« レパードの前に虎 | トップページ | 手のひらサイズのHDDレコーダー »

2008年4月24日 (木)

エンコードか直接か

 先日、日記でちょっとだけ触れたチャイナグッズDN-MRC200。ビデオデッキやHDDレコーダーと接続しておくと、エンコード不要でiPod用とか、PSP用とかの画像を作ってくれる。もちろん、PLAY-YAN micro向けもオーケー。出社の時、前夜とか早朝のニュースを見たいので、購入を検討していた。けど、物欲にまかせて買い物をしていては、いくらお金があっても足りない。というわけで、まずは身辺整理から。

080423c  080413a

 1枚目はSHARPのMT-AV1。動画のシンクロ録画は魅力的だが、PLAY-YANを持ち歩き用動画再生機に指名した今、利用する状況にない。絶版の希少品ではあるが、手放すことにした。2枚目の写真はCaptyTV FireWire(for MacOSX)。簡単にいうと、HDDレコーダーがなくとも、こいつをMacに繋げれば、テレビ番組をどんどん録画してためてくれる優れ物。こいつの場合も、HDDレコーダーが我が家にやって来た後、ほとんど使用せず。USB版ではなく、FireWire版というのが希少。てなわけで、高値が期待できるので、これも手放すことにした。

 DN-MRC200のネット販売価格は13500円。この2品を売却しても、そこまではならないだろうなあと思っていたけど。約8割を充当できる高価格でご落札。ありがとうございます。というわけで、残り2割分は小遣いから追加して、DN-MRC200を注文。あっという間に到着。

080423a  080423b_2

 写真で分かるように、かなり小さい。しかも、かなり軽い。2.5インチIDEのHDDを組み込めるらしいので、埋め込むことにした(HITACHI製を購入)。2枚目の写真は回路。購入したデフォルト状態が、回路むき出し、ネジ止めなし。私はiMacの開腹を趣味としていたので慣れてるけど、経験のない人がこれを買ったらびっくりするだろうなあ。いきなりむき出しって一体…。この辺がチャイナだなあ。

 今日のところは、再生のテストまでで終了。PLAY-YAN用にエンコードしておいた動画をテレビで難なく再生してくれた。本領を発揮する録画テストは明日以降に。触れ込み通りであるならば、MT-AV1とCapty TVが受け持っていた部分をカバーしてあまりある機能があるはずだけれど。

 それにしても、こんなに小さくて軽い(NINTENDO DSより軽い気がする)物で、エンコード不要な動画が作れるとは。世の中はまさに日進月歩、恐るべしである。そして、売った時に高価になるマイナーグッズを大切に使っている自分にも感謝。うちにあるガラクタたちは、世の中に放つと宝の山になるらしい。

|

« レパードの前に虎 | トップページ | 手のひらサイズのHDDレコーダー »

愛マックな日々」カテゴリの記事