« 何度も開腹 | トップページ | 松永かいぞうみち »

2006年2月28日 (火)

趣味は開腹手術

 パソコン関係で愉快な話をひとつ。家電店に行き「iMacG3のスロットローディングのメモリのタイプはどれですか」と尋ねた。事前に調べてはいたのだけれど、確認の意味を込めての質問だった。すると店員はパソコンでカチャカチャと検索している。そして一言「メモリのタイプは出ていませんねえ」。私が不思議そうな顔をしていたからか、店員はパソコンの画面を私の方に向けた。そこに映っていたのは「ウィキペディア」。ウィキペディアが便利なのは私も知っている。けど、電器店がウィキペディアの情報を鵜呑みにしているのかね? Appleの公式サイトにメモリ仕様は掲載されているんですけど。この店では絶対にメモリは買うまいと心に誓ったのであった。

060228a  060228b

 今日も帰宅後にiMac開腹手術。先日の患者は400MHzのグラファイト君。今日の患者は350MHzのブルーベリーちゃん。グラファイト君は術後の経過も順調で、明日には実家へと旅立つ予定。何度も開けたり閉じたりを繰り返したので、開腹技術の腕もかなり上がった。たぶん窓機専門のパソコンショップのお兄ちゃんより、iMac開腹だけに関しては私の方が早いと思う。最初は色んなサイトから作業手順をプリントアウトし、それを見ながらだったが、今では次に何をすべきか身体が覚えている。ついでにいうと、400MHzと350MHzのお腹の中のどの部分が違うかも見分けられる。何をする部品かはさっぱり分からないが。

060228c  060228d

 これだけ手際が良くなったのに結局、朝までにHDD換装は終了しなかった。HDDをうまく認識してくれないのだ。初めは80GBのHDDが大き過ぎるからかと思い、40GBを入れ直した。しかし、これも読まない。内部の故障かもとも思ったが、グラファイト君から取り出した13GBのHDDにすると、何事もないように読む。相性の問題か、それ以外に見落とした原因があるのか。原因不明のまま夜が明けそうになったので、13GBを入れたままそのまま縫合。写真下段の左側は6GBと80GBのHDD。左が6GBなのだけど、見た目だけではさっぱり分からない。右側はねじ回し2本。上が最初に使っていたやつ、下が今回から使い始めたやつ。奥の方のねじも外すから長いに限る。間違いない(ナガイに掛けた言葉。解説不要?)。長いやつは昔、ラジコンなどを組み立てるために買ったTAMIYA製。モデルカー用って使いやすくていいね。

|

« 何度も開腹 | トップページ | 松永かいぞうみち »

愛マックな日々」カテゴリの記事