« 入院16日目 | トップページ | 入院18日目 »

2007年11月22日 (木)

入院17日目

 準備中・・・朝の体重67.9キロ。起きてすぐ、朝食前。

 偶然という名のドラマがあった。

 昨日、一昨日と病院から東へ、古江方面にトレーニングの散歩に行った。今日はたまたま西の草津方面へ。昼食後、午後0時半ごろから出発。歩いていると、草津公民館で午後1時から老連演芸会があるという張り紙を偶然、発見。プログラムに「落語」の文字があったので興味が沸いたが、公民館の場所を知らない。そもそも私は、病院に入院していて今は散歩中なのだ、演芸を見ている場合ではない。しばく歩き、来た道を引き返すのもつまらないので、いったん南下し、ひとつ海側の道から戻ろうと考えた。

 そうこうするうち、急に便意が襲ってきた。こいつはヤバい。そう思っていたら、ちょうど偶然、目の前に「草津公民館」という看板が目入った。公民館といえば公共施設だ。遠慮せずにトイレを借りよう。

 …っと。扉を開けると中には大勢の人。あ、ひょっとしてここが演芸会の会場入り口か、まずいとこに入ってしまったなあと戻ろうとしたら。「おぉ、あんた中国新聞さんじゃろ?」の声。え? 誰? 振り向くと、会社のOBさんが立っていた。って、あなたも中国新聞さんやん。聞けば、OBのMさん、老人会の世話役をされているらしい。

071122b

 「今から落語があるから、見ていきんさい」。なんとまあ偶然、時間もぴったり開演だし、お年寄りの会合に寄せてもらうことになった。落語家さんは地元で活動している平々亭青馬さん(「へいへいていぶるま」さんと読みます)。本業ではなさそうだけど、声も通るし、枕から流れるように進める様はさすが。

 偶然に偶然が重なり、何だか充実した午後を過ごした。

071122a

 演芸会の鑑賞を終え、えっちらおっちら歩いて病院に戻っていると、ケータイに電話。会社の後輩から「今、見舞いに来てるんですけど」。あはは、ごめんごめん、リハビリの散歩が長引いちまって。しばらく待ってもらった。

 食事のときや食事の後、「あと一品」でカップ麺を食べる機会が増えた。昨夜は日清の「くろいわ」。鹿児島にある名店の再現シリーズである。くろいわ独特の分厚くて柔らかいチャーシューを完全に再現するのは無理だったが、まずまず合格点。というか、カップ麺で260円という値段なのだから、それなりにおいしくないと困る。

 今日食べたのはエースコックの鶏南蛮そば。カップの和そばは概してブツブツと切れるような歯触りが多いのだけど、これはなかなか歯ごたえが良い。濃厚醤油味のスープも悪くないし、どっさり入ったネギも嬉しい。これはヒットかも。

 夕食後の体重69.2キロ。朝から1.3キロも増加している。そんなもんなん?

|

« 入院16日目 | トップページ | 入院18日目 »

入院の記録」カテゴリの記事