« 見返り美人 | トップページ | 何度も開腹 »

2006年2月23日 (木)

術式

 先日、オークションで手に入れたiMacDV(写真1枚目右側)。CPU400MHz、HDD13GB、メモリー64MB。妹がストレスなくiTunesを使えるように、HDD交換、メモリーを強化する必要がある。HDDは消耗部品だし。仕事前に電器店に寄り40GBのHDD購入。さて、メモリー。こいつもそこそこ値段がする。というわけで、このたび東京に転勤することになった同僚氏より「押し入れを占拠していた邪魔なやつ」をタダで持って来てもらった(同左側)。CPU350MHz、メモリーは320MB(256+64)。処分するのにリサイクル料取られるから、持ってってくれるだけでありがたいんだそうな。持つべきものは、iMacを持つ友(笑) これから256を外して移植。

 2人を並べ開腹手術開始。ふふっ、ブラックジャックみたい。メスを入れた途端、おぉこれは! キーボード&マウスはもちろん、電源コードも含まない「付属品なし」で落札したのだが、お腹の中にはAirMacカードが(2枚目)。子持ちじゃないシシャモを買ったら子持ちだった、みたいなもので得した気分。我が家は有線LANがあるから、このまま付けて妹に渡そう。我が家にいるより、使い道があるだろう。さあ、頭蓋骨が開いたぞ(3枚目)。

060223a  060223b  060223c

 開腹作業の細かいところを見たい人には専門のサイトを見てもらうとして。私としては転がるネジなどを撮影しておきたい(1枚目)。作業を進めるほどにネジの数が増え「このネジが余らずに元に戻るだろうか」と不安がよぎる。不安がっても仕方がない。頭蓋骨がぱっくり割れ、HDD取り出し直前(2枚目)。コネクタが焼け付いたようにくっ付き、なかなか取れない。外した13GBのHDDは別の場所で使うつもりだったが、壊すのを覚悟でマイナスドライバで剥離手術。かなりの力仕事になった。余談だが2人のiMacの下に敷いているのは、SUNTORYの膝掛け。ビールを買うたびにもらっても、その使い道が見付からなかったのだが、手術中の下敷きにはちょうど良い。

 060223d_2  060223e  060223f

 術式終了。ネジは余らなかった、ほっ。手術前と同じように、2人のiMacは眠りに就いている(3枚目)。電源チェックはOK。これで落札したiMacは400MHz、40GB、320MBのDVDドライブで、DVD再生とiTunesジューク専用機としては十分なスペックとなった。もう1台は350MHz、6GB、64MBのCDドライブ。このままでは非力過ぎるけど、HDDを積み替えて、メモリー足せばネットやメール程度はまだまだ現役を続けられるだろう。

|

« 見返り美人 | トップページ | 何度も開腹 »

愛マックな日々」カテゴリの記事