« 移植用臓器が到着 | トップページ | 動画は動くもの »

2006年3月19日 (日)

サブマシンテスト

 この日記は普段はiMacG5から書いている。なぜ私は複数台の愛マッ君を所有し、そのパワーアップにこだわるのか。答えはズバリ「愛マッ君は突然、壊れるから」。ボンダイ君は購入から3年で2度の基板交換、今のG5君もメーカー保証期間中に長期入院した。他のマックユーザーに尋ねると、私の故障回数は群を抜いて多い。運が悪いのかもしれないと思ったが、よくよく考えてみるとそうでもない。長期入院はいずれも無料修理の期間中だからだ。無料修理期間を過ぎると、ボンダイ君も急におとなしくなった。幼いうちに大きな入院をするのが長寿の秘訣なのかもしれない。

 ともかく。いつどの愛マッ君が入院してもよいように、今日はiMacDV400から日記更新のテスト。ホームページ更新用フォルダは外付HDDに保存しているので、そのままDV400に接続。うむ、問題なし。ついでにG5君のiTunesに読み込んだ手持ちCDの曲をDV400にコピー。うむ、これもちゃんと再生する。こうやってDV400をいじっていると、iMacG5を買う必要はなかったのではないかと思えてくる。ま、当時は液晶ディスプレーを手に入れたくて仕方なかったのだ。それにしてもDV400。内蔵スピーカーの出来がよろしい。iTunesをそのまま聴いても全然、違和感がない。この点ではiMacG5より「オールインワン」を具現化しているように思う。

|

« 移植用臓器が到着 | トップページ | 動画は動くもの »

愛マックな日々」カテゴリの記事