« 2002年のビートの記録 | トップページ | 愛マカー »

2004年1月 1日 (木)

車の模型があふれる家に

2004/1月某日
2003年夏、新居に引っ越しました。子どものころから描いていた「車の模型あふれる家」を作るべく、家のあちこちにミニカーのショーケースを置く計画を立て、そのうち一部の実現にたどり着きました。

Beatcase

居間に作ったショーケースの中。これと同じ物を2つ取り付け、そのうちのひとつ。とりあえず1番上にビート(ダイヤペット、カバヤ、トミカ等)、2番目にビートRC( ABCホビー)、下にカプセルトミカ等を置いてみました。今や懐かしいポストペットのガチャも隅に置きました。1/43ビートが手に入ったあかつきには、1番上の列に飾りたいと思っています。

Beatcase2

これがショーケースの全体像。ライトがつきます。ちょうど食卓の前、階段の横。部屋を暗くして、ショーケースの明かりだけをつけ、ひとり悦に入ってお酒を飲んだりします。同じ高さに並べるか、少しずらした方がいいか、インテリアコーディネーターさんと真剣に話し合った結果、こういう配置になりました。この壁収納タイプのショーケース、定価を見るとびっくりしてしまいます。建築の契約を済ませた後、うまい具合に押し込んで、追加料金なしでやっていただきました。さすが、池芳工務店さん、太っ腹。

子どもたちには触らないよう何度も言うのですが、帰宅して見ると、車が動いていることもしばしば。大人のコレクションとはいえ、見た目は子どものおもちゃなのですから、うるさくは言いますまい。

この写真では小さいのですが、右側の棚の1番上は1/43プジョー306カブリオレがいます。そのほかにはNS-Xやチンクなど1/43を中心に置きました。

Carcase

ついに、ようやく、このケースが日の目を見る日が来ました。えこにんさんが勤めていた店で廃棄になった業務用トミカショーケース。書斎から土間に出る扉の上部を計測したらなんと、このケースの大きさとドンピシャリ。試行錯誤しながら、ホームセンターにある金具を買い、取り付けました。トミカのケースですが、私が持っている車はSiku等も多く、飾ってあるのはトミカばかりではありません。

時々「かげさんは何台くらいミニカーを持ってるの?」と尋ねられるのですが、数えたことがありません。とりあえず写真に写っているもので100~200台。これ以上にまだ押し入れに納めたままの物もあるので、数百台ぐらいなのでしょう。先日やって来た妹曰く「書斎っていうよりおもちゃ部屋だね」。反論はできません。

|

« 2002年のビートの記録 | トップページ | 愛マカー »

愛車ビート号」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/39331527

この記事へのトラックバック一覧です: 車の模型があふれる家に:

« 2002年のビートの記録 | トップページ | 愛マカー »