« 2006年12月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年3月

2007年3月25日 (日)

ライティングテスト

 全くの自己満足のためだけに書いている「愛Macな日記」。とりたてて反応を期待しているわけでもなく、読んだ感想をメールで送ってもらおうと思っているわけでもなく。かなりマニアックな世界なので、無反応でも構わないと思っていた。ところが。光洋センセイが読んだ感想をメールで送ってくださり、さらに「最強のiMacボンダイブルー」のタイトルで、ブログでの紹介もしてくれた。いやぁ、バレンタインデーに、もらえないと思っていたチョコが届いたような、予想外の出来事ってのは嬉しいものです。てなわけで。「あとはライティングテストの報告をまちたい」という一文がブログの結びの言葉になっていたので、お待たせしないように早速のライティングテスト。

 このサイトではボンダイ君を「初代iMac」と表記しているが、正確には光洋センセイんちと同じRev.B。だけど、CPUも同じでマイナーチェンジ版みたいなものなので、これからも便宜上、トレイiMacの233MHz版を初代と呼び続けることにする。

070325a  070325b

 ライティングの前にToast6をインストール。以前にインストールしたやつを別の個体にインストールし直すのって、著作権上はどうなるんだったっけ? 同時に使用しなければ大丈夫という解釈だということにして、まずクリア。1枚目が画面全体の写真。2枚目がアップ写真。NECのなんとかっていう名のDVD-RWドライブをちゃんと認識している。ところが。ここで不思議なことに気づいた。その下にある文字。細工をしたわけではないのに「トライが開いています」と書いてある。トライ? 今まではフツー、トレイって文字しか見たことないんだけどなあ。ま、表記が違っても問題があるわけではないので(妙な気分ではあるが)、そのまま作業を継続。果たして、最強ボンダイ君の仕事は一体!

070325c

 結論。術式は成功。焼いたDVDをiMacG5で再生したのが、この写真。ちゃんと動くし、何の問題もない。ただ、市販DVDをボンダイ君でエンコードしようとしたり、圧縮ソフトを使おうとすると、iMacG5と同じように動かず、あれが失敗しただとか、何をどうこうせいだとか、タバコを吸うなとか酒を飲むなとか、あれやこれや警告が出る。必ずしもボンダイ君の責任ではなく、ソフトのインストールのときに問題があった可能性も高いので心配はしていないけど、また検証をしないといけないかな。

 さらに結論。我が愛機ボンダイ君はこれからも「ほぼ最強ボンダイ」を名乗り続けます。本当はFast MacのG4/466MHzの方が66MHz分だけ上なんだけど、今さら新たにCPUカードを買う気はないし。G3/600? いえいえ、G3/600は使い勝手はいいけど、映像や画像を処理する場合は、G4/400の方がエンコードも早いし、もし今からCPUを変更するならG4だと思うよ。インターネットとメールだけなら、G4/400ボンダイ君より、G3こうちゃん600君の方がいいけどね。DVD再生能力でも「スロットローディング>トレイ」は明白だし。ま、それぞれ個性あふれる愛マック君たちであるのでした。

|

2007年3月11日 (日)

ベゼル完成?

 DVDプレーヤはあれこれ試してみたけれど、結局、うまく走らず。VLCを使えばチャプター再生もしてくれるし、ま、いっか。ライティングテストはまたの機会ということにして、今日はベゼル取り付け。

070311

 さて。懸案のベゼル加工。ぴったりハマってます。けど、実は…。ベゼル側のツメをすべて折り、ほぼ平らな状態にして、両面テープで張り付けただけ。接着剤を使えば外れないように加工できるんだけど、取り出しボタンとの接触が悪くなったときに調整が面倒。てなわけで、ベゼル加工はこれにて完成。見た目は全然悪くないし。

|

2007年3月 5日 (月)

ボンダイ(ほぼ)最強伝説

 妻用となっている初代iMacボンダイ君。CPUはG4、HDDは120GBとなっているので、次に手を入れるのは光学ドライブ。コウガクなのに低額ドライブ。純正のCD-ROMドライブは使い勝手が悪すぎるのでCD-RW、DVD-RWの読み書きもできるスーパーマルチドライブに挑戦。あちこちのサイトを調べてみたが、ボンダイにスーパードライブを積んでいる人を見たことがない。できるかできないか分からないなら、自分が実験材料になってみよう。

070305a  070305b

 まず用意するのが、光学ドライブとベゼル。ベゼルはLisseさんにて280円で購入。ドライブは、ノート用のスリム型トレイタイプを適当に。広島の相場は1万円以内程度。今回選んだのはNEC製。右側の写真は純正を外す前に記念撮影。さあ、やるぞ。

 070305c 070305d

 さて開腹。左は開腹したところ、右が取り外したマザーボード。この辺の手順については過去にもさんざん書いたので、詳しい工程は割愛、っと。このマザーボードからCD-ROMドライブを外し、スーパードライブに積み替える。スロットローディングと違い、初代トレイiMacは特殊なマウンタ等は不要で、ウィンドウズ用ノート型ドライブがそのまま乗る。認識するかどうかは別問題だけど。

070305e

 まずは音楽CDを再生。こいつは全く問題なし。次にDVDの再生。録画しておいた劇場版「名探偵コナン」を挿入してみる。DVDは認識しているようだが、再生が始まらない。DVDプレーヤがインストールされていないらしい。仕方がないので、VLCを使って強制再生。余談だけど「VLC」ってアプリケーションは、Macユーザーにとってかなり便利なやつ。再生不能な動画をこいつに投げ込むと、かなりの確率で動き始める。

 結果は。グーッド! ややスムーズさを欠くような動きにも見えるが、音声と動画がずれてどうしようもないという状態ではない。VHSの3倍モード程度には動いている。さすが、ボンダイ君とはいえG4。G3/233MHzでは、こうはいくまい。

070305f  070305g

 今のところ、前方から見た感じはドライブがむき出し状態(写真左)。ここにLisseさんで買ってきたベゼルを加工して張り付ければ、見た目もカッコよくなる予定(写真右)。おぉ、ちゃんとベゼルも光ってるじゃん。まだ接着前なので、とりあえず乗っけて写真撮影。CD-RW、DVD-RW等への書き出しテストは、ライティングソフトをインストールしてから行うことにしよう。ま、現在のところ、暫定的に「スーパーマルチドライブ搭載成功!」ってことで。これで、初代iMacのRev.Bボンダイ君はG4/400MHz/メモリ512MB/HDD120GB/スーパーマルチドライブへと変身した。世の中にはG4/466MHzなどのボンダイも存在するだろうが、とりあえず(ほぼ)最強ボンダイを名乗らせていただこう。

|

« 2006年12月 | トップページ | 2007年9月 »