« メーン機ですから | トップページ | 計算間違い »

2006年7月21日 (金)

読み書きそろばん

 私の大切なサブ機、こうちゃん600君(CPU改・G3/600MHz/メモリ1GB)をもう少し賢くすることにした。今回手を入れるのはDVD-ROMドライブ。CDもDVDも読み書きできるスーパードライブに積み替えたい。以前からじっくりと機が熟すのを待っていたのだけど、小遣いとの兼ね合いもそろそろよいころだし、購入に踏み切った。

060721a

 アメリカのFastMac製199ドルをLisseさんから購入。日本円で2万数千円也。スーパードライブ単体だと1万円程度のバルク品が出回っているが、そもそもサイズが合うスリムタイプの品が極端に少なく、仮にあったとしてもマウンタが合わずそのまま使えなかったりする。「オールインワン」が魅力のiMacに外付けのスーパードライブを接続するのは美意識に反するし、やや割高な気がしないでもなかったが、えいやっと決断したのであった。

060721b  060721c  060721d

 久しぶりの開腹。とはいえ、iMacCRTの開腹は完全に慣れている。一応、ドライブ積み替えマニュアルCDがあったのだが、一通り目を通すだけで作業はOK。2枚目の写真は取り出したDVD-ROMドライブ。3枚目はFastMac製スーパードライブ。うむ、ちゃんとリンゴマークが付いているね。外した手順の逆に積み替え終了。慣れている人なら作業時間は30分程度、そうでない人でも1時間もあればできると思う。

 「このマックについて」を確認する。ドライブの項を見ると、機種は「MATSHITA DVD-R UJ-845」と表示する。MATSHITA? アメリカ製だと思っていたら、実は中身は松下製ということらしい。iMacG5のドライブはUJ825。つまり、FastMac製の中にあるドライブは、iMacG5に積んであるやつの後継機。「なんだぁ松下かよ」というのと「良かった松下で」の気持ちが半々。

 このスーパードライブには、多数のおまけが付いていた。CD-ROM版百科事典、OS9.2.2、OS10.1.4、そしてOS10.3.2。OS10.3.2以外はFastMacからのおまけ。英語版だけど、9.2.2を手元に置いておけるのはありがたい。現在はOS9があればアップルの公式サイトで9.2.2まで上げることができるけど、そのサポートもいつまであるか分からないし。

 これで、こうちゃん600君は、CPU改・G3/600MHz/メモリ1GB/HDD80GB/SuperDriveになった。HDDはまだ大容量を積む余裕はあるけど、その他の点では、ほぼiMacCRT最強になったんじゃないかな。後は危険を冒してクロックアップに挑戦するか、もしくはCPUをG4にしちゃうか。けど、ロジックボードを積み替えてしまっては、こうちゃん600君の名前の由来となったこうすけさんに申し訳ない。

|

« メーン機ですから | トップページ | 計算間違い »

愛マックな日々」カテゴリの記事