« 入院22日目…退院だぁ | トップページ | 1台目のインストール »

2008年4月11日 (金)

レオポン購入

 昨年の10月、OS X 10.5 Leopardが発売になった時に「気になる」と書いたまま音無しだった愛マックな日記。ようやく昨日、購入して来た。

080411b

 シングルユーザライセンスではなく、5ユーザ対応の(「マルチユーザ」という言い方は何だかイヤラしい)ファミリーパックを選んだ。5ユーザ分もどうするのかというと、

1)Mac mini(Intel core duo、1.66GHz)のBoot campが我が家唯一のWindows対応機なので、Boot campをβ版から正式版にするためにLeopardを導入しよう。

2)メーン機であるiMac G5(1.8GHz)がPantherのままで、Safari1.3.2ではまともに表示できないサイトが増えてきたので、Leopardを導入してSafariも3.×にバージョンアップしよう。

3)ここまで何度もやってきた「ボンダイ最強伝説」シリーズ。CPUはG4/400MHz、HDDは120GB、メモリ512MB、スーパードライブ(←ここ、かなり重要)。だけれどOSはPantherのまま。公式の動作条件は「Intel製プロセッサ、PowerPC G5、PowerPC G4 866MHz以上」となっているが、Power Book、Power MacでG4/500MHz未満400MHzにもインストールできたという情報がネットには溢れている。となれば、ボンダイ君にLeopardを入れてみたくなるではないか。幸い、ボンダイ君は妻のネット専用機と化しつつあるので、Safari3.×を入れて速度アップができれば、それで儲けものだ。

4)ここまできても、まだあと2つライセンスが残っている。ということは。G3機にも無理矢理インストールできないものか試したくなるのが世の常、人の常。iMac DVこうちゃん600君(G3/600MHz)にも何かしてみたくなる。

5)ライセンスひとつ分ぐらいは残しておこうかな。

…っと。夢は広がる太平洋証券状態なわけですが。メーン機iMac G5をLeopardにすると、不具合が出そうなアプリケーションがいくつかあることが分かり、且つ、たまに使ってたクラシック環境ともお別れしなければならなくなる。買ってはみたものの、呑気にインストールしたら痛い目に遭いそうな気がしてきた。もうちょっと情報収集と考察を重ねていくことにしよう。

|

« 入院22日目…退院だぁ | トップページ | 1台目のインストール »

愛マックな日々」カテゴリの記事