« 手のひらサイズのHDDレコーダー | トップページ | ここらが愛マック »

2008年4月30日 (水)

6歳は娘、録再オッケー

 先日やって来たDN-MRC200の作動テストその3。HDDが認識しない理由をあれこれ考えた。メーカーサイトにもメールで問い合わせをしたが返事がない。この辺がやはり国内メーカーではない弱みか。電源を入れるとHDDが熱を持っているので通電してるっぽいし、HDDが不良品だった可能性は薄い。ということは、私がやるべき何かが残っているはずだ。

 というわけで。もう一度開腹し、接触部分を確かめ、再度フォーマットしてみた。すると。何事もなかったかのように「HD 117GB」という数字が出るではないか。よし、これでDN-MRC200は名実ともに「HDDレコーダー&プレーヤー」となった。

080430a

 先日はSDカードへの録画テストを行ったので、今日はHDDへの録画テスト。写真はテスト中のテレビ画面。深夜だったもんで、ネックレスの通販番組だったのはご愛嬌。録画おっけー、再生おっけー。さらに、USBケーブルを使って、録画したファイルをiMacに移動させることもおっけー。移動がおっけーということは、さらに圧縮したり、編集することも可能だということ。

 私はPLAY-YAN microでの再生用に使っているけど、320×240サイズは、まんまiPod用と同じ。つまり、こいつで録画したやつをiTunesの動画フォルダに投げ込めば、そのままiPodでの視聴が可能。PSPもしかり。もちろん、そのまま自宅のテレビで見ることもできる。これは、ニッチェ商品としてはかなり上出来。耐久性能に不安は残るけど、HDDはHITACHI製だし、経験上、回路部分が数カ月で壊れることはそうそうない。これは意外に買い。4年前のアテネ五輪ではMT-AV1が大活躍してくれたので、今度の北京五輪ではDN-MRC200に活躍してもらおう。

|

« 手のひらサイズのHDDレコーダー | トップページ | ここらが愛マック »

愛マックな日々」カテゴリの記事