285Gカノッサ、110+59

|

2008年9月 2日 (火)

2代続けてサプライズ

 福田首相の突然の辞任表明には驚いた。昨夜は8時半ごろ帰宅。すぐにひとっ風呂浴びて、辞任会見が始まった午後9時半には、新聞を読みながらビールを飲んでいた。テレビは、録画していたプリキュアを映している。話は飛ぶけど、今のプリキュアって「5Go Go!」ってシリーズなんだね。「ふたりはプリキュア」でMax HeartやらSplash Starやらっていってたと思ったら、人数も一気に増えちゃって。女の子向けの仮面ライダーみたいなものなのかな。

 そんなわけで、ニュース速報も見ていない。それから2時間ほど後。パソコンを開いたら「首相退陣云々」みたいな文字がある。安倍首相のころのニュースでも出てるんかいな、とこの時点でも気づかない。クリックして読んでみて「あっ!」とびっくりした次第。

 と。そんなことのあった翌日。仕事は夜勤、朝刊軟派デスク。広島ではG8議長サミットが開かれている。会社周辺もかなりの厳戒態勢で私服警官を含め、うろうろと歩いている。こうなると、サングラスにイヤホンをしているだけで、全員が警察官に見えてくるから不思議だ。

 今日のびっくりニュースは「ロシア出身の2力士から大麻反応」。2人は兄弟、しかも大麻所持で逮捕された元若ノ鵬と同郷。相撲協会の発表の仕方は完全に「クロ」と決めつけたように思えたし、記事を受けるこちら側も、その発表の線に沿って掲載した。この時点での判断は間違っていなかったと思う。ただ後日、この薬物の反応が「陽性」から「疑陽性」へと発表が変わり、「少なくとも副流煙は吸っている」と思わせる口ぶりが「大麻以外の反応もあり得る」とトーンダウン。どうなってんだろう、これは。

 仕事後、直帰。自転車でパシフィック号で坂を上るのは、やはりキツい。「電動アシストがあってもなくても一緒」なんて最初は思ったけど、そんなことはなかった。まだまだ鍛錬が足りませぬ。ガンバろーっと。

【自転車走行記録】オフタイム号:総走行3742.3キロ、パシフィック号:総走行94.8キロ、獲得284Gカノッサ、109+59

|

2008年9月 1日 (月)

パシ18号帰る

 昨日、パシフィック号が調整から帰って来た。一日遅れだけど、写真などを公開。まずは、全体写真から。

080901a

 下の1枚目は交換したステム部分。ピカピカでガタつきもない。うむ、これなら長距離ドライブも安心さ。2枚目はVELOのサドル。2500円程度の安いやつだけど、適度な硬さで疲れなさそう。純正の革製のやつは汗をかくとズボンに色移りしたので、何でもいいから変えたかった。それにしても、日本でPUEGEOTブランド品を売る人って、なんですぐに革張りとか、木目調とか、妙なことをしたがるんだろう。そんなことするから、PEUGEOTは「妙な人がほしがるブランド」って思われてしまうのに。ともかく、これでしばらく乗ってみて、変更が必要だったらまたその時に考えることにしよう。

080901b  080901c

 乗る時のポジションが自分に合っていないのか、しばらく乗っていると腰が痛くなってくる。慣れれば大丈夫なのかなあ、それともポジションを調整するために部品交換をした方がいいのかなあ。しばらく様子を見てみよーっと。

 仕事は朝から、夕刊軟派デスク。元気にパシ号で出発~。…と。走っていると何だか安定感がない。あちこち確認してみたら、ステムとハンドルをつなぐとこのネジが緩んでいた。おいおい、ちゃんと整備してくださいよ、自転車屋さん。ガソリンスタンドに飛び込み、6角レンチを借りて事無きを得た。これからは工具も持ち歩いた方がいいかもなあ。

 仕事後、直帰。

【自転車走行記録】オフタイム号:総走行3742.3キロ、パシフィック号:総走行58.5キロ、獲得281Gカノッサ、108+59

|

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »