2021年5月 4日 (火)

Disney+入りました

数カ月前、ちょっとだけ無料体験をしたDisney+(ディズニープラス)。

月額770円(税込)でアベンジャーズ、スター・ウォーズ、ピクサーが見られるのはお得だなあと思いつつ、録画しているテレビ番組も積み残していたり、ほかのサブスク契約のこともあったり、いったん、本契約を保留していました。

今年に入り、Amazon musicの契約をやめて、パ・リーグTVは契約しなくてもYahoo!プレミアム会員でパ・リーグ全試合が観られることが分かり、サブスクの契約が2,000円ほど軽くなりました。

加えて、テレビ番組の録画も極力やめることにしました。たかじんさんの時代からずっと録画していた「そこまで言って委員会」は、辛坊治郎さんがヨットの旅に出たのを機に終了。ドラマも週2本に絞りました。人生の時間は限られているので、優先順位をつけていかないと、いつまで経っても好きなことに時間が使えません。

ここで、毎月の会員料及びサブスク契約しているものをメモ書きしておきます。いずれも税込。

・Yahoo!プレミアム 508円
・Amazonプライム 4,900円(年額)
・Kindle Unlimited 980円
・Disney+ 770円

…書き出してみたものの、ほとんどありませんでした。月額平均にすると約2,666円。Yahoo!プレミアムはパ・リーグTVやらヤフオク!、Amazonプライムはプライムビデオの視聴で元が取れているんですけど(そもそも、動画目的で入会しているわけではありません)。

「元が取れているか」で判断すると、微妙なのがKindle Unlimited。全くUnlimitedから読まない月もあるし、読みたい本はほとんど購入してしまいます。

ただ、Kindle Unlimitedの最大のメリットは「読みたい本を定額で読む」ことではなく「有料なら読まなかったであろう」本を読むきっかけをくれることにあると思っています。恐らく、音楽のサブスクサービスも同じメリットがあって、自分の趣味のエリアが広がる喜びを得ることができます。

「知的好奇心」というと難しげな言葉になりますけど「それまで知らなかったことを知る」というのは、人間にとって大きな喜びなんですよねえ。美味しいラーメン店を見つけたとか、面白い地下芸人を見つけたとか、そんなのと同じ。わくわく楽しくなってきます。

そういう意味でいうと、子どもがYouTubeばかり見ているのは合点がいきます。好奇心を満たす動画が溢れていますもん。私も昨年からYouTubeを使う頻度が増えたのですが、世の中、面白い人ってたくさんいるんだなあと感心します。

次に月額会員料を払うサービスに入会するとしたら、CMなしで動画を見られる「YouTbeプレミアム」かな。

| | コメント (0)

2021年4月26日 (月)

反対派の依拠するところは

1993年、非自民連立政権ができました。時の宰相細川氏は、個別の判断を仰がれると「自民党はどうやっていましたか」と役人に尋ね、答えを聞いた後「では、それじゃない方で」と決めていたと、政治評論家が書いているのを読んだことがあります。

当時、非自民の細川政権は熱狂的に歓迎され、「自民政権にできなかったこと」を実現するのではないかと期待されたわけですが、冷静になってみると「前政権がやったことをやらないだけ」だったともいえます。

「新しい提案」をしているように見えて、その実「それまでの価値観をやらないだけ」というのはよくあることです。新しくないどころか「それ以前の価値観」に依拠したうえでそれを否定しているだけだから、独自性のかけらもありません。

「それまでの価値観」は「社会の多数派のルール」や、現代社会では「校則」「法律」などにも置き換えられます。

例えば、制服の丈や裏地まで校則で決められていると、極端に長かったり、短かったり、裏地に竜の刺繍が入った物を着たがったりします。「校則なんてクソ食らえ」と言いつつ「校則に書いてあること」をきっちりと理解し「その価値観通りにやらない」というのは「校則というルールを守らないルール」に基づいて行動しているだけともいえます。その証拠に「ルールを守らないルール」に基づいて行動する人たちは、驚くほど似た服装、髪型、持ち物で統一されています。逆に、めちゃめちゃ保守的で、「自分たちルール」は厳しく守ります。

昨今、「中学校に行かない」と宣言したYoutuberが話題になっています。私はこの人の動画を一切見たことがありませんが「中学校に行かなくても勉強はできる」との主張に、新鮮味は全くありません。「行くべきだ」という説得を一つずつ否定していく場合、ただ「じゃない方」を例示すればよいだけだから、自分の価値観を持っていなくても、何だか論理的に社会を批判してるかのように思わせることは可能です。

私は冗談で「市側が出した議案を否定するだけの役目の市議だったら、今すぐにでも演じることができる」と言ったことがあります。ラクですよ〜、価値観は市側が提示してくれるので、自ら何かを提案する必要もなく、自分の知識の中で「じゃない方」を例示するだけでよいのですから。

くだんの中学生Youtuberの話に戻ると。過去、子役俳優だった芸能人って、まともに学校に通っていない人も多いんじゃないでしょうか。Youtuberが「新しい形のゲイノージン」なのだとしたら、どうぞ、ご自由に。子役俳優出身で、立派な大人になった人もいれば、転落人生で犯罪の手を染めた人がいるのも、周知の通りです。

個人的には「学校に行く」ことで得られることと「学校に行かない」ことで失うことを天秤に掛ければ、まあ、分かるでしょ、ってな感じかな。

| | コメント (0)

2021年4月19日 (月)

ウォッシャー液の補充は3L

B号のウインドウウォッシャー液の警告灯が鳴りました。つい先日補充したのになあと思って振り返ってみたら、既に1年3カ月が経過。月日が経つのは早いねえ。

前回の補充時、ネットで調べて「タンクは6L」という表記を見たような気がしたので(うろ覚え)。

Img_4701

glacoの2L入りウォッシャー液を3個購入。さあ、全て飲み込みたまへ。

…と思いつつ補充していたら。1個と半分ぐらい注いだところで溢れてきました。

ここで、あらためて備忘録がてら、書いておきます。

B号のウォッシャー液の警告が鳴ったら、とりあえず2Lの補充でOK。もし、前回の残りが手元にあれば、1個半で溢れてきます。以上。

| | コメント (0)

2021年4月16日 (金)

Fender Fullerton Ukulele来た

昨年夏ごろだったか、発売されFender Fullerton Ukulele(フェンダー・フラートン・ウクレレ)シリーズ。Fenderのギターのシェイプをモチーフにしたコンサートサイズのウクレレ。見た目がかわいカッコいい。一番カッコいいと感じたのが、Stratocasterを模したSunburstカラー。Sunburstの色が大好きなんですよねえ。

ただ、ウクレレとしての品質はどうなのだろうかとか、既にFenderのテナーウクレレを1台持っているし、あらためて買うのはどうかなあと迷っているうち、どこの店も「入荷待ち」「予約受付中」「2〜3カ月待ち」の表示になってしまいました。まあ、こういうのは縁だしね。

と思いながら一昨夜、ふらっとAmazonを眺めていたら「2、3日で発送」の表示の品を発見。あら、これも縁だなあと思い、ポチッとしました。送料・税込み24,060円。

Img_4657

いいですねえ、この色、このシェイプ。予想通りのかわいカッコよさです。

Img_4658

Img_4659

所有しているFenderのテナーウクレレと比較してみます。全長よりも目がいくのが、ボディの薄さ。ウクレレのホロウボディで、ソリッドボディのエレキギターのシェイプを表現しようとしたら、薄くしないとバランスが合いませんもんね。

意外といったら失礼ですが、このボディでも生音はまあまあいい感じで出ます。基本は、エフェクターを使ってぐわんぐわん鳴らすのが面白いんでしょうけど、通常のウクレレとしても使えそうです。

おまけ。

Img_4655

Img_4656

「ケース付き」を購入したら、「ウクレレ現物が入ったケース」に加え「空のケース」が一緒に梱包されていました。全く同じ物かと思ったら、ジッパー(チャック、ファスナー)の向きが左右逆でした。右利きでも左利きでも使いやすいよう、2種類のケースを付けてくれたのでしょうか。若干、謎です。

| | コメント (0)

2021年4月11日 (日)

サウンドピクニック初出場

なかなかコロナ禍は、収束への道筋が見えません。

小スペースの屋内での演奏は、どうしても密になりがちで、入場者数を絞るとペイできないというジレンマがあります。

そんな中、久しぶりに屋外でのステージがありました。「宮浜"音"泉SOUND PICNIC」初出場。

Img_4680

好天に恵まれ、絶好のピクニック日和。楽しく演奏させていただきました。主催者の方々、ご来場の方々、ご一緒した方々、ありがとうございました。

本格派ロックバンドTHE Give&Presentsのノーカット映像はこちら

| | コメント (0)

2021年3月29日 (月)

2021年のポメラ事情

昨年5月ごろ、ポメラの改造などに凝っておりましたけども。その後、手持ちのポメラをいくつか整理。DM5とDM30は予告通りに売却しました。

そんなわけで現在、手元にあるのはDM25が2台とDM100が1台。DM25はいずれも、DM20Yの本革カバーをまとっています。先日、送料込み3,000円で新たにやってきたDM20Yのジャンク品は、キーボードの折り畳み部のヒンジは割れていたものの、キーボード自体は正常に動きました。今後の部品取り用に保存しておきます。

この1年間、普段の持ち運びに、DM20Yの白キーボードをDM25に移植した自称「DM25Y」を愛用してきました。ところが時々、キーボードの反応が悪くなってきました。これはもう構造上の欠点なので仕方ありません。たぶんそのうち、中央付近のキーが効かなくなるでしょう。

Img_4549

というわけで、早めの選手交代。今日からはDM25にDM20Yの本革カバーを被せただけの「なんちゃってDM25Y」を持ち運び用にしました。キーボードの色が素っ気ない黒で、キータッチも若干違うのですが、機能自体は問題ありません。

DM25とDM100は、自分が育てた単語登録を移せるので(SDカードに登録単語をエクスポートし、差し替えてインポートするだけ)使い勝手が全く変わらず便利です。

ポメラで今も販売中なのは、ストレートタイプのDM200オンリーなのですが、実売価格が高く(3万〜4万円程度)、私の考える持ち運び用には大きすぎるように感じます。私にとっては、DM25はポメラの最終形。本当に気に入っています。

Img_4550

本革のカバーは、最初に買った(2011年)物を流用。キーボードは動かなくなるのに、10年経っても破れたり、変色したりすることのないこのカバー。上質な物だったのだなあとあらためて実感しています。

なるべく長い間、壊れませんように。

| | コメント (0)

2021年3月11日 (木)

芸能人の「商品価値」を実際の商品に例えて考えてみた

人を物に例える「商品価値」。この言葉について、ラジオのフリートーク風に喋ってみました。

芸能人の「商品価値」を実際の商品に例えて考えてみた動画はこちら

001_20210311141001

以下、文字起こしというか、粗原稿です。原稿用紙6枚程度、2,500字ぐらいあります。お暇な方はどうぞ。

-----------------------

 

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年3月10日 (水)

Seilen EMB-100モバイルベース

購入して1年が経ってしまいましたが、今さらながらの楽器紹介です。

Img_4459

SeilenのEMB-100。「Seilen」とは長野県松本市で工房を開いている高橋信治さんのプライベートブランドで、EMBとは「エレクトリック・モバイル・ベース」の略。つまり、小型のエレキベースです。アコースティックの「AMB」シリーズもあります。

Seilen EMB-100の紹介動画はこちら

EMB-100はメイプルネック、ローズウッド指板、マホガニーボディ。本体12万円、専用ケース1万円、計13万円+消費税で14万3,000円。意外と値は張るのですが、芯線にナイロンを使い、そこに金属を巻いた専用弦は驚くほどの重低音を奏でます。

全長約75センチ、弦長53センチ(約21インチ)は、ほぼバリトンウクレレサイズ。見た目のかわいさと、見た目を裏切る本格派の音色。

公式サイトを確認したら、2020年6月からマホガニー材の流通が不安定なため、EMB-100の受注は中止しているとのこと。アッシュボディのEMB-500、アルダーボディのEMB-800などは生産しているようです。

小型のベースのことをまとめて「ウクレレベース」と呼んだりしますが、このSeilenのモバイルベースは、本格的なエレキベースと遜色ないと思います。見た目のファニーも含め、大のお気に入りです。

| | コメント (0)

2021年3月 8日 (月)

DM20Y(改)のステッカー再作成

ポメラDM20Yの革ケースと白いキーボードを移植し、見た目はDM20Yで中身がDM25となった「自称DM25Y」。スワップオペからほぼ1年が過ぎ、経過は良好ではあるんだけど。気になっているのがステッカー。

Dm20y

↑昨年2020年5月にステッカーを自作した時は、本体から剥がしたステッカーをスキャンしました。ただ、剥がす時にかなり痛んでしまい、文字がボヤけたり、ピストン画の細部に不満の残る仕上がり。

もし、現存するステッカーがメーカーに残っていたら譲ってくれないかなあ、3,000円ぐらいなら払うんだけどなあ、けどまあ、廃版になった機種のステッカーなんて残ってないだろうなあ…と思いを巡らせながら、ふと思いました。キーボードが死んでいてステッカーが綺麗なDM20Yなら、中古で安く手に入るのではなかろうかと。

メルカリを開くと。まるで私を待ち構えていたかのように「送料込み3,000円」の出品。あらまあ、これは即決ですねえ。

Img_20210304_0001

そんなわけで。

届いたDM20Yをそのままスキャンしました。余談ですが「壊れていてもいい」と思っていたのに、本体もキーボードも生きていました。キーボードを折り畳む部分のヒンジが割れていましたけど、そこは特に問題ではありません。儲けた気分。

Dm20y1_20210308021001

ステッカー部分をトリミングして拡大。うむ、これなら昨年の物より、良い画像が拾えそうです。

Photopea001

Photopea

画像処理に使っているのは、web版Photopea。これ、めちゃ便利ですよ。使い方はほぼPhotoshop。webでPhotopeaと検索して開いて、画像を処理したら保存するだけ。ただ、Safariでは動かないので、Google Chromeもダウンロードしておきます。

3_20210308021401

↑加工済みのステッカー図案。コクヨのレーザープリンタ用のシルバー用紙を用意し(昨年買った残りがありました)はがきサイズに裁断した後、セブンイレブンでプリントします。今回も純正そのままではなく、愛車のシルエットイラストを入れてみました。

001_20210308021301

↑左が純正DM20Y、右がDM25にプリントしたステッカーを貼った「自称DM25Y」。ほぼ満足なのですが。プリントしたサイズがほんのちょっとだけ、純正より小さくなってしまっていました。この辺の調整は微妙だなあ。手持ちのステッカー用紙が底をついたので、今回はこれにていったん終了。また、気が向いたら、用紙を注文して、やり直したいと思います。

---------------

昨年のオペと、今回のステッカー再作成をまとめて動画にしました。「DM20YをDM25にグレードアップ」というタイトルです。

DM20YをDM25にグレードアップ動画はこちら

最近、ブログと動画の関連ものをいくつか作っています。文字優先の場合もあれば、自分がしゃべったものを文字起こしして、あらためてブログ記事を書くこともあります。

これで特に、生活の何かが変わったりしたことはないのですが、表現の方法を替えつつ、自分の好きなことを表現するのって、面白いものですねえ。

| | コメント (0)

2021年3月 7日 (日)

最近のコンビニに物申したい

仕事帰りとかによくコンビニに行くんだけど、レジに行くと「買い物袋はお持ちですか」って聞かれます。

レジの人が知りたいのは、レジ袋を買うか買わないかであって「買い物袋をお持ちですか」って、客が持っている、客の所有物に関して、尋ねてくるのはプライバシーの侵害だと思います。

001_20210308001601

ラジオオープニング風のコンビニツッコミ動画はこちら

これは初対面の人に「恋人はいらっしゃいますか」と聞くぐらいぐらい変ですよ。

「買い物袋はお持ちですか」という「Yes or No」でしか答えられない質問をしておいて「Yes」だと自動的にレジ袋を売りつけるのは、ちょっとおかしい。

もし車のディーラーに行って「お車はお持ちですか」と尋ねられて、もし「いいえ」と答えたら、いきなり車を売りつけられるぐらい変なことです。

「買い物袋はお持ちですか」には「いいえ」だけれど「レジ袋は買わない」というのを併せて意思表示したい。だけど「買い物袋はお持ちですか」の質問がくると、その質問の答えによって「レジ袋を買うか買わないか」が決定される。そんな尋ね方は変です。

では、どう尋ねるのが良いのか。

「有料のレジ袋はご入り用ですか」とか「レジ袋は購入されますか」と聞くのが正解なんでしょう。なんだろうけど「有料の」と「新たに購入」という金銭が発生する言葉を言いたくないんでしょうね。

だから、そんなコンビニはハンバーガーショップのマニュアルみたいに「セットでレジ袋はいかがですか」とか、おまけで言ってますよ感を出すようにすればいいんじゃないかと思います。「ご一緒にポテトはいかがですか」的に「レジ袋はいかがですか」と。これなら「Yes or No」で済みますし、お互い後腐れがありません。

あとね、買い物した後のレシート。私はコンビニでもクレジットカードで買いものするんですけど、ここでも必ず質問されます。「レシートはご利用になりますか」と。これも変です。

ご利用? ご利用って何よ。

そもそも、クレジットカードで買いものしたら、その明細を出すまでがセットでしょう。通販で買い物したら「発送しますか」と尋ねてこないと同じ。発送までがセットですよ。

それと、気になるのは「ご利用」って単語。私はレシートを見たいけれど、レシートを何かに利用するわけではないのです。そんな時は「レシートは利用はしませんけれど、今の明細は見てみたいです」ってお願いしないといけなくなります。煩わしい。

仮に、仮にですよ、私がレシートを利用することがあるとします。でも、買い物した後にレシートを利用するかしないか、それを尋ねるのは、やはり、プライバシーの侵害です。買い物とセットで受け取ったレシートをその後、利用しようがしまいが、土足で踏み込まないでほしい。

そもそも、コンビニのビジネスモデルって終わりに掛かってきているんじゃないかと思うんです。

こういうムダな質問と答えを強いられているのに、人と人が対面して会話している意味がない。昔は、レジ横の肉まんは温かくて、商品の補充などの仕事もあったでしょうけど、今、レジ横にある焼き鳥とか、冷たいですよ。レンジでチンするだけです。

それだったら、田舎の国道にある自販機コーナーみたいに、無人にして、客がそれぞれ好きな物を取って、セルフレジで精算したらいいんじゃないでしょうか。そんなことを思っています。

| | コメント (0)

«pomeraを賢くする方法