« 入院4日目 | トップページ | 入院6日目 »

2007年11月10日 (土)

入院5日目

 一昨日は夜に何度も起きたが、今朝はいい感じ。午前0時過ぎに布団に潜り、6時ごろまで起きずに過ごせた。これまで、右足を動かすと痛くて目が覚めていたが、だんだんとコツが分かってきた。寝返りするときも、じんわり右足を動かし、ひねったりせずに身体の向きを変えることができるようになった。寝返りの体勢を意識しなければならないというのは、ある種、すでに目が覚めていることと等しいが、それでも前日より一歩進んだように思えるのは、それだけで嬉しい。小さなことからこつこつと。一歩一歩、治していかねばならないのでしょう。

071110a

 昨日なかった通じアリ。普段は快食快便だったが、入院してから2日に1回ペース。2日分となると、かなり大物。時間が掛かる。足を踏ん張れないのも原因のひとつか。和式トイレしかなかった時代、足の骨折をした人はどうやって用を足していたのだろう。

071110b

 今日から病室に新聞を取ることにした。家から持って来てもらったり、見舞いの仲間が買ってきてくれたりしていたが、毎日必ずというわけでもない。やっぱここは復帰後にも備えて中国新聞。「カープFAショック」のワッペン企画の記事などがある。来季、タテジマで活躍する新井選手を見たら、このベッドの上から見た号泣会見の様子を思い出すことだろう。

071110c

 変な夢を見た。更生法適用を申請したNOVA。イメージは崩れたけれど「NOVA=英会話」という知名度の高さを利用しない手はない。そこで支援に乗り出した企業が考えた英会話教室の新たな名前は「NOBA」。「ノヴァ」から「ノバ」となり、講師たちの雇用を守るのだという…以上、私の夢より。他人の心配を夢で見ている場合じゃないよね。

 入院してから一度も体重を計っていなかった。廊下に手すり付き体重計があったので乗ってみた。きっとやせているだろうと思っていたら。67.5キロ!? 7キロぐらい太っているではないか。…さらによく考えたら。ギプスの重さがあるから太ったとも言い切れまい。ギプスも取り替えるみたいだから、体重変化は把握しつらいだろうな。

 部長来訪。今回の事故の場所は、仕事を終えて本社の通用門から外へ出た直後。当初「労災」として書類記入を求められた。翌日、帰路に向かっていることを理由に通勤災害の書類に書き直しをした。そして今日。帰路に向かう途中でも、会社の敷地内でだから再び「労災」で書き直し。あのぉ、一番最初に労基に確認すれば済む話だったのでは? ま、時間は無限にありますからハンニャシンギョウを書いて精神統一をするような気持ちで書かせていただきます。さらに。「これでも読んで」と渡されたのは、仕事の資料。ですよね、娯楽本ばかり読んでるわけにはいきませんよね。けど後回しっ。

 夕飯。豚肉の揚げたやつ、モロヘイヤのおひたし、それと米の飯。少なくね? 量も品数も。お隣のベッドをちらと見たら、これプラスみそ汁を食べている。一応、個人に合わせてメニュー調整するって言ってたしなあ…。塩分控えめで私はみそ汁抜きなのか。さみしいのう…5分ほどで食べ終える。お膳を下げに係の人が来たので、とりあえず確認することにした。
私「人によって食事は違いますよね」
係「そうですね。糖尿の方とかいらっしゃるし…」
私「私に椀がないのもそのせいですかね?」
係「(隣と見比べ)え?…あ…あ!」
 …ちょっと待ってと言い残し、どこかへ去る係の人。すぐに戻って来て「給食係の人が忘れたみたいです」。給食係が忘れるて…小学校かいっ!! いいもん、いいもん、その分、夜食を食べてやるぅ(ニヤリ)

 午後9時過ぎ、面会時間を過ぎて妻ら家族がやって来た。夕食だけでは足りない空腹オヤジ。菓子1袋を食べる。大丈夫、これぐらいで太ることはあるまい。

|

« 入院4日目 | トップページ | 入院6日目 »

入院の記録」カテゴリの記事