« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年10月

2006年10月24日 (火)

カーネルサンダース

 7月22、24日に起きたこうちゃん600君の不調。その後の「自作ヒートシンク」(8月13日)で、何事もないように動き始めた。けど、何だか気持ち悪いままだったので、あれこれ調べてみた。どうやら「カーネルパニック」という症状のようだ。公式サイトを読むと、OSのコア(カーネル)が不適切なフォーマットのインストラクションを受け取った場合や、適切に処理することに失敗した場合に発生するエラーのタイプ、とある。何がどう不適切だったのか、心当たりがないままなのだけど、私が見た警告はまさしく公式サイトにある通り。ハードウェアとの接触が悪い場合もアプリケーション(ソフト)のエラーが出る場合もあるので、光学ドライブの積み替えで問題が出たのかもしれない。

 ま、こうやってトラブルを乗り越えるたび、かげさん自身のCPUもアップグレードしていっているのだ。必要は発明の母、トラブルはアップグレードの母。これからもチクチクと愛機をいぢりながら、トラブルとの出合いをアップグレードの糧としていこーっと。次はどこに手をつけるか。

|

2006年10月19日 (木)

無意味にアップデート

 先日我が家にやって来たiMac Rev.D君(でー君と名付ける)。妻用ボンダイ君の部品取りを期待しているんだけど、せっかくなので多少のカスタマイズ。OS Xが10.3のままなので10.3.9へ、ほかセキュリティ、iTunesなどをアップデート。iTunes7.0.1はインストールできないままの「!」マークで終了。G3/600MHzのこうちゃん600君では可能だったので、Rev.D/G3/333MHzで失敗したということは、クロック周波数が足りないらしい。公式サイトを見ると、ビデオ再生には「G4以上」が条件。おぉ、こうちゃん600君は、インストールはできてもフル活用はできないということのようだ。これって、スタメン出場は可能だけど、フルスイングは御法度と言われた野球選手のようで、寂しい感じ。

061019

 写真はアップデート中。えらく時間が掛かる。ま、でー君は試合に出られるかどうかも分からない選手なので、スペック云々についてはとやかく言うまい。私だって当初、単独で使う気もないままに落札してきたのだから。けれど、彼にとっての難点は「試合に使う気はないが、万が一のために肩はつくっておいてくれ」という要求をしてしまうこと。1軍に帯同しながら試合に出られない、かといって2軍で試合に出る機会のある選手より高いレベルを求められる。でー君は大変だね。けど、野球選手より良い点がひとつ。私は、通電している限り、戦力外通告はしないから。そのうち、改造の被験者になってもらうことはあるかもしれないけどね。

|

« 2006年9月 | トップページ | 2006年12月 »