2017年4月23日 (日)

LEDライセンス灯取り付け

ビート号いじりで、早急に対応しなければいけない箇所が見つかった。

00

↑ライセンス灯の取り付け。12年前、字光プレートに変更した際、取り外したはずなんだけど、どこにやったか分からなくなってしまった。今回、光らない白ナンバーに変えたので、ライセンス灯がないと車検に通らない。

純正は2,500円程度の高価ではない部品なので、ディーラーに注文しようとしたら既に廃番。あちゃー、そうだよなあ、ライセンス灯を取り外すなんて、ほとんどの人がやらないだろうから。

NBOXとか、他車のやつが使えるんじゃないかとも思ったのだけれど、ネジ穴の位置が合わなかった。仕方ないなあ、自作しましょう。

01

02

↑用意するもの。ヤフオクで見つけた汎用LEDライセンス灯(送料込1,187円)、M3ネジ(158円)、一文字継手ステンレス平型(208円)。ステンレス平型をステー代わりにして取り付ける作戦。M5ネジは使わない。買ったけど。

03

↑取り付け前に。落札品には「追加の防水処理を」とあったので、背面をバスコークで埋めた。LEDの寿命がきたら、丸ごと交換しなくちゃいけなくなったわ。まあ、寿命は数千時間とのことなので、その時がきたら考えましょう。

04

05

↑ナンバープレートを外し、電源を持ってくる。赤い方が電源(プラス)、黒い方がアース(マイナス)。純正カプラーは使えないので、切断してポイ。

06

↑エーモンのギボシを取り付け。オス、メスは「電源側にメスのギボシを取り付ける」のが基本だそうだ。理由は、メスの方が金属部分がむき出しにならないため、ショートする可能性が低くなるから。

この電源ケーブル、以前の字光プレートとエレクトロタップで繋がっていたため、一部に被膜がなくなっている。ギボシ取り付け後、絶縁テープで保護しといた。

06_2

↑今回活躍したのが、電工ペンチセット。LED取り付けなどでは必要な工具。カー用品店などで2,000円ぐらいで販売中。

07

↑完成。取り付け時、ライセンス灯の角度をつけるため、失敗してつぶれたギボシをステーと一緒に挟み込んだ。うまくいっていればいいけど。

08

↑夜を待って点灯試験。あはは、わし天才かも? 想定以上の明るさと角度。

とりあえず実用性は確保した。あとは、車検時の検査項目の再確認。「後方○メートルからプレートの文字が見える」とかいう規定だと思うのだけど、ひょっとして、ライセンス灯の位置などについて細かい決まりがあるかもしれないし。

純正ライセンス灯が付いている車(というか、ほぼ全ての車)の所有者には、全く何の意味もない工作でしたね。純正ライセンス灯があれば、LED化はもっと簡単。中の球を入れ替えるだけ。100円ぐらいでできますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

トーク&とーく

さあ、きょうは朝から栗谷へ。「マロンの里 春まつり」で歌っちゃうよ♪

Fullsizerender_3

朝の10時前だというのに、ステージすぐそばのテントからカレーの匂い。たまらんですなあ、この香り。大鍋を使い、屋外でじっくり煮込むというシチュエーションもいい。よし、出番が終わったら、カレーだ!

Img_8023

栗谷産ヒノヒカリに、たっぷりのカレー。たぶん、使っているルーは市販品だろうし、特にどうということはないのだけど、うまい。これはうまい。

栗谷で演奏&トークをした後は、自宅の廿日市へ向かい、地元の小学校でトーク。いや、こちらは軽い「トーク」ではなくて、PTA総会の議長役。笑いを取る必要がないみたいなので(当たり前だ)、気持ちは楽。…って、どういう感覚で人前に出てるんだか。

夜、学校関係者、PTA関係者の懇親会へ。1日議長をしただけのおじさんが、1年間の大役を終えた役員さんたちと一緒に語っていいのかしら…なんて思いつつ、お酒が進むと、ちょっと言い過ぎたかな?

おほほ、笑うとけ、笑うとけ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月21日 (金)

格安カニ鍋雑炊

先日、テレビを見ていたら「身近な食材で高級カニ雑炊の味を再現」ってのをやっていた。興味があったので、その部分から録画。映像を参考に作ってみることにした。

Img_8014

材料はあたりめ30g、ちくわ40g、塩ゆでの冷凍枝豆260g。これで出汁を取る。「レシピは番組サイトで」と表示が出たのだけれど、この番組は2月ごろ、テレビ東京で放映されたもので、既にレシピは削除されていた。残念。

ネットで再現している人のサイトを探してみると、水にしばらく浸けた後、沸騰させて出汁を取るらしい。

Img_8015

詳しいことがよく分からなかったので、大体の量を入れてそのまま火にかけた。番組では材料に入っていなかったけど、昆布出汁も必要だろうと追加。枝豆両端をキッチンばさみでカットした方が出汁が出やすかっただろうけど、そのまま突っ込んでしまったわ。

まずは、この出汁でレタスなどをしゃぶしゃぶした。う~む、ちょっとパンチが足りないかなあ。

んで。

目的の高級カニ鍋雑炊。出汁を取り終えたあたりめ、ちくわ、昆布を細かく刻む。枝豆は中身だけを取り出す。ご飯と一緒に、出汁と煮る。

Img_8017

あぁ、これは美味しいわ。高級カニ雑炊というか、複雑にうま味が絡み合う雑炊。たまに作るのもいいかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月20日 (木)

飲む

先週末16日には西区でライブの後、大竹に戻ってからも痛飲。いやはや、よく飲んだもんだ。

…ってことで、きょうは今度の週末の出番の準備をした後、ドラマー&ベースの2人で前回の反省会。

Img_8011

途中まではまともに話してたんだけど、時間が経つにつれてグダグダ。さらに恥の上塗りをして帰りましたとさ。

いやあ、でも、楽しいもんだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月19日 (水)

もぶり

メキシコでの国際フードフェスティバルが縁で、メキシコの日本料理店のオーナーさん一行が大竹にやって来た。

Img_7995

まずは、大竹ならではの和食を堪能。手前のおにぎりみたいのは、地元産ヒノヒカリを使った「もぶり飯」。もぶるとは「混ぜる」という意味で、寿司飯ではなく、塩で味付けした飯に具を混ぜる郷土料理。「メキシコの店でも採用したい」とおっしゃってたけど、どうなるかな。

今回の訪問は招待旅行とか、誰かが日程を決めた視察旅行などではなく、完全なプライベート。手すき和紙の里での和紙づくり体験では、各工程を本当に興味を持って見学していることがよく分かった。嬉しくなるよね~、そういう気持ち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月18日 (火)

ビートに社外ウーファー

ことしに入って、急加速しているビート号のオーディオ環境向上計画。これまでにやってきたのがビートのドアスピーカー交換、ビートでDVDその1その2。んで、スカイサウンドスピーカーいじりその1その2その3

スカイサウンドスピーカーはトゥイーターを含め6個を社外品と交換。ドアスピーカーも純正サイズのCarozzeria16センチに交換した。8スピーカーが復活し、カーオーディもタッチパネルの2DINになった。

ってことで、残るはウーファー。壊れていた純正ウーファーは既に売却してしまったので、社外品を導入することにした。

Img_7985

↑CarrozzeriaのTS-WX120A。「パワーはないけど小型が魅力」というレビューが多かったので注文してみた。「小型」といいながら、ビートの場合はこの小ささでもシート下には入らない。

実売12,000円前後。カーオーディオFH-9200DVD(約35,000円)を注文した際、期間限定を含め8,000Pほどがやってきて、ほかにもあれやこれやで1万P以上。期間限定Pは2週間ほどしか有効期限がないので、このウーファーに照準を定め、「5の付く日」でさらにポイントが増える15日に注文。ほぼ無料でやってきたよ。

Img_7988

Img_7989

例によって、オーディオコンソール、センターコンソール、リアコンソールを外す。

システムリモートコントロール用に「2A以上とれるアクセサリー用端子に配線」とあったので、純正用ウーファー用のカプラーから線を取った。

もう一つ、電源を取る際「車両ヒューズユニットを通した後の10A以上とれる常時供給電源端子に配線」をどうするか思案。マジェンダ、タンジェント。「ウーファーはバッ直(バッテリー直結)」という人も多いのだけれど、そこまで必要ない気もするし。ということで、

Fullsizerender

ヒューズから電源を取ることにした。常時電源で、落ちても走行に支障のないヒューズといえばフォグランプ。運転席足元右にあるヒューズボックスのフォグランプのところを「ヒューズで電源」に交換。約400円。

Img_7992

↑リアコンソール位置から引っ張ってきた電源用ケーブルをギボシで繋ぐ。後はハンドル下からケーブルがはみ出さないよう、すべて仕舞い込む。

Img_7991

ウーファーは運転席裏に仮置き。とりあえず、鳴るようになった。腹に響くような「ドゥンドゥンドゥン…」までは求めていなくて、きちんとベース音が「ある」レベルを目指していたので、ちょうどいい控えめさかな。

配線むき出しはかなり不細工。時間があるとき、ウーファーの設置場所の確定も含め、配線収納用の工作はゆっくりやることとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月17日 (月)

ウインドディフレクターの威力

この2月、オークションで手に入れ、ビート号に取り付けたMR-Sのウインドディフレクター。仕事で走るときにはほとんどオープンにしないので、その実力を確認しないまま、時間が過ぎた。

Img_7973

昨日、晴天の三倉岳への取材。往路は仕事モードなのでクローズで向かったけど、取材後の復路はプライベートモード。久々のオープンドライブを楽しんだ。

何だか、申し訳程度にシート裏に立っているボード。こんな物がどれぐらい役に立つのかと半信半疑だったのだけれど。

これはいい!

髪の毛をぐるぐるかき回すような、後頭部からの風の巻き込みがほとんどない。巻き込まな過ぎて、味気なささえ覚えそうな、キリッとスキっと純米酒。ワイルドに風を感じたいときは、ディフレクターを寝かせればいい。

たまに、この部品のことを「ウインドウディフレクター」と表記している人がいるけど、wind(風)のdeflector(偏向させるもの)であってwindow(窓)じゃないからね。そもそも、windowの語源がwind(風)をow(除く)という意味らしいから、window deflectorだと「頭痛が痛い」的な表現になっちゃいます。そこんとこよろしく!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月16日 (日)

久々のハコライブ

朝から三倉岳の山開きへ。

Img_7969

山開きといいながら、メーンの取材はアンデス音楽祭。地元のフォルクローレ愛好家、プログループたちがケーナやギターなどを操り、演奏を繰り広げる。前日は雷雨だったものの、本番は晴天。ほぼ行楽日和。

午後は西区へ移動。このところ、野外とか駅前空き店舗などでピン出演が多かったけど、2月以来のライブハウス。身内以外のお客さんが多い場所に限定すると、半年以上ぶりではないかしら。

Woodstock

今回は広島を代表するモノトーンズさんのフレンズバンドライブ。「対バン」を名乗るのもおこがましい、全力で箸休め役を尽くしましたよ。

観るよし、演るよし、飲むよし。気分良く終わったときにありがちな、打ち上げでの飲み過ぎ。ハメを外しちまったなあ。気をつけなきゃだわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月15日 (土)

歌ったり取材したり

今月後半の週末は、すべて音楽系イベントの出演などで埋まっている。しかも、土日連続もあり、今後3週間で5イベント。なんとまあ、プロでもないのによくやるなあ、わし。

Img_7949

↑きょうは朝から、くば漁協で直売会に合わせてライブ。毎回、販売開始前に行列ができ、お客さんを退屈させない方法はないかしらと、話しているうち「じゃあ、朝から歌うか」という軽いノリで始まった。もちろん、歌がメインではないのだけれど、こういうストリートっぽい感じ、メンタルが鍛えられますよ。

午後から取材1本。仕事してるんだか、休日なんだか、よく分からないまま、日々が駆け抜けていく。まあ、楽しいからいいけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月14日 (金)

TYPE Rのマスターキー

ビート号のマスターキーをチビらせてはいけないと思い、街のスペアキー店で作ったキーをずっと使ってきた。

キーレスエントリーを入れようと計画していて、できればリモコンスイッチ付きのキーを彫りたい。そのためにはマスターキーが要る。さて、どこに保管していたんだっけ…まあ、この際だから新しいマスターキーを作ってみとくか。

ビートの時代は、キーシリンダーにマスターキーの書かれているのと同じ4ケタの数字が刻印されており、マスターを紛失しても数字さえ分かれば、新品のマスターキーができるのだという。トランクのシリンダーを外し、番号を確認。ディーラーの注文した。

Fullsizerender

↑せっかくなので、TYPE Rにしてみた。軽トラのアクティーなどと同じ純正のブランクキーは500円ぐらいなのに、TYPE Rは5,000円以上する。キーを彫ってもらって6,000円ちょっと。

面白がって注文してみたけど、マスターキーはあくまでスペアを作るための物であって、普段持ち歩くわけじゃないんだよなあ。なんか、ムダな出費をしたっぽい(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«ビート白ナンバー化